洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

マックス・リヒター 『ヴォイシズ』が、世界各地35局で初放送

MAX RICHTER


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

12月10日(木)の世界人権デーに、作曲家マックス・リヒター(Max Richter)が、「世界人権宣言」からインスピレーションを受けて、構想10年以上をかけたアルバム『ヴォイシズ』が、欧州放送連合(EBU)との協賛により、BBCラジオ3を始めとするヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア他、世界各地の35局にて、初めて放送されることが発表された。

マックス・リヒター『ヴォイシズ』が、世界各地35局で初放送
(Photo: Mike Terry)

その放送を記念して、マックス・リヒターとクリエイティヴ・パートナーであるユリア・マーは国連と世界を結ぶ質疑応答にも参加する予定。そして同日12月10日には、デッカ・レコードからマックス・リヒターの新たなEPがリリースされる。これは、アルバム『ヴォイシズ』の冒頭に収録された「オール・ヒューマン・ビーイングズ」のフランス語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語、英語によるナレーションをフィーチャーしたもの。

ニーナ・ホス(『イェラ』『ホームランド』)はドイツ語で、イラン生まれのゴルシフテ・ファラハニ(『タイラー・レイクー命の奪還』『パターソン』『彼女が消えた浜辺』)はフランス語で、作家のマリーカ・ルーカス・リーネヴァルド(2020年、『The Discomfort of Evening』で国際ブッカー賞受賞受賞者)はオランダ語で、マリア・バルベルデ(「汚れなき情事』『エクソダス:神と王』『約束の馬』)はスペイン語でナレーションを担当。そして新たな英語ヴァージョンのナレーションを手がけるのは、BBCラジオ3の放送でも登場予定の、オリヴィエ賞受賞女優、シーラ・アティムだ。

マックス・リヒターとユリア・マーは「こうして再び『ヴォイシズ』を届ける機会を得られたのはとても嬉しいことです。この実に奇妙で不安な時代、いつにも増して重要なのは、音楽を鳴り続かせ、世界人権宣言の精神を生き続かせることです。『ヴォイシズ』をプレミア公開した2月と今とでは、世界は大きく変わってしまいました。そんな違和感と不安が渦巻く時代、パンデミックにも関わらず、世界人権デーを記念した新たな作品をリリースできることは私たちにとっての大いなる喜びです」

さらにマックス・リヒターは「世界人権宣言をどう形にしようかと考え始めた時、1949年にエレノア・ルーズベルトがその前文を読んだ録音をたまたま見つけました。彼女は世界人権宣言を起草した一人であり、彼女からスタートすることが重要でした。一方でナレーターからは若々しさと可能性がもたらされます。というのも、世界人権宣言が謳っているのはまさに未来のこと。僕らがまだ作り得ていない世界のことだからです。過去を書き換えることは出来ませんが、未来はまだ書かれておらず、世界人権宣言は僕らが選びさえすれば、手が届くより良い世界への明るい展望を示してくれるのです。『ヴォイシズ』はそんなインスピレーション溢れる基本原則と再び繋がるための音楽的空間だと言えるでしょう」と語っている。

マックス・リヒターの最新作『ヴォイシズ』の日本盤は9月に発売され、すでに大きな話題となっている。

◆ 作品情報

マックス・リヒター
『ヴォイシズ』

● 品番:UCCD-1481/2
● 価格:\3,000+税

https://classic.lnk.to/Max_Richter_VoicesPR

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン