洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ルーカス・グラハム、ウィズ・カリファを迎えた新曲「ホエア・アイム・フロム」をリリース

LUKAS GRAHAM


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ルーカス・グラハム(Lukas Graham)がウィズ・カリファを迎えた新曲「Where I’m From」をリリースした。今年8月にGイージーを迎えた「シェア・ザット・ラブ」以来のコラボレーション楽曲となる。

icon-youtube-playルーカス・グラハム「ホエア・アイム・フロム (feat.ウィズ・カリファ)」

「ホエア・アイム・フロム」はドキュメンタリー映画「セブン・イヤーズ・オブ・ルーカス・グラハム」のために制作された楽曲であり、映画はこのリリースに合わせて母国デンマークでプレミア公開された。来年2021年には全世界公開を予定しているという。ルネ・サッシャ・ヨハンセンがディレクターを務め、バンドのリード・シンガーであるルーカス・フォルクハマーの激動の7年を追った内容になっており、名声と成功の世界に足を踏みいれた少年が大人へ成長し、世間から注目される中でいまだに自分の立場を見出すのにもがいている様子が描かれている。人生の多くの選択肢の中で、自分の居場所を探すというかなりパーソナルな物語となっているとのことだ。

新曲についてルーカスはこうコメントしている。

「目指す場所を見失わずに自分のルーツを思い出すことについて歌った曲。幸せになるために成長は必要な成分で、成長にはいろんな形があって、その多くはパーソナルなものだ。僕はもう長いこと旅をしてきたけれど、自分の育った家からほんの数ブロックのところにいまだに住んでいるんだ。僕の言いたいことは、長い年月をかけて成長したり移ったりできるけど、まだ元いた場所と変わらないってこと。結局は物の見方や心構えだったりするんだ。悪いことを良いことにするには、この二つを変えるしかないんだ。自分の物の見方や心構え方をね。その心構えで、僕たちの故郷からはるばるDJマスタードやウィズ・カリファみたいなレジェンドと一緒に仕事ができたんだ。彼らと楽曲を作れてとても興奮しているし、実現できてとても誇りに思っているよ。」

ルーカス・グラハムの楽曲総再生数は全世界60億を突破し、父親との関係性を綴り、文字通り“世界中が涙した”という代表曲「セブン・イヤーズ / 7 Years」にて全世界通算30億ストリーミング再生を達成。グラミー賞3部門ノミネート、授賞式でパフォーマンスを行い話題となった。また当時生まれたばかりの彼の愛娘に向けて書かれたという「愛することの大切さ」を歌った激エモ・ミディアム・バラード「ラヴ・サムワン / Love Someone」にて10億ストリーミング再生数を誇る、“セツナ系・美メロ”バンド。自国デンマークでは国民的バンドの一つとして人気を博している。ここ日本でも「セブン・イヤーズ」がスマッシュ・ヒット。FUJI ROCK FESTIVAL 2017にて初来日し大きな話題となった。デンマークの首都コペンハーゲンにある、小さく貧しいクリスチャニア自治区のソファで生まれたルーカス。自分の人生を等身大で歌に反映していくスタイルで感動を呼び、世界中から共感を集めている。

◆ シングル情報

ルーカス・グラハム / Lukas Graham
ホエア・アイム・フロム (feat.ウィズ・カリファ) /Where I’m From (feat. Wiz Khalifa)

https://Japan.lnk.to/LukasGraham_WIFPu

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン