洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ザ・ヴァンプス、アルバム『チェリーブロッサム』購入者とのオンラインイベントを開催

THE VAMPS


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ザ・ヴァンプス(The Vamps)が、10月16日にリリースした5thアルバム『チェリーブロッサム』の日本盤CD購入者を対象としたオンライン ミート&グリート/撮影会を開催した。

ザ・ヴァンプス、アルバム『チェリーブロッサム』購入者とのオンラインイベントを開催

イギリス時間午前10時に開催されたオンライン ミート&グリート「Meet With The Vamps」は、ザ・ヴァンプスのメンバーが自室からイベントに参加し、メンバーのブラッドが指ハートでファンに挨拶するなどリラックスした雰囲気でスタートした。

まずは本作に込めた想いや日本に滞在していた際のエピソードなど、バンドメンバーがファンに向けてトークを開始。このアルバムで表わされているポジティブな気持ちとバンドとしての“前進”について語り、日本の桜に影響を受けて名付けられたアルバム名についても語った。日本のどのようなところにインスピレーションを受けたのかという質問に対してブラッドは次のようにコメント。

「アジアツアーとサマーソニックの公演で日本に行って、ジェイムズは彼のフィアンセと、僕はお母さんと一緒に日本に残って旅行したんだ。日本のファッションにはいつも魅力を感じていたけど、長く滞在しているうちに日本の自然と都市生活の同調にもインスパイアされていった。その時ちょうど僕たちはバンドとして大きな変化の時期を迎えていて、変化というものが必ずしもネガティブで怖いものではなく、実に大切でポジティブであるかって考えていてね。そして日本の桜は、まさに変化の中にある希望の光のようなものだと思ったんだ。」

イベントではQ&Aセッションが行われ、選ばれた4名のファンがメンバーに直接質問をした。「8年間バンドで活動してきて、メンバーに今だから言えることは?」という質問に対して、ジェイムズは「よくここまで来たね、ボーイズ!今が僕らの“グローリー・デイズ”なのかもしれない!」と語り、アルバム収録曲のタイトルを示した心に響くアンサーを。他にも次に来日する際にやってみたいことや、音楽活動をしていなかったら何をしているかなど、メンバーの貴重な素顔を見ることが出来る時間となった。

最後にバンドからファンへ一足早いクリスマスプレゼント企画も実施し、ファンの喜ぶ姿だけでなくアーティスト本人の嬉しそうな様子も見受けられた。また、オンライン撮影会「Photo With The Vamps」ではファン一人ひとりとバンドメンバーが会話をし、日本のファンとバンドメンバーの距離がグッと縮まる特別なイベントとなった。

◆ 商品情報

■通常盤: UICR-1154 / \2,500(税抜)

・歌詞・対訳・解説付
・ボーナス・トラック収録

■デラックス盤(完全生産限定) : UICR-9048 / \5,900(税抜)

・豪華スペシャル・パッケージ仕様
・歌詞・対訳・解説付
・ボーナス・トラック収録
・直筆サイン入りポストカード
・オリジナル・エコバッグ
・ステッカー
・ポスターカレンダー
・フォトカードセット(5種)

https://umj.lnk.to/VAMPS_CherryBlossom

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン