洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

Jitwam、『HONEYCOMB』の日本国内盤を3月18日にリリース

JITWAM


(情報提供: SWEET SOUL RECORDS)

MoodymannやGilles Petersonも認めるユニークなバックボーンを持つプロデューサー/シンガー/マルチインストゥルメンタリストのjitwam(ジタム)。彼の2ndアルバム『HONEYCOMB』に5曲のボーナストラックを追加した日本国内盤が2020年3月18日(水)にリリースされる。

Jitwam、『HONEYCOMB』の日本国内盤を3月18日にリリース

インド北東部アッサムで生まれ、現在はブルックリンを拠点に世界中を飛び回るプロデューサー/シンガー/マルチインストゥルメンタリストのjitwam(ジタム)。サイケロックやヒップホップ、ハウスミュージック、ソウル、ジャズをシームレスに取り入れたサウンドは高く評価され、デトロイト・シーンのカリスマ・Moodymannの『DJ-Kicks』に楽曲がコンパイル、Gilles Petersonもその作品をフックアップしている。ライブにおいてはRoy Ayersのオープニングを務めた経験もある。

そんな彼の2ndフルアルバム『HONEYCOMB』に5曲ものボーナストラックを追加した日本国内盤がリリースされる。この作品はクラブシーンでヘビロテ間違い無しのダンスミュージックとしての側面と、バンドセットで堪能したいライブミュージックとしての側面の旨みを凝縮したような作品になっている。インド出身の個性豊かな作曲家の系譜の中においても、欧米の職業音楽家たちの中においても特異なポジションに立つ彼は自身の作品についてこう語っている。

「Jimi HendrixやJ Dilla、Moodymann、RD Burman、Bjork… 彼らはまさに自分だけの世界観を作り上げていて、俺も自分自身の音楽で同じようなことを成し遂げたいんだ。『HONEYCOMB』はロックンロールがソウルと出会い、ブルースがテクノを歌い、ジャズはどんなものにでも変容する世界なんだよ」

壊れたマイクを使ったようなノイジーな音像のボーカル、生演奏の楽器とシンセや打ち込みの音が絡み絶妙なテキスチャーを纏った音世界がこれ以上ない心地よさに包んでくれる必聴の一枚。

◆ リリース情報
jitwam

『HONEYCOMB』
● 
発売日:2020年3月18日
● 品番:SSRi-0169

Jitwam、『HONEYCOMB』の日本国内盤を3月18日にリリース

<トラックリスト>
01. busstop
02. temptations
03. diamonds
04. hearts don’t lie
05. i’m a rock
06. i don’t know
07. b i t c h
08. universes
09. trustt
10. opendoors
11. country & western
12. aria’s song

Japan Bonus Tracks
13. universes (ocean mixxx)
14. i’m a rock (ocean mixxx)
15. trustt (ocean mixxx)
16. diamonds (Horatio Luna’s Thunderstorm Mix)
17. temptations (Glenn Astro Interpretation)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン