洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

アヴィシャイ・コーエン、故郷イスラエルで結成したバンドがデビュー

AVISHAI COHEN


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

2015年の東京JAZZに来日し、その圧倒的パフォーマンスに多くのジャズ・ファンが魅了されたテルアヴィヴ生まれのトランペッター、アヴィシャイ・コーエン。彼が2014年から自国イスラエルに戻り始めたプロジェクト、アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス(Avishai Cohen Big Vicious)のデビュー・アルバムに収録される、マッシヴ・アタックの1998年のヒット曲「ティアドロップ」のカヴァーが先行リリース、ミュージック・ビデオも公開となった。

「ティアドロップ」Music Video

アヴィシャイ・コーエンはイスラエル、テルアヴィヴ生まれ。ボストンのバークリー音楽院に通い、その後NYに拠点を構え2003年にレコード・デビューし、NYのジャズ・シーンにおいてカリスマ・トランぺッターとして活躍、イスラエル出身ブームの火付け役の一人となった。2014年にアメリカから故郷イスラエルに戻り始めたのが本プロジェクト、アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス。バンド全員がイスラエル出身、昔からの仲間が集まり、新しいマテリアルを新しいスタイルで演奏した、今の時代を反映したジャンルレス音楽の詰まったアルバム『アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス』で3月27日世界デビューを果たす。収録曲のタイトルにもなっている「This Time is Different」(今回は違う)というのが、本作のモットー。

「みんなジャズ出身だが、もう卒業したメンバーも中にはいる。みんなが自分のバックグラウンドを持ち合い、それらのパートがそろってバンドのサウンドを作る。エレクトロニカ、アンビエント、サイケデリックの要素、さらにてロックやポップス、トリップ・ホップのグルーヴ、ビートも重なる。」とアヴィシャイはコメントしている。

マッシヴ・アタックからべートーヴェンまで様々な曲をカヴァ―するという広くオープンなアプローチも、このバンドのヴィジョンに不可欠。 「バンドを始めたとき、私たちは多くのカヴァーを演奏しました。 特に1990年代の音楽は、僕たちの世代、学校で聴いたものと共鳴する。 しかし、マッシヴ・アタックの「ティアドロップ」は飽きることがない。 誰もが永遠に留まることができる作品。-その中のすべての要素はとても完全であると同時にとてもシンプルなんだ。」とアヴィシャイ。ビッグ・ヴィシャスのヴァージョンは、トランペットをリード・シンガーのような役割に変えていく。 これは、グループのスタイリスティックなアイデンティティの一部であり、彼らのオリジナルでもそれを垣間見ることができる。 アヴィシャイは次のようにもコメントしている。 「このバンドでは、ソロは重視していない。それはここでは目標でも美学でもない。 誰も歌わないが、歌をどのように作っていくかというのが大事。 それが、僕にとって、このバンドが他の仕事とは違うところ。」
また、本作ではビートメイカーRejoicerとしても知られるユヴィ・ハヴキンも作曲行程で参加している。

◆ リリース情報

アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス
『アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス』
Avishai Cohen Big Vicious / Avishai Cohen Big Vicious

● UCCE-1184
● 2020年5月1日(金)日本盤発売

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン