洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

A.ラヴィーン、J.ビーバー、M.ブーブレ・・・ カナダ出身アーティストがチャリティー・シングルに参加

ARTISCAN


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

COVID-19救援活動の一環としてカナダ出身のアーティストたちにより発足された新プロジェクト「ArtistsCAN」(アーティスツキャン)が、チャリティー・シングル「リーン・オン・ミー」の配信を開始させた。同時に、参加アーティストがそれぞれ撮影した映像を1本につないだミュージック・ビデオも公開された。

ARTISTSCAN 「リーン・オン・ミー」 ミュージック・ビデオ

本プロジェクトは、カナダ出身のアーティスト=タイラー・ショーによって、カナダ赤十字社のCOVID-19関連の救援活動のための寄付金を募るために立ち上げられた。参加アーティストがチャリティー・シングルとして歌うのは、今年3月に亡くなったアメリカ人シンガー・ソングライターのビル・ウィザースが1972年にリリースした楽曲「リーン・オン・ミー」。民権運動や学生運動の活発化やベトナム戦争の長期化などによって疲れ果てた人々に寄り添う歌詞が共感を呼び、全米シングル・チャートで1位を記録し、後にグラミー賞にて<最優秀R&Bソング賞>を受賞している名曲だ。これまでにも著名人によってたびたびカバーされており、2009年に行われたオバマ米大統領就任記念コンサートでメアリー・J・ブライジによって歌われ、また2010年に起こったハイチ地震への救済を呼びかけるチャリティ番組ではシェリル・クロウらによって歌われた。ビル・ウィザースが亡くなった直後の4月17日に行われたチャリティ・イベント「One World: Together At Home」においても、スティービー・ワンダーがこの歌をカバーして話題を呼んだ。

ビル・ウィザーズ 「リーン・オン・ミー」 オーディオ・ビデオ

本曲には、アヴリル・ラヴィーンをはじめ、ジャスティン・ビーバー、マイケル・ブーブレなど総勢27名が参加しており、ミュージック・ビデオは各自で撮影した映像を終結させたシンプルながらも豪華な内容となっている。音源そして映像による収益の一部はカナダ赤十字社へCOVID-19救援活動のために寄付されることも発表された。

アヴリルは先日、自身のチャリティ・シングル「ウィー・アー・ウォリアーズ」をリリースしている。最新アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』に収録されている楽曲「ウォリアー」を再レコーディングした新バージョンとなっており、それぞれの秘めた力を思い出し、不安定で難しい状況でも一つとなることを呼び掛けている。世界各国のCOVID-19救援活動への支援のために、2010年に自身が立ち上げた慈善財団<アヴリル・ラヴィーン・ファンデーション>が、世界中の医療従事者への支援を行っている世界的な保健機関=<Project HOPE>とパートナーを組み、楽曲の収益の一部を<Project HOPE>に寄付することも発表した。

◆ リリース情報

ArtistsCAN|アーティスツキャン
チャリティー・シングル「リーン・オン・ミー」

https://va.lnk.to/LeanOnMeVarious

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン