洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

スクイッドが新曲「Broadcaster」を公開

SQUID


(情報提供: BEATINK)

スクイッドが新曲「Broadcaster」を公開

ブライトンで結成された、オリー・ジャッジ (ドラム & リードボーカル)、ルイス・ボアレス(ギター&ボーカル)、アーサー・レッドベター(キーボード、弦楽器、パーカッション)、ローリー・ナンカイヴェル(ベース&ブラス)、アントン・ピアソン (ギター&ボーカル)から成る5人組バンド、スクイッド。アデルやサム・スミス、ハイムなどのトップスターたちを輩出してきたBBC【Sound of 2020】にも選出され、ブラック・ミディやソーリーらの登場で勢いを増す次世代UKインディ/オルタナ・シーンの中でも、最大級の注目を集め、ここ日本でもSUPERSONIC 2020への出演が決定している。そんな彼らが〈Warp〉からの第二弾シングルとなる新曲「Broadcaster」を公開し、更に以前デジタルリリースされた「Sludge」と新曲「Broadcaster」を収録した10インチが6月26日に発売されることが明らかとなった。

Squid – Broadcaster (Official Audio)

「Broadcaster」は、アーサー・レッドベターが作曲したもので、他のメンバーがハイキングに出かけている間、森の中の小屋で思いついたというシンセのアルペジオを中心に構成されている。曲が進むにつれ、ギター、ドラムマシン、ディレイが加わる美しくカオティックな展開が印象的な楽曲。また、歌詞を手がけたオリーは次のように語る。

この曲の歌詞は現代美術家のナム・ジュン・パイクと彼のインスタレーション『TV Garden』からインスピレーションを得ている。それはディストピアとユートピアの間の境界線を曖昧にしていると思ったんだ。森の中にテレビがそびえ立っていて、自然とテクノロジーの中で同義的に生活するのがどんなものかってのを想像した。
– Ollie Judge (Drums & Lead Vocals)

なお、SQUIDは9月に開催されるSUPERSONICに出演が決まっている。

SUPERSONIC 2020|スーパーソニック 2020
2020/9/19(土)・20(日)・21(月・祝) ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園
9/19(土)・20(日) 舞洲SONIC PARK
https://supersonic2020.com/

◆ リリース情報
label: WARP
artist: Squid
title: Sludge

release date: 2020.06.26 Fri ON SALE

スクイッドが新曲「Broadcaster」を公開

<トラックリスト>
A1. Sludge
B1. Broadcaster

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン