洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ザ・ローリング・ストーンズ、ジミー・ペイジをフィーチャーした「スカーレット」をリリース

THE ROLLING STONES


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)が、1974年10月にレコーディングし、ジミー・ペイジとリック・グレッチをフィーチャーした未発表曲「スカーレット」をリリースした。初公開となるこの曲は、今年4月にリリースされ高評価を受け大成功を収めた、「リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン」に続くものとなり、9月4日にマルチ・フォーマットで発売が予定されている『山羊の頭のスープ』に収録される。

「スカーレット」 リリック・ビデオ<>/b

層をなした分厚いギターが特徴的な「スカーレット」は、ザ・ローリング・ストーンズがこの神聖な時代にレコーディングした他の曲と肩を並べるほどにキャッチーで、みだらな雰囲気で、ストーンズ・ファンなら誰もが手にしたい聖杯だ。この曲ではゲストとしてジミー・ペイジがミック・ジャガーとキース・リチャーズと共に演奏しているが、他にも元ブラインド・フェイスのリック・グレッチがベースで参加している。長い間行方不明だったこの楽曲は、今回初めてリリースされることとなる。

「最初にロニーの家の地下のスタジオで、ジミーとキースとジャムったことを覚えている。最高のセッションだった」  (ミック・ジャガー)のコメント

「俺の記憶だと、俺たちはツェッペリンのセッションの終わりに入っていったんだ。彼らはちょうど帰るところで、俺たちの予約は彼らの次だった。でもジミーは、そのまま残っていたんだ。俺たちはこの曲をレコーディングしようとしたのではなくて、デモのような感じでプレイした。雰囲気をつかむためにね。でも結構うまくいって、まあ、こういうラインアップだったので、じゃあ使おうと思った」  (キース・リチャーズ)

「スカーレット」は、9月4日にマルチ・フォーマットでリリースが予定されている1973年の名盤『山羊の頭のスープ』のボックス・セットとデラックスCD&LP エディションにも収録される。このエディションでは、数多くのアウトテイクやレア・トラック、オルタネイティヴ・ミックスに加えて、未発表の「オール・ザ・レイジ」と「クリス・クロス」も収録される。

◆ シングル情報

ザ・ローリング・ストーンズ
「スカーレット」

http://umj.lnk.to/stones-scarlet

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン