洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

エイバ・マックス、ラウヴとスウィーティーが参加した「キングス&クイーンズPt.2」を公開

AVA MAX


(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

世界的ポップ・センセーションを巻き起こしながら、次世代のポップスターとして脚光を浴びてきたエイバ・マックス(Ava Max)が、世界的ブレイク必至のラウヴ、そして人気ラッパーのスウィーティーと手を組んだ「キングス&クイーンズPt.2」を公開した。

エイバ・マックス、ラウヴとスウィーティーが参加した「キングス&クイーンズPt.2」を公開

「キングス&クイーンズ」はヨーロッパのラジオ・エアプレイで既に1位を獲得、トップ40のラジオ・チャートを駆け上っている。また、全世界で1週間に約2,500万回再生されており、TikTokでは20万本以上の動画に起用され、20カ国のApple MusicでTop 50にランクインを果たしている。

そして、今回新しく制作されたバージョン「キングス&クイーンズPt.2」に先駆け、彼女の最新シングル「フーズ・ラッフィング・ナウ」とそのミュージック・ビデオ先日公開、また待望のデビュー・アルバム『ヘヴン&ヘル』が9月18日にリリースされると発表された。

「フーズ・ラッフィング・ナウ / Who’s Laughing Now」

エイバは、RIAA ダブルプラチナ認定曲「スイート・バット・サイコ」が大ヒットし一躍スターダムにのし上がった。ポップ・スーパースターとして彼女の地位を確立してくれた同曲は現在、全世界で20億回以上の楽曲再生回数を記録しており、ニューヨーク・タイムズの「2019年ベスト・ソング54選」に選ばれ、全米チャートのトップ10に3週連続席巻。また、米ポップ・ラジオのランキングで3位を記録し、現在までに全世界で12億回以上の楽曲再生回数を突破しており、今もその数はまだ増え続けている。同曲でエイバは本人史上初、ティーン・チョイス・アワードの<チョイス・ポップ・ソング>部門にノミネートされた。また、同曲のミュージック・ビデオは、現在6億回以上の視聴回数を記録している。グラミー賞ノミネートを果たしている大人気プロデューサー、Cirkutが制作を務め、マディソン・ラヴが共同で作曲作詞を手掛けた同曲は、SpotifyのUSA 50ランキング及びBillboardのダンス・クラブ・ソング・ランキングでも1位に席巻。それのみか、2019年最も多くShazamされた曲となった「スイート・バット・サイコ」は、全英チャートでも4週連続1位に席巻、その他20カ国の楽曲チャートで見事1位を獲得した。

◆ シングル情報

エイバ・マックス / Ava Max
「キングス&クイーンズ Pt.2 / Kings & Queens Pt.2」

https://AvaMaxjp.lnk.to/KAQ2Pu

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン