洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ジェイミー・カラム、アイヴァー・ノヴェロ・アワードで最優秀ソング賞を受賞

JAMIE CULLUM


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ジェイミー・カラ(Jamie Cullum)が、イギリスのソングライター・作曲家のための協会アイヴァ―・アカデミーが主催するアイヴァー・ノヴェロ・アワードにて、最新アルバム『Taller』に収録されている楽曲「エイジ・オブ・アングザエティ」で「最優秀ソング賞(Best Song Musically and Lyrically)」を受賞した。

ジェイミー・カラム、アイヴァー・ノヴェロ・アワードで最優秀ソング賞を受賞

ジェイミーは「この賞を受賞できたことをとても誇りに思いますし、嬉しく思います。私はずっと音楽活動に取り組んできたけど、ソングライターとして常に真剣に取り組んできたわけではなかったから、キャリアのこの時期にこの賞を受賞できたことは特別なことのように感じてます。長年の活動で培ってきた知識や曲作りへの愛情を全てこの一曲に引っ張ってきたので、人の心に、そしてアイヴァー・アカデミーの皆さんの心にも響いてくれて本当に嬉しいです、ありがとうございました。私を励ましてくれた妻にも感謝しています。また自分のことを信じてくれて、いつもそばにいてくれたマネージャーのマークとジェニーにも感謝したい。アイランド・レコードの皆さん、本当にありがとうございます。」とコメントしている。

「エイジ・オブ・アングザエティ」 ミュージックビデオ

ジェイミー・カラムは1999年インディ・レーベルで活動開始、2003年メジャー・デビュー。そのキャリアは20年間に亘り、アルバム売上数は1千万枚。ジェイミー・カラムは、世界中に熱心なファンがいる、優れたミュージシャンである。そのエキサイティングなライヴには定評があり、ハービー・ハンコック、ファレル・ウィリアムス、ケンドリック・ラマーなど幅広いジャンルのアーティストと共演歴がある。

メジャー・デビュー・アルバム『ジェイミー・カラム』(原題:Twentysomething)は第47回グラミー賞「最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム」にノミネート。2009年映画『グラン・トリノ』(監督・主演:クリント・イーストウッド)に提供した曲「グラン・トリノ」はゴールデングローブ賞「主題歌賞」にノミネート。ブリット・アワードでもノミネート歴があり、数々のジャズのアワードを受賞している。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン