洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Hopeless Love

Artist Celeb News Feature Tweet

ザ・クリブス、8枚目のアルバムが完成

THE CRIBS


(情報提供: BIG NOTHING)

ザ・クリブス、8枚目のアルバムが完成

The Cribsは自身8枚目となるニュー・アルバム『Night Network』を完成させた。2020年11月13日にSonic Blew / [PIAS]からリリースされる12曲入りのこのアルバムは、2019年の春から夏にかけて、ロサンゼルスにあるFoo FightersのStudio 606でレコーディングされた。現在、イギリスの俳優、サム・ライリーも出演するファースト・シングル「Running Into You」のビデオが公開中。

The Cribs – Running Into You

Steve Albiniが手掛けた前作『24-7 Rock Star Shit』は2017年8月にリリースされ、4作連続となるUKトップ10ヒットとなった。アルバムのリリース後、QアワードやNMEアワードの受賞歴もあるこのバンドは、イギリスの長年のマネージメントから離れた。その後、Garyが言う「合法的な泥沼」で立ち往生してしまい、新しい曲をレコーディングしたりリリースしたりすることもできなくなり、ツアーも行えなくなってしまった。この18か月間の停滞はバンドにとって悲痛なものであった。「ある時点では、僕らは実際に起こったことに幻滅していたので、バンドに戻りたいかどうかさえわからなくなってしまった」とRyanは語る。ターニングポイントは、2018年の夏の終わりに訪れた。バンドはマンチェスターのエティハド・スタジアムで行われたFoo Fightersのショーをサポートした。The Cribsはバンドの持つトラブルを新しい友人、Dave Grohlに打ち明けた。「Daveは、ビジネスのことはすべて忘れてLAのスタジオでレコードを作りな、と提案した」とRyanは語る。バンドは最終的にFoo Fightersに連絡をし、2019年4月からスタジオがブックされた。彼らの新たな自律性はレコーディングにまで影響を及ぼし、『Night Network』はバンドが完全にセルフ・プロデュースした最初のアルバムとなった。エンジニアリングはJames Brown(Foo Fighters、Arctic Monkeys)が行い、ミックスはThe Cribsの頻繁なコラボレーターで、『Men’s Needs, Women’s Needs, Whatever』や『For All My Sisters』も手掛けたJohn O’Mahonyが担当。アルバムは2週間でほぼ完成し、ポートランドのHalfling Studiosで1週間、オーバーダブがおこなわれた。

◆ リリース情報
2020.11.13 ON SALE[世界同時発売]
アーティスト:THE CRIBS(ザ・クリブス)
タイトル:NIGHT NETWORK(ナイト・ネットワーク)
品番:COOP804CDJ[国内流通仕様]
定価:¥2,300+税
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
その他:世界同時発売、付帯物等未定
More info: http://bignothing.net/thecribs.html

ザ・クリブス、8枚目のアルバムが完成

<トラックリスト>
1. Goodbye
2. Running Into You
3. Screaming In Suburbia
4. Never Thought I’d Feel Again
5. Deep Infatuation
6. I Don’t Know Who I Am (feat. Lee Ranaldo)
7. She’s My Style
8. Under The Bus Station Clock
9. The Weather Speaks Your Name
10. Siren Sing-Along
11. Earl & Duke
12. In The Neon Night

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン