洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ジュリアン・ベイカー、待望の最新アルバムより 新曲「Hardline」のMVが公開

JULIEN BAKER


(情報提供: BEATINK)

ジュリアン・ベイカー、待望の最新アルバムより 新曲「Hardline」のMVが公開
(Photo by Alysse Gafkjen)

その歌声と佇まいで、一聴したリスナーの心を掴んで離さないUSインディーを代表する人気SSWジュリアン・ベイカーが4年ぶりとなる待望の3rdアルバム『Little Oblivions』を2021年2月26日にリリース。本日、新たに公開された「Hardline」のビデオは、ジュリアンが自作した彫刻にインスパイアされたストップモーション・アニメとなっており、ザ・ルーツなどのMVの製作でも知られる、ジョー・ボーグマンが監督を務めている。60年代から70年代の雑誌や地図、新聞などを参考に、スタイルに合う色や形、素材で埋め尽くしたというMVはポップでキッチュな雰囲気と共にどこか物悲しさを感じさせる。

「600時間かけて「Hardline」に没頭し、曲を何千回も聴いた後でも、私はこの曲に感動させられる。このような切実な曲のためのビデオを作るのは、楽しく、僕にとって野心的な挑戦だった。」
-ジョー・ボーグマン

icon-youtube-playJulien Baker – Hardline

また現在、アメリカの人気番組The Late Show With Stephen Colbertで披露されたライブ映像も公開中。ナッシュビルで撮影された映像には、自身の声を極限まで押し上げて歌うジュリアンの姿が見られる。

icon-youtube-playJulien Baker-Faith Healer

アルバム『Little Oblivions』は、2019年12月から2020年1月にかけてベイカーの地元であるテネシー州メンフィスでレコーディングされた。ベイカーの唄声、心地よいギターとピアノの演奏は、ベース、ドラム、シンセサイザー、バンジョー、マンドリンなどの楽器を含む新たなテクスチャーによって強化されており、ほぼ全ての楽器をベイカー自身が演奏している。また、ボーイジーニアスのメンバーである盟友フィービー・ブリジャーズとルーシー・ダッカスが収録曲「Favor」にゲスト参加しており、前作に続き、エンジニアをカルヴィン・ラウバー、ミックスをクレイグ・シルヴェイ(ザ・ナショナル、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、アーケード・ファイアー)が担当。彼女の果敢な自伝と、過去数年に渡る自分の糧となった人生経験や哲学などが織り交ぜられており、ベイカーの持つ刺激的なストーリーテリングの能力が、息を呑むような新たな高みまで発揮されている。

◆ リリース情報
Label: Matador / Beat Records
Artist: Julien Baker
Title: Little Oblivions

Release Date: 2021.2.26 FRI ON SALE

国内盤CD OLE1632CDJP: ¥2,200+tax
国内盤特典:ボーナストラック1曲追加収録/解説・歌詞 対訳封入

ジュリアン・ベイカー、待望の最新アルバムより 新曲「Hardline」のMVが公開

<トラックリスト>
01. Hardline
02. Heatwave
03. Faith Healer
04. Relative Fiction
05. Crying Wolf
06. Bloodshot
07. Ringside
08. Favor
09. Song in E
10. Repeat
11. Highlight Reel
12. Ziptie
13. Guthrie *Bonus Track for Japan

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン