洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

JC スチュワート、新曲「ブレイク・マイ・ハート」をリリース

JC STEWART


(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

昨年、待望のデビューEP『ホウェン・ザ・ライツ・ヒッツ・ザ・ルーム』で一躍大注目を浴びたJC スチュワート(JC Stewart)。その後、人気浮上中のアーティスト220KIDとコラボレーションした「トゥー・メニー・ナイツ」も多くの話題を呼び、JCはより多くのリスナーを獲得してきた。そんな彼が先日、イギリスのボーイズ・グループ、ワン・ダイレクションのメンバー兼シンガ・ーソングライターのナイル・ホーランと共同で作曲作詞を手掛けた最新シングル「ブレイク・マイ・ハート」とそのミュージック・ビデオを公開し、早くも年明けから好調なスタートを切った。そして同ビデオの日本語字幕付き映像も公開となった。

「素晴らしい音楽と素直な気持ちで世界を魅了する彼はアリーナ・スタジアム級のアーティストだ。」
– Evening Standard

「生々しい感情とクラシックなポップのコード進行、そして、まるで天使のような純粋な歌声を絶妙に絡めた、スチュワートの偽らざる想いを語るバラードはまさに極上。」 – Sunday Times Culture

「JC スチュワートの躍進は留まることを知らない」 – Wonderland

「JC スチュワート、大ブレイク中!」 – Notion

「最高にエモーショナル」 – Clash

「彼の奏でるピアノと、感情に満ちたコーラスを聴いていると鳥肌が立つ。」 – Music Week

「JC スチュワートがヒットメーカーになること間違いなし。」 – Apple Music

各メディアが称賛を贈った昨年の1年間、JC スチュワートは2021年に向けて着実な進歩を遂げてきた。
すでにSpotifyでの月間リスナーが310万人を突破している彼の音楽は、イギリスの人気ラジオ局Radio 1、Radio 2、Capital Radio、Kiss Radioでもヘビーローテーションされている。

新曲「ブレイク・マイ・ハート」は、前作「アイ・ニード・ユートゥ・ヘイト・ミー」や前々作「ライン・ザット・ユー・ラヴ・ミー」とはまた違った、オルタナ・ポップのエネルギーに満ちたメロディが引き立つ一曲。

人間関係の最も繊細な部分に触れる卓越した才能を持つ彼は、同曲ですべてか無かどちらかでなければならない恋愛の物語を描く。

「「ブレイク・マイ・ハート」は、ビッグで、速くて、楽しい曲だよ。相手に不意を突かれて、自分の世界を粉々に壊されるんだ。でもそれに中毒になって抜け出せなくなるとことがあるんだ」

と語るJCの心緒は同曲のミュージック・ビデオにも余すところなく描かれている。

短いカットで曲のエネルギッシュさを表現し、映画のような色味を合わせた同映像で、不安定な関係の恋をしているJCは浮き沈みの激しい恋愛生活を営む様子を披露している。

昨年、世界的大人気海外ドラマ『フレンズ』のテーマ曲「I’ll Be There For You」の隔離生活をテーマにしたカバー曲を自身のSNSに投稿し、大好評を博したJC。同映像は瞬く間に世界中にシェアされ、このドラマでレイチェル・グリーン役を務めたスター、ジェニファー・アニストンが自身のインスタグラムに紹介すると、同映像は米TV番組『グッド・モーニング・アメリカ』でも紹介され、ハリウッド女優のニーナ・ドブレフのSNSでもシェアされた。

◆ シングル情報

JC スチュワート / JC Stewart
「ブレイク・マイ・ハート / Break My Heart」

https://Japan.lnk.to/JC_BMHPu

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン