洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ブルース・スプリングスティーン、大統領就任特別TV番組で「Land Of Hope And Dreams」を披露

BRUCE SPRINGSTEEN


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

2021年1月20日夜に全米で放映された、ジョー・バイデン氏の米大統領就任を記念する特別TV番組「セレブレーティング・アメリカ(Celebrating America)」。そのオープニングにブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)が登場し、「Land Of Hope And Dreams」を披露した。

番組はワシントンのリンカーン記念堂に立つブルースの姿で幕開け。今、まさに、ふさわしい、”アメリカはこうあるべきだ”というメッセージを込めた「Land Of Hope And Dreams」を歌った。ブルースは出演後、自身のTwitterで歌詞の一節を引用してこう投稿している。

Leave behind your sorrows
Let this day be the last
Tomorrow there’ll be sunshine
And all this darkness past
Big wheels roll through fields where sunlight streams
Meet me in a land of hope and dreams

おまえの悲しみはここに残して行こう
過去とは今日が最後に区切りをつけよう
明日になれば太陽が輝き
闇はすべて過ぎ去っている
大きな車輪が進む
太陽の光射す草原を
さあ行こう 希望と夢の国へ

「Land Of Hope And Dreams」は1999年にEストリート・バンド再結成後、彼らのテーマ曲のようにブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのライヴでずっと歌い続けてきた曲で、『聖者と罪人も、敗者と勝者も、娼婦と賭博師も、失意の底にいる者たちも、深く傷ついた者も、盗人と死んでしまった優しい魂も、愚者と王様もみんな乗れる、“夢が叶えられる”汽車が「希望と夢の国」を目指して出発する・・・』という歌詞とともに、最後にはこう歌われている。

「さあ行こう 希望と夢の国へ 自由の鐘の鳴る音が聞こえないかい」

「セレブレーティング・アメリカ(Celebrating America)」はトム・ハンクス司会、スプリングスティーンの他、ジョン・ボンジョヴィ、ヨーヨー・マ、ジャスティン・ティンバーレイク、フー・ファイターズ、ジョン・レジェンド、ケイティ・ペリーなどが出演した。

「Land Of Hope And Dreams」のスタジオ・テイクは2012年にリリースされた『レッキング・ボール』に収録されている。

ジョー・バイデン氏は大統領選挙勝利後の11月7日に国民に向けて演説する際にも、スプリングスティーンの楽曲「We Take Care Of Our Own」を使用。この曲とともに登場した。

ブルース・スプリングスティーンは2020年10月に最新アルバム『レター・トゥ・ユー』をリリース。全世界11カ国で初登場1位を獲得している。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン