洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

フィン・アスキュー、デビューEP『Peach』をリリース

FINN ASKEW


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

イギリスで最も期待されるNEXTブレイク・アーティストの一人であるフィン・アスキュー(Finn Askew)が、デビューEP『Peach』をリリースした。昨年リリースした「Same Old Love」や「Peach」、ミュージック・ビデオの再生回数が公開からわずか半年で1千万回を突破した「Roses」など、全6曲が収録されている。

icon-youtube-playFinn Askew – Roses (Official Video)

性別、人種、セクシュアリティを問わず共感できるような哀愁を帯びた歌詞に、アップビートで心温まるシンセサイザーの音色、そしてギターのメロディーが組み合わさった、刺激的かつハイブリッドな楽曲の制作背景について、現在19歳のフィンはこのように語っている。

「自分がどれだけクリエイティブな人物なのか、証明する作品を作りたかったのです。音楽シーンが盛んでいない、小さな田舎町で育ったのですが、多くの曲を聴いて影響を受けてきました。だからこそ、狂ったように多様なテイストの音楽が生まれたと思っています。」

icon-youtube-playFinn Askew – Peach (Official Video)

VEVOによる、2021年の注目アーティスト(DSCVR Artists to Watch 2021)の1人として選出されたフィン。世界から注目されるZ世代のシンガー・ソングライターには、いつかライヴで日本を訪れたいという夢が。また実は、ビートたけしさん出演のバラエティ番組が大好きだという意外な一面も明かしている。

「『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』が大好きなんです。あの番組は本当に、ありえないくらい面白いですよね。いつか日本を訪れたら、お寺をたくさん見に行くなど、とにかく街を探索したい。日本の景色は魔法のように綺麗なので。はやく日本のファンのみんなに会って、ライヴをしたいと思っています!」

【フィン・アスキュー バイオグラフィ】

イングランド南西部、サマセット州出身の19歳の19歳のシンガー・ソングライター。音楽好きな父親の影響で、ビーチボーイズ、ザ・スミス、ニルヴァーナなど、様々なアーティストに影響を受けて育った。独学でギターを弾くなど、幼少期から音楽の才能を発揮。ロンドンで行ったオープンマイクでのパフォーマンスをきかっけにソーシャル・メディア上でのフォロワーを増やし、インスタグラムでは人気曲のカバーを公開するなどして、着実にファン・コミュニティを築いている。2021年1月にデビューEP『Peach 』をリリース。ソングライティングの才能を生かしたこの作品では、R&B、ジャズ、ラップ、エモ、インディー・ロックなど、すべてのジャンルを融合させた、刺激的でハイブリッドな楽曲を収録している。

◆ 作品情報

フィン・アスキュー
ニュー・EP『evermore』

https://umj.lnk.to/FinnAskew_PeachMB

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン