洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ダーク・トランキュリティ、4年ぶり12枚目となる新作『モーメント』をリリース

DARK TRANQUILLITY


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

スウェーデンのデスメタル王者、ダーク・トランキュリティ(Dark Tranquillity)の4年ぶり12枚目となる新作『モーメント』の日本盤CDがリリースされた。結成以来、メロディックでアグレッシヴなサウンドを怠惰なミュージック・シーンに炸裂させてきた彼らだが、結成31年目を迎えてもなお、その知的でメロディックな攻めの形はさらに研ぎ澄まされている。日本盤CDにはボーナス・トラック3曲も追加収録されている。

ダーク・トランキュリティ、4年ぶり12枚目となる新作『モーメント』をリリース

今作は前作『アトマ』(2016年)から4年を隔ててはいるものの、この間、彼らは全く休むことなく世界中をツアーし、これまで以上にたくさんのライヴを行った。この間、長年ギターを担当してきた結成メンバー、ニクラス・スンディンに代わり、クリストファー・アモット(元アーチ・エネミー、元アルマゲドン)とヨハン・レインホルツ(アンドロメダ、ノンエクジスト) という凄腕ギタリストの2人を正式メンバーとして迎え、新たな視点を得つつ、それまでとは違った発想をもって今作にアプローチすることができることになった。まさに新生ダーク・トランキュリティの幕開けを告げる作品だ。

ダーク・トランキュリティは1989年のメロディック・デスメタル黎明期に、ミカエル・スタンネ(Vo)を中心にスウェーデン・イェーテポリで結成され、このジャンルを確立した最重要バンドの一つ。メランコリックな曲調と突き刺さるデス・ヴォイスが特徴で、また時折みせるクリーン・ヴォイスも楽曲に非常に良いアクセントを与えている。これまでに来日公演も多数行い、単独公演の他、LOUD PARKやチルドレン・オブ・ボトムとのジョイントツアーでも来日している。現在は6人組編成。この未曾有のパンデミックが収束した暁には、新作を引っ提げてまた日本でも、デスメタルの真骨頂を我々に披露してくれることだろう。

◆ アルバム収録曲ミュージック・ビデオ

icon-youtube-play「The Dark Unbroken」

icon-youtube-play「Phantom Days」

icon-youtube-play「Eyes of the World」

◆ 作品情報

ダーク・トランキュリティ
『モーメント』

● 品番:SICP- 6374
● 価格:\2,400+税

ダーク・トランキュリティ、4年ぶり12枚目となる新作『モーメント』をリリース

<トラックリスト>
01.ファントム・デイズ | Phantom Days
02.トランジェント | Transient
03.アイデンティカル・トゥ・ナン | Identical to None
04.ザ・ダーク・アンブロークン | The Dark Unbroken
05.リメイン・イン・ジ・アンノウン | Remain in the Unknown
06.スタンドスティル | Standstill
07.エゴ・デセプション | Ego Deception
08.ア・ドローン・アウト・エクジット | A Drawn Out Exit
09.アイズ・オブ・ザ・ワールド | Eyes of the World
10.フェイルステイト | Failstate
11.エンパイアズ・ロスト・トゥ・タイム | Empires Lost to Time
12.イン・トゥルース・デヴァイデッド | In Truth Divided
13.サイレンス・アズ・ア・フォース | Silence as a Force
14.タイム・イン・レラティヴィティ | Time in Relativity
15.ゼア・イズ・ナッシング | There is Nothing

※M13~15日本盤CDボーナス・トラック

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン