洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ペンタトニックス、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に洋楽アーティストとして初出演

PENTATONIX


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

世界的アカペラ・グループのペンタトニックス(Pentatonix)が、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に洋楽アーティストとして初出演。Little Glee Monsterとコラボレーションをした楽曲「Dear My Friend feat. Pentatonix」が公開された。

icon-youtube-play「Little Glee Monster – Dear My Friend feat. Pentatonix / THE FIRST TAKE」

「THE FIRST TAKE」は一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルであり、チャンネル登録者が340万人(※1/27時点)を突破、さらに動画総再生数が7億4100万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

今回の映像は、ペンタトニックスはLAにてリモート撮影、また、Little Glee Monsterは東京と、それぞれ一発撮りの撮影を別々に行い、1つに編集したもの。メンバーのカースティンにとって楽曲内でお気に入りのフレーズだという「I’ll be there 一人じゃない どんな時でも」の歌詞通り、離れていても繋がる思いとハーモニーの力を感じられる映像になっている。日米を代表するアカペラ・グループが一度きりのテイクで表現する歌声の力に圧倒されて欲しい。

◆ Little Glee Monsterコメント

前回出させてもらったときも緊張したんですけど
今日もいい緊張感のなかでライブっぽく一緒にペンタと歌うことができて楽しかったです。
まだまだ会えない状況というのが続くと思うので、
本当は同じ空間で歌えたら一番最高だったんですけど、
今回のTHE FIRST TAKEを通して
改めて歌声だけのすごさだったり、
音楽の偉大さっていうのを
沢山の方にお届けができるんじゃないかなという思いで 歌わせていただきました。

◆ ペンタトニックス(スコット)コメント

とにかく精一杯気持ちを込めたよ。僕たちは日本をすごく愛していて、世界で一番好きな国なんだ。こうして日本語で歌える機会は僕たちにとって貴重な経験で、日本のファンも特別な存在なんだ。スペシャルなものになったね!

ペンタトニックスは2月12日に6年振りとなる待望のオリジナル・アルバム『ラッキー・ワンズ』のリリースを控えており、タイトル曲である「ラッキー・ワンズ」が先週公開されたばかりだ。昨年公開された「ハッピー・ナウ」や「ビー・マイ・アイズ」を含む全11曲を収録し、配信と輸入盤CDで発売予定。

https://PTX.lnk.to/TheLuckyOnesJP

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン