洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

R+R=NOW、ライヴ・アルバム『ライヴ』をリリース

R+R=NOW


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ロバート・グラスパー(Robert Glasper)が中心となり結成されたジャズ界のアヴェンジャーズとも評されるバンド、R+R=NOWの初ライヴ・アルバム『ライヴ』の日本盤がリリース。ライヴを結成した張本人でもあるロバート・グラスパーより、最新コメントも到着した。

R+R=NOW、ライヴ・アルバム『ライヴ』をリリース
(Photo: Todd Cooper)

『ライヴ』には、名門ジャズ・クラブ、ブルーノート・ニューヨークで2018年に行われたグラスパーのレジデンス公演に、R+R=NOWのメンバーが出演した際の音源が収録されている。収録された楽曲のいくつかはデビュー・アルバムである『コラージカリー・スピーキング』にも収録されているが、本作では、臨場感あふれる、よりダイナミックな演奏を聴くことができる。スタジオ盤とは全く異なるサウンドに引き込まれ、ジャズ・アーティストの真骨頂である“ライヴ”感溢れる作品となっており、ジャズの神髄を堪能できる。

R+R=NOWは現在のジャズ・シーンにおける最重要ピアニストとして名高く、様々な革命を続けるロバート・グラスパーが2017年のSXSWのために、彼が注目していたというアーティストに声をかけて結成したバンド。メンバーには、ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』などを手掛けたジャズとヒップホップの架け橋となる現代最重要プロデューサー/サックス・プレイヤーのテラス・マーティン、2020年のリーダー作『Color of Noize』が好評を博したデリック・ホッジ、エスペランサのバンドで活躍しグラスパーとの共演経験も長いジャスティン・タイソン、カリスマ・トランペッターの/チャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、そして「Don’t Worry, Be Happy」で有名なボビー・マクファーリンを父に持ち、DJ、ビートボクサーからプロデューサー、シンガーと多彩な顔を持つテイラー・マクファーリンという面々が名を連ねている。

本作のリリースにあたり、バンドのリーダーを務めているロバート・グラスパーは以下のように語っている。

「本当に一緒に演奏をするのに、これ以上のメンバーはいないと思う。彼らは本当にすごく音を聴くんだ。そして自由に演奏をする。バスケに例えると、みんながボールを持っていて、それぞれのポジションにいるんだけれど、すぐにポジション・チェンジをしたりする感覚。ポイント・ガードなんていなくて、勝手にボールを投げあう。リーダーを務めてはいるけれど、そういうのは全く関係なく、ただひたすらに『私たち』の音楽を皆で作るんだ。だから、同じ演奏が二回と繰り返されることは絶対ない。」

メンバーそれぞれにスポット・ライトがあたり、25分を超える大作も収録されている今作。楽器の生音と、エフェクトがかけられたサウンドが融合し、これまでにないユニークさと力強さを実現した。現在のジャズ・シーンにおいて、聴き逃せない作品となっている。

◆ 作品情報

R+R=NOW
『ライヴ』

● 品番:UCCQ-1132
● 価格:¥2,600+税

R+R=NOW、ライヴ・アルバム『ライヴ』をリリース

<トラックリスト>
1. レスポンド ―Respond
2. ビーン・オン・マイ・マインド ―Been On My Mind
3. ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト ―How Much A Dollar Cost
4. チェンジ・オブ・トーン ―Change Of Tone
5. パースぺクティヴス / ポストパータム ―Perspectives/Postpartum
6. ニーデッド・ユー・スティルfeat. オマリ・ハードウィック ―Needed You Still featuring Omari Hardwick
7. レスティング・ウォリアー ―Resting Warrior

★2018年10月、ブルーノート・ニューヨークにてライヴ録音

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン