洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Column NO.16 Editor2 Tweet

[コラム] #StopAsianHate Beabadoobeeもメッセージ発信

NO.16編集部コラム


日本ではあまり話題にのぼっていないようだが、#StopAsianHateというハッシュタグが海外では、注目を集め続けている。

新型コロナウイルスの発生源と言われている中国を含むアジア人が、今、欧米でヘイトの対象となっているのだ。それに対して、#StopAsianHate というハッシュタグをつけて抵抗の声が上がり始めているのだ。

いや、以前からアジア人差別は存在していたのだろう。しかし、今やアジア人もグローバルに活躍する時代となり、コミュニティも増えただろうし、発信力を持つ人も増えたため、表面化した、といったほうが良いのだろうか?筆者は海外で生活をしたことがないため、その実情はわからないが、日本人も第2次世界大戦のこともあり、アメリカでは差別の対象となっていることは、知識としては知っている。

高度経済成長期は、日本の国力の増加とともに、表面上は日本人だからと言って差別されることはなかっただろう。ここ最近はポン・ジュノ監督のアカデミー賞受賞、BTSのグラミー賞ノミネートなど、エンターテインメントの世界的な評価が高まっており、韓国人への見方も変わってきているのではないだろうか?(逆に経済力や技術力の落ち込みで、日本の立ち位置も再び変化しているのかもしれないが・・・)

去年のBlack Lives Matterと単純に比較はできないが、実際に声を上げている著名人も増えている。

例えば、フィリピンで生まれロンドんで育ったビーバドゥービーは、実際にアジア系ということで人種差別を受けた、という経験を語っている.

https://www.nme.com/news/music/beabadoobee-speaks-out-on-anti-asian-hate-ive-experienced-it-throughout-my-entire-life-2909130

また、BTSも、このアジア人ヘイトに抗議の声明を上げている。

ダイバーシティ、多様性が叫ばれてはいるが、新型コロナウイルスのパンデミックという状況に世界は陥っている。生物は得体の知れない恐怖に駆られたとき、よく知っているもの以外を拒否してしまうという防衛本能もあるのだろう。そういった状況が今回のアジア人ヘイト、もしくはアジア人ヘイトの表面化に繋がったのだろう。

とかく日本人は、自分たちが差別の対象となっていないと思っている人が大多数だろうし、日本には差別が存在していない、という認識の人もいるだろう。しかし、男女の格差すら埋まらないのが日本だ。一歩、国の外に出てしまえば、自分がどういった目で見られているのかを自覚しなければならない時代でもある。

そして、自分自身が日本人以外に対して、どういった接し方をしているのかを見つめ直すことも必要だろう。自覚していない差別が存在している可能性だって否定できないのだ。日本人は差別をしていない、差別をされていない、ということはあり得ないのだから。

日本人もアジア人の一員である。そして地球人の一員でもある。この #StopAsianHate は、他人事どころか、当事者であることを改めて自覚しなければならない。

(NO.16編集部)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です