洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

アリソン・ラッセル 、ソロ・アルバム『Outside Child』を5月にリリース

ALLISON RUSSELL


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

Our Native Daughters(Rhiannon Giddens、Leyla McCalla、Amythyst Kiahとの共演)とBirds of Chicago(夫/音楽パートナーのJT Neroとの共演)の創設メンバーであり、期待のシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタル奏者、アリソン・ラッセル(Allison Russell)が初となるソロ・アルバム『Outside Child』(プロデュース:ダン・ノブラ―)を5月21日にリリースすることを発表、先行シングル「Nightflyer」のSilvia Gray監督によるMVを公開した。

icon-youtube-playAllison Russell – Nightflyer (Official Music Video)

モントリオールで生まれ育ったラッセルは、自分の音楽に、光、風景、言語といった街の色を吹き込んでいるが、同時にそこで受けたトラウマも表現している。この作品は、誰もが耐えなければならない子供時代についての悲痛な考察であると同時に、癒しの場、母性、パートナーシップの場、そしてナッシュビルに作られた新しい家からの力強い再生でもある。このアルバムには、Yola、Erin Rae、The McCrary Sisters、Ruth Moody、プロデューサーのダン・ノブラー、ジェイミー・ディック、ジョー・ピサピア、そして彼女のパートナーであるJT Neroなど、彼女がナッシュビルで見つけた芸術的な仲間の多くが参加している。ラッセルは次のように述べている。

「ただ、これらの曲を最も正直な方法で生き生きと表現することが大切でした。笑ったり、泣いたりしていました。ミュージシャン同士の交わりを、レコードで聴いてもらえればと思います。魔法のよう時間でした」。

『Outside Child』は、レジリエンス、サバイバル、超越、アートの救済力、コミュニティ、つながり、そして選ばれた家族について歌っています」とラッセルは話す。このことを歌った「Nightflyer」では、ラッセルは母性の癒しの力について考え、この曲の広々とした空間を使って、自分でも知らなかった強さを表現している。ここでは、“I am the mother of the evening star / I am the love that conquers all”(私は宵の明星の母であり、私はすべてに打ち勝つ愛である)というラインが、「私がこれまでに書いた中で、最も反抗的な勝利と希望に満ちたラインです。これは自分の娘の誕生がどのように私を変えてくれたかという曲」と話す。母とラッセルとの関係は険悪なものだったが、ラッセルは母が弾くピアノの下に潜り込んで聴いていたことを覚えているという。「母の演奏に合わせて鼻歌を歌っていました」とラッセルは振り返る。「母は、私が話す前から鼻歌を歌っていたと言っていました。私は、母が言葉や身体で表現できない方法で、ある種の心地よさや愛、つながりを感じることができました。母の中に愛があることを、母の音楽で感じることができたのです」。

『Outside Child』は、トラウマとなった幼少期と失われた故郷を過激に再生させただけでなく、あらゆる種類の困難を乗り越えてきた人々にとっての灯火であり、11時間後に蘇生するアートの力を熱心に思い出させてくれる作品だ。詩人でソングライターのジョー・ヘンリーは、「アリソンのニュー・アルバム『Outside Child』は、暴力的な過去の暗い井戸から水を汲んでいる一方、楽曲自体は高揚感に満ちていて、きれいなベッドシーツを白昼堂々と干しているかのような、ロマンティックな詩人の生きることへの欲望と大胆な耐久性を描いています」とコメントしている。

◆ 作品情報

Allison Russell / Outside Child

5月21日デジタル+輸入盤リリース
https://jazz.lnk.to/AllisonRussell_OCPR

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン