洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ブリング・ミー・ザ・ホライズン、新曲「ダイ・4・ユー」をリリース

BRING ME THE HORIZON


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

2019年にリリースした最新アルバム『アモ』、そして2020年にリリースしたEP『ポスト・ヒューマン:サバイバル・ホラー』で2作連続全英チャート1位を獲得し、母国UKのみならずここ日本でも圧倒的人気を誇るモンスター・バンド=ブリング・ミー・ザ・ホライズン(以下BMTH)が、約1年振りとなる待望の新曲「ダイ・4・ユー」(原題表記:DiE4u)をリリースした。また、同時にヴォーカルのオリヴァーが監督したミュージック・ビデオも公開された。

icon-youtube-play「ダイ・4・ユー」 ミュージック・ビデオ

昨年10月に先行配信、今年1月にCDがリリースされたEP『ポスト・ヒューマン:サバイバル・ホラー』は、全英アルバム・チャート1位のみならず、日本でもオリコン洋楽デイリー・アルバム・ランキング(2021/1/26付)、iTunesロック・アルバム・チャート、Apple Music ロック・アルバム・チャート、mora洋楽アルバム・ランキングで1位を記録する大ヒットを記録。コロナ禍のロックダウン中に制作され、更には両者のファン待望のBABYMETALとの初コラボ曲「キングスレイヤー」も収録されている作品として、大きな注目を集めた。

このEPを皮切りに、<ポスト・ヒューマン>と題されたEPシリーズを連続リリースするという計画を発表していたBMTHだが、本日解禁された「ダイ・4・ユー」は、この第二章の幕開けを飾る、待望の第一弾シングルとなる。同曲はこれまで以上にメロディックで、オリーの悲痛な叫びが突き刺さるエモーショナルな楽曲でもありながら、エレクトロニックな音色も多分に使用された、<フューチャー・エモ>アンセムに仕上がっており、作品ごとに、サウンドとプロダクションを進化させ続けている彼らの、またしても大きな飛躍が見られる楽曲となっている。

同曲についてヴォーカルのオリヴァーは以下のようにコメントしている。

「『ダイ・4・ユー』は健全ではない執着心や、悪い習慣など、どうしてもやめられないことについての歌なんだ。ロックダウン中に、そういうものに苦しまされた人はたくさんいると思う。自分と向き合わざるを得ず、本来の自分の姿が何なのか、自分にとって何が一番重要なのかを考えさせられたりね。僕もその時、自分に害を与えるものをやめて、より良い自分になりたいと気付いた期間だったから、僕にとってこの曲は誇らしく、エモーショナルな意味を持つんだ。同時に、社会全体に通ずるテーマでもある。自分自身、そしてお互いへの思いやりを持とうという、世界に対するメッセージでもあるんだ」

◆ シングル情報

Bring Me The Horizon | ブリング・ミー・ザ・ホライズン
「DiE4u | ダイ・4・ユー」

https://sonymusicjapan.lnk.to/BMTH_DiE4U

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン