洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

クリーン・バンディット、ホイットニー・ヒューストンの全米No.1ヒット「How Will I Know」をリミックス

CLEAN BANDIT


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

ソニー・ミュージックエンタテインメント/RCAレコードは9月24日に、今は亡きホイットニー・ヒューストンの時代を超えたヒット曲「How Will I Know(邦題:恋は手さぐり)」をUKの人気エレクトロ・ユニット:クリーン・バンディットがリミックスしたリメイク・バージョンを発表し、同時にリリック・ビデオも公開した。

icon-youtube-playWhitney Houston x Clean Bandit – “How Will I Know” (Lyric Video)

1985年に発売されたホイットニー・ヒューストンのデビュー・アルバム『Whitney Houston(邦題:そよ風の贈りもの)』からシングル・カットされた「How Will I Know」は、1986年2月にBillboard Hot 100チャートで2週連続1位を獲得。彼女にとって2曲目の全米No.1ヒットになった。今回のリミックス・バージョンは、ホイットニーの弾けるようにポップな歌声とクリーン・バンディットらしいエレガントかつエッヂの効いたサウンドがブレンドされ、新たなクラシックの誕生を予感させてくれる。

リミックスの制作にあたりクリーン・バンディットは、次のようにコメントしている。

「伝説的なシンガー、ホイットニー・ヒューストンのリミックスを依頼されたことに驚き、そして大変光栄に感じています。」  

クリーン・バンディットはベース、サックス、キーボードなど様々な楽器を演奏するジャック・パターソン、クラシック音楽の専門教育を受けたチェロのグレース・チャトー、ドラマーのルーク・パターソンのUK出身の3人から成るエレクトロ・ユニット。2014年、クラシック音楽の要素をダンス・ミュージックに取り入れた「Rather Be」は、UKチャートで初登場1位(4週連続1位)を記録する大ヒットを果たし、グラミー賞も受賞。その後も、クラシック音楽、ダンス、ポップ、R&Bなどさまざまな要素を絶妙にミックスしながら美しいハーモニーを奏でる独自のスタイルを発展させ、「Symphony」や「Rockabye」などUKのみならず世界各地のチャートを席巻している。

なお、2019年にはホイットニー・ヒューストンの音源を“トロピカル・ハウス”の火付け役として圧倒的な人気を誇るカイゴ(Kygo)がリメイクした「Higher Love」がリリースされ、全英チャート2位を記録した。

icon-youtube-playKygo & Whitney Houston – Higher Love (Official Video)

【ホイットニー・ヒューストン プロフィール】

1963年、ニュージャージー州生まれ。1985年デビュー以来、R&Bの枠を超えて、多くのファンを魅了し、その唯一無二の歌声は“THE VOICE”と称えられる。2ndシングル「Saving All My Love For You(邦題:すべてをあなたに)」から7曲連続して全米シングル・チャート1位を獲得。1992年、初主演映画『ボディガード』の主題歌「I Will Always Love You(邦題:オールウェイズ・ラヴ・ユー)」は全米シングル・チャートで14週連続No.1を記録する自身最大のヒット曲になった。これまでにトータル・セールス2億枚を売り上げ、6部門のグラミー賞を受賞している。2012年2月11日、不慮の事故で死亡した。享年48歳。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン