[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Feature Ranking

2017.10.17~2017.10.23 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽のオンエア回数をナンバーシックスティーンが独自に集計。先週のTOP10はこんな感じでした!

2017.10.17~2017.10.23 RANKING

1st icon-music UP ALL NIGHT:BECK

現在来日中!

3年半ぶりのアルバム『カラーズ』を引っ提げて現在来日中のベック(BECK)。23日月曜日には日本武道館、そして本日24日火曜日は新木場スタジオコーストでLIVEを行う。来日直前の18日にはアメリカ・ロサンゼルスのジョン・アンソン・フォード・アンフィシアターでライブを行なったが、わずか1週間前にスケジュールされたこの公演には、彼の家族や友達、長年のファンを含むラッキーな1,200人のみが参加し、全22曲、約2時間に及んだショウの間、終始カジュアルで楽しいパーティーのような雰囲気が醸し出されていたとのこと。さて今夜のスタジオコースト公演はどうなる?!

2nd icon-music TOO MUCH TO ASK:NIALL HORAN

世界55の国と地域でNo.1獲得

ワン・ダイレクションのメンバーでもあるナイル・ホラン(Niall Horan)。ソロ・デビュー・アルバム、『フリッカー』が先週金曜日にリリースされ、すでに世界55の国と地域のiTunes で1位を獲得するなど大ヒットを記録している。このアルバムについてナイル本人は、「『フリッカー』がいよいよ発売になった。昨年の一年と半年をこのアルバムの制作に費やし、誇らしく思えるものを作り上げることができた。僕自身の考えや感情を書いてそれをレコーディングしたのは初めてのことだったけど、本当にいい気分だよ。」とコメントしている。

3th icon-music LOOK WHAT YOU MADE ME DO:TAYLOR SWIFT

新曲も到着

この曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」で、97の国と地域のiTunesにおいて1位、更には全米3週、全英2週連続1位を獲得しているテイラー・スウィフト(Taylor Swift)。ニュー・アルバム『レピュテーション』が来月10日にリリースの予定だが、日本時間10月20日にテイラーが自身のInstagramに「GORGEOUS」「MIDNIGHT TONIGHT EASTERN」とポストし、その午後、ニューアルバムに収録される楽曲「ゴージャス」が急遽配信となった。

4th icon-music FOR WHAT IT’S WORTH:LIAM GALLAGHER

UKチャートNo.1獲得!

今月頭に初のソロアルバム「As You Were」をリリースしたリアム・ギャラガー(Liam Gallagher)。このアルバムが母国イギリスのオフィシャル・チャートで見事1位を獲得。リアムは自身のツイッターで「ロックンロールが1位になったんだ」と投稿した。同アルバムから、先週までの「Wall Of Glass」に代わって、今週は「For What It’s Worth」がチャートイン。

5th icon-music ONE MORE TIME:TWICE

日本1stシングルリリース

2015年に韓国のオーディション番組を勝ち抜いた9人で結成されたK-Pop9人組ガールズグループTWICE。その10月、1stミニアルバム「THE STORY BEGINS」でデビュー。そのデビューからわすか44日で、2015 Mnet Asian Music Awardsの女性新人賞を受賞。2015年の新人女性歌手の中でアルバム売上枚数1位を記録し、翌2016年には第30回ゴールデンディスク賞のアルバム部門で新人賞を受賞している。この曲は、先週リリースされた日本1stシングル。

6th icon-music ONE FOOT:WALK THE MOON

ニューアルバムは来月リリース

80sフレイヴァーが散りばめられた2014年リリースのシングル「シャット・アップ・アンド・ダンス」が、アメリカ・ビルボード<HOT100>チャート 9週連続トップ5入り、全英チャート3週連続トップ5入り、ここ日本でもiTunesオルタナティヴ・チャートで堂々1位を獲得するなど世界的ブレイクを果たしたシンセ・ポップの雄=ウォーク・ザ・ムーン(Walk The Moon)。2015年にリリースした「Talking Is Hard」以来、この曲も含む2年ぶりのニューアルバム「What If Nothing」は、来月15日にリリースされる。

7th icon-music WHAT ABOUT US:PINK

ショートフィルムを公開

全世界トータル・セールス6,000万枚、グラミー3冠を誇り、今年8月にMTV Video Music Awardsで最高栄誉とされる<マイケル・ジャクソン・ヴィデオ・ヴァンガード・アワード>を受賞したピンク(P!NK)。この曲も収録されている5年振り通算7作目のオリジナル・アルバム『ビューティフル・トラウマ』が、今月13日に全世界同時リリースされた。同時に、このアルバムの制作過程を記録したショートフィルム「P!nk — Beautiful Trauma:アルバムができるまで」がApple Musicで配信中。

8th icon-music COLORS:BECK

アルバムから5曲目の公開

現在来日中のベック(BECK)。今月頭に3年半ぶりのニューアルバム「カラーズ」をリリースしたが、今週1位の「Up All Night」に続き、このアルバムからの5曲目の公開となるのがこのタイトルナンバー、「カラーズ」。 アルバム全体同様スライムアーティストとコラボレーションした、カラフルなミュージック・ビデオに仕上がっている。これについてベック本人は、「半透明やネオン・オレンジ、さらには発泡スチロールでできたカラフルな斑点が混ざったものなど、スライムには色んな種類があるんだ」と語っている。

9th icon-music SHAPE OF YOU:ED SHEERAN

来日公演延期・・・

最新アルバム「÷(ディバイド)」を引っ提げ、今月末に来日公演が予定されていたエド・シーラン(Ed Sheeran)。先日自転車事故の影響で、予定されていたアジア・ツアーの一部=台北、大阪、ソウル、東京、香港公演の延期が発表された。エド本人は「病院へ行き、右手首と左肘が骨折していると診断を受け、この先しばらくは演奏を断念せざるを得なくなりました。残念ながら次の公演を予定通り行うことが出来ません。今はケガの経過を見つつ、これから先の予定を調整したいと思います。更なる情報を引き続き待っていてください。」とコメントしている。

10th icon-music MEXICAN FENDER:WEEZER

ニューアルバムは金曜日にリリース

前作「ウィーザー(ホワイト・アルバム)」でグラミー賞の「最優秀ロック・アルバム」にノミネートされたウィーザー(Weezer)。このアルバムに続く新作「パシフィック・デイドリーム」が、27日にリリースされる。『ウィーザー(ホワイト・アルバム)』の発表後、彼らは新作の作曲に取りかかり、それを『ブラック・アルバム』と名づけていた。しかし彼らは、制作を進めるにつれて、彼らの作っている曲が、世界の果てのビーチからやって来る白昼夢のような感じがすることに気づいた。そこで彼らは、その方向性に逆らおうとせずに、全く新しいアルバムを作り始めた。こうして今回の『パシフィック・デイドリーム』が誕生した。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です