[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Feature Ranking

2018.07.16~2018.07.22 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2018.07.16~2018.07.22 RANKING

1st THE OTHER SIDE:JASON MRAZ

2018.07.02~2018.07.08 RANKING
(Photo :Justin Bettman)
再びの首位

J-WAVE開局30周年のアニバーサリーソング第2弾。先週2位から再び1位に返り咲いた。現状では、J-WAVEでしか聞くことのできない曲のようだ。ニューアルバム『KNOW.』のトラックリストもまだ公開されていないので、果たしてニューアルバムに収録されるのかも今の所は不明だ。聞きたいという方は、J-WAVEにチューンインしてみよう。

2nd SOULMATE:JUSTIN TIMBERLAKE

ワールドツアー中

ジャスティンの新曲「ソウルメイト」。先週の1位からワンランクダウン。決して派手なパーティーチューンではないが、イントロは「Summer Starts Now」の一言からスタートする。暑い夏だが、暑苦しくない、スマートな1曲だ。
そんなジャスティンだが、現在ワールドツアー中でヨーロッパを行脚している。ツイッターを見ると、イギリスでは、7月11日にO2アリーナでライブを行ったが、FIFAワールドカップロシア大会で、その日、イングランドが決勝進出をかけてクロアチアと試合を行うことになっていたので、そのことをツイートしていたりする。もちろんO2アリーナでも「SOULMATE」をプレイしている。

3th RISE:JONAS BLUE FEAT.JACK JACK

新世代DJ!

本名 ガイ・ジェイムズ・ロビン(Guy James Robin)。1989年8月2日生まれ、イギリス出身のDJ、ソングライター、ミュージシャン、プロデューサー。ロンドンをベースにハウスDJ/プロデューサーとして活動を開始。“トロピカル・ハウス”というジャンルにおいての代表的なDJとして活躍中、デヴィッド・ゲッタのツアーのオープニングDJなども務める。2015年にリリースしたトレイシー・チャップマンの1988年の大ヒット・シングル「ファスト・カー」をトロピカル・ハウス風カヴァーしたデビュー・シングル「ファスト・カー feat.Dakota」が UKチャート最高位2位を記録(これはトレイシー・チャップマンのオリジナルの実績(1988年最高位5位)を上回る)、同チャート11週連続TOP10入りを果たす。この曲はアメリカのポップ・デュオ、JACK JACKとのコラボ。

4th DON’T MATTER TO ME:DRAKE FEAT.MICHAEL JACKSON

1位とりまくり!

ドレイクのマイケルをフィーチャーした曲がランクイン。そんなドレイクだが、ダンス・チャレンジ「#InMyFeelingsChallenge」のBGMとして人気に火が付いた「イン・マイ・フィーリングズ」が、最新の米シングル・チャート1位にランクインした。45の国と地域でiTunes1位獲得。
前週1位に返り咲いた「ナイス・フォー・ホワット」から1位の座を奪い取ったのはドレイクの別楽曲で、自らの持つシングル1位の座を別楽曲で奪い取るのはこれで2回目となる。今までこれを2度も実現したアーティストはジャスティン・ビーバー、ザ・ビートルズ、アッシャーのみ。これでドレイクはキャリアで40回も全米シングル・チャート1位獲得。『スコーピオン』からシングル3曲が全米1位を獲得。

5th HUMBLE.:KENDRICK LAMAR

フジロックで来日!

2018年、世界のヒップホップシーンの頂点に立っている男が、間も無く来日する。去年の4月にリリースされたアルバム『Damn』からの曲が5位にランクイン。今週末、新潟県の苗場スキー場で開催されるフジロック・フェスティバルに出演する。N.E.R.Dとのコラボもあるのか、気になるところだ。

6th THE LIGHT IS COMING:ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ

ニュー・アルバムは8/17リリース

世界の歌姫、アリアナ・グランデ。8月17日にニューアルバム『SWEETENER』がリリースされる。その新作にも収録される、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした1曲。そんなニューアルバムのリリースを記念して、日本全国のアリアナファンの“アリアナにまつわる写真”を集め、アルバムのジャケット写真のモザイク・アートを作成する企画を実施。500件を超える応募があった中、モザイク・アートが完成している。高解像度のものは『SWEETNER』の特設ページに公開されている。

7th BETTER NOW:POST MALONE

実は初音ミク好き

7月6日に米市場調査会社のニールセンが発表した2018年の全米音楽市場レポート(中間報告)で、6月27日に日本盤が発売されたポスト・マローンの最新アルバム『ビアボングス&ベントレーズ』が、“2018年上半期、全米で最も売れたアルバム”に認定された。そのポストは現在ヨーロッパ・ツアー中で、ハリウッド・ボウル2夜連続公演の翌日、なんと同じロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで行われた初音ミクのライヴ=HATSUNE MIKU EXPO 2018を観に行ったことを自身のtwitterで告白した。ライヴの模様を映した動画と共に“Miku is a legend(ハートマーク)”と呟くなど、まさに大興奮の様子。FUJI ROCK FESTIVALで間もなく来日するポスト、どんなパフォーマンスを見せてくれるのかも楽しみだ。

8th FEELS LIKE SUMMER:CHILDISH GAMBINO

サマーアンセムをリリース!

「THIS IS AMERICA」で全世界に衝撃を与えたチャイルディッシュ・ガンビーノが、2曲入りのサマーアンセムをリリースした。1曲は夏の愛を愛う「SUMMERTIME MAGIX」。そしてもう1曲が「FEELS LIKE SUMMER」。この曲では、夏をモチーフにしつつも、環境問題など、今だからこその問題提起をしている、実に彼らしい1曲になっている。

9th SHAPE OF YOU:JAKE SHIMABUKURO

世界一のウクレレ・プレイヤーが聞かせる

夏のBGMとして欠かせないウクレレ!そのウクレレ・プレイヤーで最も知名度の高いアーティストの1人といえば、ジェイクだが、8月29日にニューアルバム『GREATEST DAY』をリリースする。そこからのリードトラックがランクインした。もちろん、エド・シーランのカバーだ。10月にはJAPAN TOURも予定されているので、楽しみにしたい。

JAKE SHIMABUKUROの関連情報

10th UNLOVELY:JASON MRAZ

どんなPVになるのか!?

ジェイソン・ムラーズ2曲目のランクイン。「HAVE IT ALL」のPVは、長年ジェイソンとコラボしてきたDarren Doaneが手がけており、リッチモンド・コミュニティー演劇学校やリッチモンド周辺のターンアラウンド・アーツの生徒たち、また俳優のケイティー・グローバーとグレッグ・グランバーグが登場したが、
こちらの曲のPVはどんなものになりのかも楽しみだ。現在H、オフィシャルのリリック・ビデオが公開されている。

なお、1位から50位までのプレイリストはこちら!!

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です