洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.04.15~2019.04.21 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.04.08~2019.04.14 RANKING

1st NOW THAT I FOUND YOU:CARLY RAE JEPSEN

デディケイティッド

「ナウ・ザット・アイ・ファウンド・ユー」。3月15日(金)から配信されているる動画配信サービスNetflixの人気番組「クィア・アイ」シーズン3の配信日決定映像にも同楽曲が使用されている。この曲も収録されるニューアルバムの情報がついに公開された。タイトルは「DEDICATED」、リリース日は5月17日だ。楽しみにしよう。

2nd KING JAMES:ANDERSON .PAAK

最新アルバムリリースに期待

アンダーソンは多数の才能あるアーティストとコラボレーションを果たしており、そのリストにはゴールド認定を獲得したシングル「ダング!」を共にリリースしたマック・ミラーやチャンス・ザ・ラッパー、ラプソディ、ア・トライブ・コールド・ウエスト、ザ・フリー・ナショナルズの名が挙げられる。アンダーソンの曲「ティル・イッツ・オーバー」はアップル社のコマーシャル「ウェルカム・ホーム」のテーマ曲として取り上げられ、スパイク・ジョーンズ監督が制作した動画には彼の曲に合わせてシンガー・ソングライターのFKAツイッグスが華麗なダンスを躍っている。
ドクター・ドレーのレーベル、アフター・マスと契約を交わしたアンダーソンは、現在待望の最新アルバムの制作に取り掛かっている。

3rd NO NEW FRIEND:LSD


3人合わせて、LSD!

このLSDというアーティストは、UKのプロデューサー、LABRYNTHと、今年のフジロックのヘッドライナーSIA、そしてグラミー賞アーティストでもあるDIPLOの3人からなるスーパーユニットだ。今週、アルバムがリリースされるので、そちらも注目した。

4th SIXTEEN:ELLIE GOULDING

ビバ!16歳

新曲「Sixteen」は“これぞエリー”ともいうべき爽やかなポップ・チューンで、この春からの新生活にピッタリなナンバー。エリー自身もソングライティングに参加したこの曲、クリーン・バンデット等で知られるフレッドやブリトニー・スピアーズ等で知られる大御所イアン・カークパトリックがプロデューサーに名を連ねている。“シックスティーン”という曲についてエリーは、「今回、“シックスティーン”という曲をみんなと共有できてとても嬉しいわ。16歳って、色んな意味で私にとってはとても重要な年齢だったの。だから、この曲は私の心からの曲よ。ティーンエイジャーっていう向こう見ずな頃に戻らせてくれるし、若くて無垢な部分をみんな思い出してくれることを願ってるわ」と語っている。

5th SAW LIGHTNING:BECK

ファレルとタッグ

独自の音楽性で圧倒的なカリスマ人気を誇る奇才、ベック(Beck)が4/15(US時間)新曲「Saw Lightning」を突如リリースした。アップリフティングなこの曲、ファレル・ウィリアムズが共同ソングライター/プロデューサーとして参加。またBEATS BY DR.DREのキャンペーンCMにも使われている。

6th 626 BEDFORD AVENUE:THE DRUMS


ついに一人に・・・

オーストラリアのインディー・バンド、ザ・ドラムス。5枚目のアルバム「BRUTALISM」からのキャッチーな1曲。インディー・バンド、と紹介したが、現在、メンバーはバンドの中心人物だったジョニー・ピアース一人となっており、彼のソロ・プロジェクトの名前として「THE DRUMS」がある状態だ。。

7th JUICE:LIZZO

プリンスも認めたラッパー

ミネアポリスを拠点に活動しているラッパー/シンガーのLizzo。ミネアポリスといえば、やはりプリンスの名前が思い浮かぶが、彼女は生前のプリンスにも認められていたそうで、アルバム『PLECTRUMELECTRUM』にも参加している。
今年はアメリカのフェス、コーチェラにも出演が決まっており、注目度の高さがわかる。

8th SOS FEAT.ALOE BLACC:AVICII


未発表作がリリース

Aviciiの「SOS feat. アロー・ブラック」が日本時間4月11日午前4時に世界同時リリースされた。
フィーチャリングされたシンガーはAvicii最大のヒット曲「ウェイク・ミー・アップ」を歌っていたアロー・ブラック。Aviciiの死後、楽曲を仕上げた共同プロデューサーKristoffer FogelmarkとAlbin Nedlerやアロー・ブラックがどのようにして楽曲が完成したのかを語るメイキング・ビデオ、そしてファンからのメッセージを集めた、ファン・メモリーズ・ビデオも同時公開となっている。

9th WE’VE GOT TO TRY:THE CHEMICAL BROTHERS

名作の仲間入りか?

先行シングルも好評だったケミカル・ブラザーズのニューアルバム「NO GEOGRAPHY」がリリースされた。複数楽曲がランクインしているが、もっともオンエアされたのがこの曲。ビデオでは、人間の代わりに、特訓を受けた犬が新たな惑星を探しに宇宙に旅立つ、というもの。その結末も含めて、ショートムービー的に楽しめる作品になっている。

10th SIGHT OF YOU:SIGRID

ノルウェーの22歳

ノルウェー出身のシンガー、シグリッド。父親はニール・ヤングの大ファン、母親はジョニ・ミッチェルのファン。さらに10代の頃にはコールドプレイやアデルに夢中になっていたという。子供の頃からピアノを習っていたそうだが、16歳の時に、実際にオリジナル楽曲を作るようになったということ。まだ22歳。これからどこまで伸びていくのか楽しみなアーティストの1人だ。

なお、1位から50位までのプレイリストはこちら!!

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です