洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.07.08~2019.07.14 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.07.08~2019.07.14 RANKING

1st NEVER REALLY OVER:KATY PERRY

配信から2ヶ月半、1位に返り咲き

ケイティ・ペリーの約2年ぶりの新曲「ネヴァー・リアリー・オーヴァー」が、自身のアーティスト・キャリア史上最多の初日のストリーミング再生回数を記録した。
昨今、洋楽アーティストの楽曲は“コライト”(複数の作家が1つの楽曲を作ること)手法が主流となっているが、この曲も例外ではない。「ネヴァー・リアリー・オーヴァー」は、ケイティ本人を始め、9人の作家によって作詞・作曲されているが、その1人が、世界的DJ/プロデューサーのゼッドだ。

2nd YOU NEED TO CALM DOWN:TAYLOR SWIFT

4週連続1位ならず

8月23日にリリースとなるテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のニュー・アルバム『ラヴァー(Lover)』からの先行配信されたセカンド・シングル「ユー・ニード・トゥ・カーム・ダウン」が2週連続で1位を獲得した。タイトルの「ユー・ニード・トゥ・カーム・ダウン(落ち着いたらどうかな の意味)」通り、LGBTQの人々と平和に仲良く過ごすテイラーの姿が描かれた、メッセージ性の強いビデオになっている。
新曲「ユー・ニード・トゥ・カーム・ダウン」や「ミー」を含む全18曲入りの最新アルバム『ラヴァー』は8月23日に発売が決定している。

3rd SENORITA FEAT.CAMILA CABELLO:SHAWN MENDES

今をときめく2人のコラボ!

新曲「セニョリータ」は、ショーンと同じくグラミー賞ノミネート歴があり、数々の大ヒット曲を生み出しているキューバ出身のシンガー・ソングライター カミラ・カベロとのコラボレーションによる、熱く燃え上がるような曲。二人のコラボは2015年の「I Know What You Did Last Summer」以来2曲目となる。

4th HEAVEN:AVICII


一人の青年として

この曲のビデオは長年アヴィーチーを撮影し続けた親友のLevan Tsikurishviliが監督を務めた。ビデオの中では2016年にアヴィーチーがイビザ島で最後のパフォーマンスを行った後に友人たちと訪れたアフリカ・マダガスカルで撮影された映像が使われている。
このビデオを完成させるためマダガスカルへ再び渡った監督は、彼と過ごした日々の記憶を辿りながら新たに映像を撮影。休暇中のAviciiの笑顔で溢れる映像を織り交ぜ、亡き親友をトリビュートしている。今までのAviciiのミュージック・ビデオでは本人が出演することはほとんどなかったが、今回の映像ではAviciiの屈託のない笑顔やギターを弾く姿が映し出されており、世界のEDMシーンのトップに君臨したアーティストAviciiではなく、一人の純粋な音楽と自然を愛する一人のスウェーデン人の青年、ティム・バークリングをとらえた映像となっている。

5th HIGHER LOVE:KYGO,WHITNEY HOUSTON

故人とのコラボ

カイゴ(Kygo)が、ホイットニー・ヒューストンが1990年にアルバム『アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト』の日本盤ボーナス・トラックとして、日本のみでリリースした、幻の楽曲「ハイヤー・ラブ」をリメイクした楽曲をリリースした。他の国ではこれまで一度もリリースされていない、まさに「幻」の曲のリメイクだ。

6th WHAT’S LOVE:AARON AYE


ミネアポリス出身のシンガー

ミネアポリス出身のラッパー/シンガーで、去年デビューアルバムをリリースしたばかり。まだ22歳という若さだが、2枚目のアルバムをリリースした。

[/su_note]

7th BOOM:X AMBASSADORS


2015年以来のアルバム!

アメリカのバンド、X AMBASSADORSが、2015年の「VHS」以来となるニューアルバム「ORION」を配信した。そのニューアルバムからのナンバーがランクインした。

[/su_note]

8th BLOW with CHRIS STAPLETON & BRUNO MARS:ED SHEERAN

ビデオもブルーノ!

7月12日に総勢22人の超大物アーティストが参加したニュー・アルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』をリリースしたイギリス出身のシンガー・ソングライター、エド・シーラン。
ブルーノ・マーズとカントリーシンガー、クリス・ステイプルトンとコラボした新曲「ブロウ」はビデオもブルーノ・マーズが監督を務めており、このビデオはハリウッドにある有名なロック・クラブ「ザ・ヴァイパー・ルーム」にて撮影。エド、ブルーノ、クリスの3人の代わりに女性ロック・バンドがステージで熱唱した、ハードでロックなビデオに仕上がっている。

9th BEAUTIFUL PEOPLE FEAT.KHALID:ED SHEERAN

総勢22人とコラボ

ニュー・アルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』から天性の美声を誇るカリードが参加した新曲「ビューティフル・ピープル」が2曲目のTOP10入り。

10th ALL THE TIME:ZARA LARSON

BTSともコラボ

ザラ・ラーソンはニュー・シングル“All the Time”の音源が公開されている。
ザラ・ラーソンは先週、BTSとのコラボレーションとなるムラ・マサがプロデュースを手掛けた新曲“A Brand New Day”がリリースされている。
ザラ・ラーソンは2019年に入って“Don’t Worry Bout Me”と“Wow”という2枚のシングルをリリースしており、昨年リリースされた“Ruin My Life”と共に来たるニュー・アルバムに収録されると見られている。

なお、1位から30位までのプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です