洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.08.19~2019.08.25 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.08.19~2019.08.25 RANKING

1st SUMMER GIRL:HAIM

2週連続1位

カリフォルニアの美人3姉妹グループ、ハイムが約2年ぶりとなる新曲「Summer Girl」を本日リリースした。そして、楽曲と同時に公開されたミュージック・ビデオは『ブギーナイツ』『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』等の作品で世界三大映画祭(ヴェネチア、ベルリン、カンヌ)全ての監督賞を受賞した世界的映画監督、ポール・トーマス・アンダーソンが監督・撮影を行っていることも話題だ。正直、地味なイメージの曲だが2週連続で1位となった。

2nd YOU NEED TO CALM DOWN:TAYLOR SWIFT

プロモーション来日も決定

8月23日にテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のニュー・アルバム『ラヴァー(Lover)』がリリースされた。このニューアルバムのプロモーションのため、11月に来日も決定した。詳細については、国内盤のアルバムを購入して、応募専用のサイトにアクセスしてみよう。

3rd SMALL TALK:KATY PERRY

意味は世間話

「ネヴァー・リアリー・オーヴァー」に続くニュー・シングルをリリースした。タイトルは、“世間話”を意味する「スモール・トーク」。「昔は永遠について話していたけど、今するのは天気の話ね / 信じられない、私たちが一生のうちで、他人から恋人同士になってまた今他人になったこと」、と別れた後の男女のエモーショナルな気持ちを綴る歌詞をキュートに体現したリリック・ビデオも同時公開された。

4th SOFTLY:CLAIRO

ボストン生まれのクライロ

ボストン生まれ、本名クレア・コットリル。ハイスクール時代からBandcampやSoundcloudに自身の曲やカバーをポストし、若干19歳の2017年にYoutubeにローファイポップな「Pretty Girl」を投稿しバイラルヒット。まさにベッドルームから一躍世界にその名が知られたクライロは、2018年5月にデビューEP「Diary 001」をリリース。2018年にデュア・リパと共にUSツアーを周り、タイラー・ザ・クリエイターの前座を務める。2019年3月には初の来日公演も開催した。

5th ALL DAY LONG:CHANCE THE RAPPER

ついにデビューアルバム!

グラミー賞受賞アーティストでありながら、これまでアルバムをリリースしていなかったことに驚きのチャンス・ザ・ラッパーが、ついに待望のアルバムをリリース。ジョン・レジェンド、ボン・イヴェール、ニッキー・ミナージュなどが参加していて、プロデューサーの名前にはティンバランドも入っている。

6th BOYFRIEND:ARIANA GRANDE,SOCIAL HOUSE

新しい彼氏?

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)。そんな彼女が、ソーシャル・ハウスという2人組とタッグを組み、ニュー・シングル「ボーイフレンド」をリリースした。
ソーシャル・ハウスは、米・ペンシルベニア州出身のマイケル・フォスターとチャールズ・アンダーソンによる2人組のヒップホップ・デュオ。昨年アーティスト・デビューし、3曲の楽曲をリリース。うち、リル・ヨッティーを客演に迎えたシングル「マジック・イン・ザ・ハンプトンズ」がSpotifyで9,500万回以上再生されるヒットとなった。アーティストとしてはデビュー間もない為、表面上では彼らはアリアナとは一見関わりはなさそうだが、実はこの2人、今年のアリアナの飛躍の立役者だったのだ。

7th I DARE YOU:THE REGRETTES

サマソニで来日

ザ・リグレッツは2015年結成、50~60’sテイストなロック&ポップ・サウンドを鳴らす、LAを拠点とする4ピース・ロック・バンド。シンガーソングライターでありフロント・ウーマンを務める Lydia Night(リディア・ナイト)を筆頭に、リード・ギターの Genessa Gariano(ジェネッサ・ガリア―ノ)、ベース の Brooke Dickson(ブルック・ディックソン)、そしてドラマーの Drew Thomsen(ドリュー・トムセン)が現体制。特にリディアはファッション・アイコンとしても急速に知名度を上げている。
バンドはトゥエンティ・ワン・パイロッツの2019年2~3月に行われたUK・EUツアーのサポーティング・アクトとして帯同。 そんなザ・リグレッツが、サマーソニック2019で初来日を果たした。

8th BAD GUY:BILLIE EILISH

全米チャート1位

2019年3月29日に発売されたデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が世界中で大ヒット中の17歳のアーティスト、ビリー・アイリッシュ。そんな彼女の代表曲「bad guy」が19週間首位を守り続けていたLil Nas Xの「Old Town Road (feat. ビリー・レイ・サイラス)」を制し、全米シングルチャート(Billboard Hot 100)で1位に輝いた。1位になる前、「bad guy」は9週間2位をキープし続けた。その記録はBillboard Hot 100史上最長となる。

9th HLOVER:TAYLOR SWIFT

ニューアルバムのタイトルトラック

8月23日にリリースされたテイラーのニューアルバムから、タイトルトラックもランクインした
。MVでテイラーの相手役を務めているのは、レピュテーション・ツアーでパフォーマンスも披露したダンサー・俳優のクリスチャン・オーウェンズ。テイラーはMVを通して、ドラム、ギター、ベース、ピアノ、バイオリンの5種類の楽器の演奏も披露している。恋人と時を共に過ごし、お互いを理解しあったその様子を見た女の子がスノードームから現実の世界に戻るとそこには女の子の母親としてのテイラーがいるという心温まる内容になっている。

10th HOW DO YOU SLEEP? : SAM SMITH

まさかの踊るサム

サム・スミスといえば、“天使の歌声”とも言われるがこの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」
のミュージック・ビデオでは、初めてダンスを披露している。サムは昨日までに自身のSNSでティザー映像を出しており、その中で「遂に“僕の体内に眠るダンシング・クイーンを放出するときが来た!」と興奮する様子を発信すると、「サムがダンスだって!?」とファンは更に大興奮。
初とは思えない、バックダンサーたちとのそのしなやかなダンスはまさに”アート“の領域に達していると言っても過言ではないだろう。

なお、1位から30位までのプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です