洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.08.26~2019.09.01 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.08.26~2019.09.01 RANKING

1st SUMMER GIRL:HAIM

3週連続1位

カリフォルニアの美人3姉妹グループ、ハイムが約2年ぶりとなる新曲「Summer Girl」をリリースした。そして、楽曲と同時に公開されたミュージック・ビデオは『ブギーナイツ』『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』等の作品で世界三大映画祭(ヴェネチア、ベルリン、カンヌ)全ての監督賞を受賞した世界的映画監督、ポール・トーマス・アンダーソンが監督・撮影を行っていることも話題だ。正直、地味なイメージの曲だが3週連続で1位となった。

2nd I DARE YOU:THE REGRETTES

サマソニで来日

ザ・リグレッツは2015年結成、50~60’sテイストなロック&ポップ・サウンドを鳴らす、LAを拠点とする4ピース・ロック・バンド。シンガーソングライターでありフロント・ウーマンを務める Lydia Night(リディア・ナイト)を筆頭に、リード・ギターの Genessa Gariano(ジェネッサ・ガリア―ノ)、ベース の Brooke Dickson(ブルック・ディックソン)、そしてドラマーの Drew Thomsen(ドリュー・トムセン)が現体制。特にリディアはファッション・アイコンとしても急速に知名度を上げている。
バンドはトゥエンティ・ワン・パイロッツの2019年2~3月に行われたUK・EUツアーのサポーティング・アクトとして帯同。 そんなザ・リグレッツが、サマーソニック2019で初来日を果たした。

3rd SMALL TALK:KATY PERRY

意味は世間話

「ネヴァー・リアリー・オーヴァー」に続くニュー・シングルをリリースした。タイトルは、“世間話”を意味する「スモール・トーク」。「昔は永遠について話していたけど、今するのは天気の話ね / 信じられない、私たちが一生のうちで、他人から恋人同士になってまた今他人になったこと」、と別れた後の男女のエモーショナルな気持ちを綴る歌詞をキュートに体現したリリック・ビデオも同時公開された。

4th SENORITA FEAT.CAMILA CABELLO:SHAWN MENDES

今年の夏ソング?

新曲「セニョリータ」は、ショーンと同じくグラミー賞ノミネート歴があり、数々の大ヒット曲を生み出しているキューバ出身のシンガー・ソングライター カミラ・カベロとのコラボレーションによる、熱く燃え上がるような曲。二人のコラボは2015年の「I Know What You Did Last Summer」以来2曲目となる。付き合っているのでは??という噂も上がっているが、果たして真実はどうなのか?この曲は2019年の夏を代表する1曲とも言えるかもしれない。

5th ALL DAY LONG:CHANCE THE RAPPER

ついにデビューアルバム!

グラミー賞受賞アーティストでありながら、これまでアルバムをリリースしていなかったことに驚きのチャンス・ザ・ラッパーが、ついに待望のアルバムをリリース。ジョン・レジェンド、ボン・イヴェール、ニッキー・ミナージュなどが参加していて、プロデューサーの名前にはティンバランドも入っている。

6th ME!:TAYLOR SWIFT

来日も決定

8月23日にテイラー・スウィフト(Taylor Swift)のニュー・アルバム『ラヴァー(Lover)』がリリースされた。このニューアルバムのプロモーションのため、11月に来日も決定した。詳細については、国内盤のアルバムを購入して、応募専用のサイトにアクセスしてみよう。

7th BOSSA NO SE:CUCO

クコです

CUCOは、LAを拠点に活動しているメキシカン・アメリカンのシンガーソングライター。
7月26日にデビューアルバムがリリース。現在20歳で、アーティスト名のクコ(Cuco)は、幼い頃に母親から”Cuckoo”と呼ばれていたことに由来しているという。サンタモニカ市立大学ではジャズの歴史を学んだが、音楽の夢を追うためにドロップ・アウト。その後、ツアー中の自動車事故で重傷を負い、残りのツアーをキャンセルせざるを得なくなるというアクシデントに見舞われるも、それを乗り越えて2作のミックス・テープ『Songs4u』、『Wannabewithu』を発表。これがたちまち人気を集め、ついにデビュー・アルバム『Para Mi』がリリースされた。

8th I DON’T CARE:ED SHEERAN & JUSTIN BIEBER

長期休養に

エド・シーランがジャスティン・ビーバーとコラボした「アイ・ドント・ケア」が息の長いヒットとなり、8位に入った。なお、エド・シーランは8月末にイギリスでツアー最終日を迎え、1年半、活動を休止することを発表した。充電して、また新しい曲を届けてくれることを期待したい。

9th SOFTLY:CLAIRO

ボストン生まれのクライロ

ボストン生まれ、本名クレア・コットリル。ハイスクール時代からBandcampやSoundcloudに自身の曲やカバーをポストし、若干19歳の2017年にYoutubeにローファイポップな「Pretty Girl」を投稿しバイラルヒット。まさにベッドルームから一躍世界にその名が知られたクライロは、2018年5月にデビューEP「Diary 001」をリリース。2018年にデュア・リパと共にUSツアーを周り、タイラー・ザ・クリエイターの前座を務める。2019年3月には初の来日公演も開催した。

10th BOYFRIEND:ARIANA GRANDE,SOCIAL HOUSE

新しい彼氏?

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)。そんな彼女が、ソーシャル・ハウスという2人組とタッグを組み、ニュー・シングル「ボーイフレンド」をリリースした。
ソーシャル・ハウスは、米・ペンシルベニア州出身のマイケル・フォスターとチャールズ・アンダーソンによる2人組のヒップホップ・デュオ。昨年アーティスト・デビューし、3曲の楽曲をリリース。うち、リル・ヨッティーを客演に迎えたシングル「マジック・イン・ザ・ハンプトンズ」がSpotifyで9,500万回以上再生されるヒットとなった。アーティストとしてはデビュー間もない為、表面上では彼らはアリアナとは一見関わりはなさそうだが、実はこの2人、今年のアリアナの飛躍の立役者だったのだ。

なお、1位から30位までのプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です