洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.11.4~2019.11.10 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.10.28~2019.11.3 RANKING

1st NOW I’M IN IT:HAIM

夏以来の新曲

9月にリリースされた約2年ぶりの新曲「Summer Girl」がスマッシュ・ヒットとなったカリフォルニアの美人3姉妹=ハイム(Haim)が、早くも新曲「Now I’m In It」をリリースした。
エレクトリックな打ち込みビートにハイムらしい透明感あるヴォーカルが絶妙な融合を見せる扇情的なナンバーだ。またメンバーのエスティ・ハイムは「暗くて、シリアスなことについて歌っていても、あまり重い内容にしすぎないために少し飾り付けをしたいの。私たちの音楽、特にこの楽曲に関しては辛い瞬間を乗り越える人達の助けになってほしいと考えているの」 とも語っている。

2nd DON’T START NOW:DUA LIPA

Spotifyで史上最も再生された女性アーティスト

2017年にリリースしたデビュー・アルバム『デュア・リパ』が全世界累計400万枚のアルバム・セールスを突破、加えて4,000万回のシングル・セールスを記録し、Spotifyで史上最も再生された女性アーティストとして公式認定された彼女が、今年1月にリリースしたシングル「スワン・ソング」以来となる久々の新曲「ドント・スタート・ナウ / Don’t Start Now」を11月1日(金)にリリースした。デュア・リパは「私はこの曲を最初に発表したかったの。私の人生のとあるチャプターがクローズして、新たなものがスタートするから」と語っている。

3rd ORPHANS:COLDPLAY

今月リリース

コールドプレイ(Coldplay)。彼らが、8枚目となるニュー・アルバム『エヴリデイ・ライフ』を11月22日にリリースする。総収録時間53分の同アルバムは、「サンライズ」と「サンセット」の2つのパートに分かれた、国や言語、文化、宗教に違いはあれど、世界のどこにいても誰にでも「普通に1日」は訪れる、という1日24時間をテーマに掲げたコンセプト・アルバムに仕上がっている。そのアルバムからの先行トラックが1位を獲得した。

4th FRAIL STATE OF MIND:THE 1975

まさかのUKガラージ

10月25日にThe 1975が新曲「Frail State Of Mind」をリリースした。“虚弱な精神状態・気持ち”を意味するこの楽曲では、「いつも弱くてごめんね 僕は大丈夫だよ 君も大丈夫だよね」という歌詞が繰り返す。この曲について、Vo.マシュー・ヒーリーは「UKガレージに乗せて、社会的な不安を悲しく、暗く歌った曲」と海外メディアで語っている。
全22曲収録のアルバムは、きっと我々の想像を遥かに超える芸術作品となっていることだろう。
The 1975の4枚目となるアルバム『Notes On A Conditional Form』は2020年2月21日に世界同時発売となる。

5th UNEVENTFUL DAYS:BECK

ハリウッド女優の競演

ニューアルバム「ハイパースペース」のリリースが22日に迫っているベック。リードトラックの「アンイベントフル・デイズ」も好調だ。この曲のビデオには、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『レスラー』でミッキー・ロークの娘役を演じ、今冬公開の話題作『アナと雪の女王2』にも出演、かつてはマリリン・マンソンと婚約していたというエヴァン・レイチェル・ウッド、映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で女戦士ヴァルキリーを演じ、私生活ではジャネール・モネイの恋人と噂されているテッサ・トンプソン、ジョージ・クルーニーとマーク・ウォールバーグ共演の『スリー・キングス』で映画デビューを果たし、コメディ・ドラマ・シリーズ『アレステッド・ディベロプメント』で人気を博したアリア・ショウカットというハリウッドの人気女優たちが競演している。

6th LOOSE YOU TO LOVE ME:SELENA GOMEZ

約1年半ぶりの新曲

セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)が自身の名義としては「Back To You」以来、約1年半ぶりとなる新曲「Lose You To Love Me」をリリースした。この曲は、長きに渡りコラボしてきたジュリア・マイケルズ、ジャスティン・トランターやマティアス・ラーソンとの共作で、更にプロダクションには世界中で大ブレイク中のビリー・アイリッシュの実の兄であるフィニアスも参加している。
さらに、この曲のリリースの翌日には新たな楽曲をリリースしている。

7th 10,000 HOURS:DAN+SHAY & JUSTIN BIEBER

完璧なハーモニー

昨年プラチナム認定され、計2億5000万回ストリームを記録した大ヒット曲「テキーラ」をリリースし、グラミーも2度受賞経験のあるアメリカ発のカントリー・デュオ、ダン+シェイ(Dan + Shay/ダン・アンド・シェイ)がジャスティン・ビーバーとコラボを果たした新曲「10,000 アワーズ」をリリースした。メンバーのダン・スマイヤーズとシェイ・ムーニーは今作をジャスティンと共作しており、他にもカントリー界の著名ソングライターであるジェシー・ジョー・ディロンとジョーダン・レイノルズや ジャスティンとの共作で有名なジェイソン”プー・ベアー”ボイドらも作曲に参加。また、ダン・スマイヤーズ自身がプロデュースを担当しており、ジャスティンの心地の良いボーカルとダンとシェイの完璧なハーモニーが交わるキャッチーな一曲となっている。

8th MEMORIES:MAROON 5

TOP10キープ

9月にリリースされたマルーン5の1年4ヶ月ぶりの新曲が、長期にわたってTOP10を維持し続けている。

9th INTO THE UNKNOW:PANIC! AT THE DISCO

アナ雪2の曲

11月22日(金)に全世界同日公開となるディズニー映画『アナと雪の女王2』。2014年に公開された前作は歴代のアニメーション映画で世界No.1の興行収入を記録し、日本でも「レット・イット・ゴー」をはじめとする楽曲が社会現象を巻き起こした。そんな大ヒット作の待望の続編の音楽も再び注目を集めており、中でも10月に情報解禁された劇中歌「イントゥ・ジ・アンノウン」のMVは、イディナ・メンゼル扮するエルサの再びの熱唱が話題となり、MVはすでに160万回以上の再生回数を記録している。そんな大注目楽曲のエンドソング・バージョンが日本時間5日より配信開始され、歌唱するのは、昨年「High Hopes」が全米アダルト・ポップ・ソング・ラジオ・チャート15週連続1位(この記録が、同チャートにおいては約10年ぶりの快挙)を記録した、話題のロック・アーティスト“パニック!アット・ザ・ディスコ”だ。

10th GOOD THING:ZEDD & KEHLANI

コラボ・シリーズ最新作

世界的DJ/プロデューサーのゼッドが、ケイティ・ペリーをヴォーカリストとして迎えたシングル「365」を今年2月に発表してから早7ヶ月。そんなゼッドが、グラミー賞ノミネートアーティストのケラーニを客演に迎えたシングル「Good Thing」をリリース。冒頭のスタッカートが印象的なメロディーが頭に残る新曲「Good Thing」でケラーニは、「私は一人で大丈夫、他に誰も要らない。私の為に良いもの(good thing)を用意したよって言ってこないで。もう既に持っているから」という、自立した強い女性の心情を歌っています。なお、作詞・作曲は、ゼッドとケラーニを含む5名の作家によって手掛けられている。

なお、1位から30位までのプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です