洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2020.10.5~2020.10.11 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st LOVE LOOKS BETTER:ALICIA KEYS

日本盤もリリース

アリシア・キーズが4年振り7作目アルバム『アリシア』がリリースされ、チャートもトップに立った。アリシアは先日、米人気朝番組『Good Morning America』に出演。ニューヨーク/ブルックリンに設置された、幕で隠された屋外特設ステージに、新型コロナウイルスの最前線で闘う医療従事者たちが集めれられ、何も知らない彼らの前にサプライズで登場し、「グッド・ジョブ」「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」、そして最新シングル「ラヴ・ルックス・ベター」を熱唱した。

2nd LIFETIME:ROMY

THE XXの紅一点

UKを代表するバンドThe xx(ザ・エックス・エックス)のメンバー、ロミーがソロ・デビュー・シングル「Lifetime」を本日公開。ロックダウン中にロンドンでレコーディングされた楽曲は友人、家族、そして愛する人たちとの再会を歌っており、「今この瞬間を生きて、そしてそれを祝福すること」と語る通り、祝祭感溢れるキラー・チューンでまさにファン待望の1曲となっている。

3rd LET’S LOVE:DAVID GUETTA & SIA

粘るも3位

「人類史上最高のDJ」と称されるDJ兼プロデューサー、デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)が、9度グラミー賞にノミネートされたオーストラリア出身アーティスト=シーアと手を組んだコラボ曲「Let’s Love / レッツ・ラブ」。先週2位から1ランクダウンの3位に甘んじた。この新曲「Let’s Love」は新型コロナウイルスの影響で自粛期間中に制作された。「もちろん、クラブ・トラックの制作も大好きだけど、同時に特に今は「癒させる」曲が作りたかった。」
と語っている。

4th HOLY FEAT.CHANCE THE RAPPER:JUSTIN BIEBER

ジャスティン流 愛の歌

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)が、ファン待望のニュー・シングル「HOLY」をリリースした。チャンス・ザ・ラッパーをフィーチャリングしたこの楽曲は、今年2月に発表した新作アルバム『チェンジズ』や、アリアナ・グランデとのコラボ曲「Stuck with U」以来となる新曲。「君に抱きしめられると、神聖な(HOLY)気持ちになるんだ」と歌い、愛する人への気持ちが表現されている。

5th JUMP:VAN HALEN

65歳、早すぎる死

アメリカを代表するハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレンの中心人物の一人でギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンの訃報が世界を駆け巡った。死因は咽頭がん、65歳だった。この「Jump」は彼らを代表する1曲として、ここ日本でも絶大な人気を誇っていた。

6th LIE LIKE THAT:JULIA MICHAELS

とにかく受け入れてみる

グラミー賞ノミネート歴のある米出身のシンガー・ソングライター、ジュリア・マイケルズが
ニュー・シングル「Lie Like This」を10月2日にリリースし、併せてリリック・ビデオを公開した。
ジュリアは同曲について「この曲は、新しいことに躊躇していても、それが本当に特別なものであると知っているなら、とにかく受け入れてみるというテーマについて歌ったもの。愛は様々な要素を兼ね備えていますよね。ある時には、あなたが望んだようにはいかず、破局を迎えて床の上で泣くこともあるかもしれない。でも次の瞬間には新しい人と出会って、公園でキスをして、手をつないで、ドキドキした気持ちになるかもしれない。無限の要素が重なり合っている。そんな『愛』についてのエッセンスを凝縮した曲にしたいと思いました。」とコメントしている。

7th WONDER:SHAWN MENDES

12月にアルバム!

カナダ出身の22歳シンガー・ソングライター=ショーン・メンデス。そんな彼が、2年半ぶりとなる4thアルバム『Wonder (ワンダー)』を12月4日(金)に発売することを発表し、同アルバムの1stシングルとなる「Wonder」を世界同時配信!自身のYouTubeチャンネルで、同楽曲のミュージック・ビデオを公開した。「君に愛されるのはどんな感じだろう?」と歌うショーンは、MVの中でダンスも披露している。

8th WORTH IT:BEABADOOBEE

デビューアルバム、間も無く!

フィリピンのマニラ出身のBea Kristiによるプロジェクト、BEABADOOBEE(ビーバドゥービー)。3歳の時にロンドンに移住しており、現在はロンドンを中心に活動している。7年間バイオリンを習っていたこともあるという彼女、ワン・ダイレクション、グリーンデイ、ソニックユース、ペイヴメントと、ポップ、ロック、オルタナと幅広いルーツを持っているようだ。そんな彼女のデビューアルバム「FAKE IT FLOWERS」がついに10月16日、リリースとなる。

9th BEAT IT:MICHAEL JACKSON

ギターはエディ・ヴァン・ヘイレン

言わずと知れたマイケルの代表曲の一つだが、この曲のギターは、65歳でこの世を去った、エディ・ヴァン・ヘイレンが弾いている。彼の訃報を受けて、この曲のオンエア回数も増えた。

10th MAGIC:KYLIE MINOGUE

新解釈ディスコ?

2018年のアルバム「ゴールデン」以来となるニューアルバムを11月にリリースするカイリー。タイトルは「ディスコ」で、その名の通り彼女が通ってきたディスコサウンドを取り入れたアルバムになるようだ。そのアルバムから。「Say Something」に続く最新トラックとなる「Magic」が公開された。彼女なりの新しい解釈のディスコサウンド、ということだろうか。MVでは、STAR WARSのジェダイのごとく、ライトサーベルのようなものを振り回したり、スパンコールづくしの衣装を着ていたり、昔ながらのディスコのようなダンスフロアで踊っていたりと、80年代を意識したものになっている。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です