洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.7.12~2021.7.18 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st BAD HABITS:ED SHEERAN

3連覇

2010年~2019年の10年間で全英オフィシャル・チャートのナンバーワン・アーティストに輝いた世界的シンガーソングライター、エド・シーラン(Ed Sheeran)が6月25日に新曲「Bad Habits / バッド・ハビッツ」をリリースした。エドのリリースは去年12月の「Afterglow / アフターグロウ」以来約半年ぶりとなる。

2nd IT WON’T ALLWAYS BE LIKE THIS:INHALER

親の七光ではない

UKロックの新鋭と評価されているアイルランド出身の4人組バンド、インヘイラー(Inhaler)のニュー・シングル「フーズ・ユア・マネー・オン?(プラスティック・ハウス)」がリリースされた。また7月16日にリリースされるデビュー・アルバム『イット・ウォント・オールウェイズ・ビー・ライク・ディス』の国内盤詳細が発表となった。そのタイトルトラックが2位に入った。

3rd LAST TRAIN HOME:JOHN MAYER

デビュー20周年

<現代の3大ギタリスト>と評され、グラミー賞7冠を誇る天才ギタリストにして稀代のシンガー・ソングライター=ジョン・メイヤー(John Mayer)。エド・シーランがサプライズ出演するなど大盛況を見せた2019年の日本武道館公演も未だ興奮冷めやらぬ中、デビューから20周年という記念すべきアニバーサリーイヤーにニュー・アルバム『ソブ・ロック』をリリースすることが決定した。スタジオ・アルバムとしては通算8作目となる本作は輸入盤と配信が7月16日(金)、国内盤は7月21日(水)にそれぞれ発売される。リリースに先駆け、新曲「ラスト・トレイン・ホーム」が公開された。

4th HE GETS ME SO HIGH:BEABADOOBEE

いい出会いがあったのか?

ビーバドゥービーは、ベア・クリスティによるソロ・プロジェクト。フィリピンのイロイロという街に生まれ、3才のときにロンドンに移住。本格的に音楽活動をスタートさせたのは2017年。歌詞の世界観や、ロックをベースにしたサウンドで、若い世代からも人気を集めている。そんな彼女の新曲が届いた。
今回は、軽快なサウンドと透き通るようなヴォーカルが印象的で、素敵な出会いがあったのだろうかと、老婆心をくすぐる楽曲となっている。

5th LIZ:REMI WOLF

iPhoneのCMで脚光

アメリカ・カリフォルニア州出身、22歳のシンガーソングライター/音楽プロデューサーのレミ・ウルフ。「Hello Hello Hello (Polo & Pan Remix)」が、Apple社のiPhone 12のキャンペーン・ソングとして使われたことで一躍脚光浴びた。5月にアルバム「WE LOVE DOGS!」をリリースしたばかりの彼女だが、さっそく新曲「LIZ」をリリースした。

6th CURE FOR ME:AURORA

1年ぶりの新曲

2021年9月開催の<SUPERSONIC>での来日が決定しているノルウェーのシンガー・ソングライター、オーロラ(AURORA)が約1年ぶりとなるニュー・シングル「Cure For Me」をリリースした。自分の個性や信条を否定する世界の声をシャットアウトさせることを歌う「Cure For Me」は、
オーロラ独特の柔和でありながらも力強さを感じさせるヴォーカルとこれまでとは一線を画すアップビートなサウンドが特徴的な楽曲。

7th YOU FOR ME:SIGALA,RITA ORA

豪華共演

全世界トータル楽曲再生数20億回超えを誇り、デビュー以降これまでに7曲のプラチナ・ディスク/8曲のゴールド・ディスクを獲得し、イギリスを中心に活躍を続けているDJ/プロデューサー=シガーラ(Sigala)が、世界的なポップアイコンのリタ・オラをボーカルに迎え、チャーリーXCXがソングライティングに参加した最新”サマー”シングル「ユー・フォー・ミー」をリリースした。「ユー・フォー・ミー」はシガーラの真骨頂とも言えるダンス・ポップ・サウンド&ジャケット写真にも映っている青空のように明るい今夏のサマー・アンセム的な楽曲に仕上がっている。

8th BAD DREAM BABY:HIPPO CAMPUS

ミネソタからのバンド

2013年に米ミネソタの高校の同級生同士で結成されたインディ・ポップ・バンド、ヒッポー・キャンパス。4人のオリジナルメンバーで活動していたが、2017年に、トランペットを担当するデカルロ・ジャクソンが新たに加わった。これまでに2枚のアルバムをリリースしている。そんな彼らが8月にEPをリリースする。その新作からの1曲。

9th CLOUDY DAY:TONES AND I

デビューアルバムが7月にリリース

「Dance Monkey(ダンス・モンキー)」で世界的ヒットを記録したオーストラリア出身シンガー・ソングライター、TONES AND I(トーンズ・アンド・アイ)が7月16日にデビュー・アルバム『Welcome To The Madhouse(ウェルカム・トゥ・ザ・マッドハウス)』をリリースすることを発表した。同アルバムのリード曲である「Cloudy Day」も先行リリースされ、公開された同曲のアニメ動画も早速注目を集めている。

10th WAVE OF YOU:SURFACES

アルバムも好調

2020年に文字通り世界的な躍進を見せた米・ポップデュオのサーフェシズ(Surfaces)。そんな彼らが新作アルバム「パシフィコ」を7月16日にリリースした。「Wave of You」は先行シングルとしてリリースされていた楽曲。「Wave of You」は思いを寄せる相手への気持ちが海の波のように広がった恋心を歌った1曲。ミュージック・ビデオでは誰かに恋し、相手が自分にとっていかに大切な存在であるかに気付いていくショートムービーのような内容となっている。一部ロサンゼルスのマリブで撮影されたこのビデオを通し、楽曲の自由で緩い世界観が感じられる作りだ。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です