洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.7.26~2021.8.1 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st TIL THE END OF TIME:ALMOST MONDAY

ネクストブレイク候補

Amazon Musicのプレイリスト『2021 Artists to watch』およびApple Musicのプレイリスト『Shazam:2021年ヒット予測』に収録、GQオーストラリアの『2021年ブレイク・アーティスト21組』にも選出など、世界の多数メディアから2021年ネクスト・ブレイクとして大注目されているオールモスト・マンデー。E Pからの1曲がランクイン。

2nd DON’T GO YET:CAMILA CABELLO

ショーン・メンデスとは?

ソロ・デビュー作が109の国と地域のiTunesで1位を獲得し、楽曲の総再生回数が110億回を超える大人気シンガーソングライターのカミラ・カベロ(Camila Cabello)が、約1年半ぶりとなる新曲「ドント・ゴー・イェット」をリリースし、同時にミュージック・ビデオも公開した。本曲はキューバ出身のカミラのルーツであるラテン・サウンドが際立った夏にぴったりの楽曲で、<家族>をテーマに制作中のサード・アルバム『ファミリア』に収録されることが決定している。ミュージック・ビデオでもそのテーマが活かされており、カミラの家族がクリスマスや新年に集まって、ディナーの後に音楽やディスコボールをセットして踊ったりする時のフィーリングを再現。また、エキストラの俳優やダンサーだけではなくカミラの父親、妹、従妹も出演しおり、カミラはミュージック・ビデオのセットでも家族との愛や喜びであふれたディナーパーティのリアルなエネルギーを意識しながらも、ファッションなどを通してそれをより大げさに描いたと語っている。

3rd BAD HABITS:ED SHEERAN

5連覇ならず

2010年~2019年の10年間で全英オフィシャル・チャートのナンバーワン・アーティストに輝いた世界的シンガーソングライター、エド・シーラン(Ed Sheeran)が6月25日に新曲「Bad Habits / バッド・ハビッツ」をリリースした。エドのリリースは去年12月の「Afterglow / アフターグロウ」以来約半年ぶりとなる。4週連続1位を獲得していたが5週連続とはならず。

4th STAY:THE KID LAROI,JUSTIN BIEBER

オーストラリアから

2021年を代表する大型新人であるオーストラリア出身、2003年生まれのザ・キッド・ラロイ(THE KID LAROUI)。全世界で6億回の再生数を越えた「ウィズアウト・ユー」が注目を集める中、世界的大スター、ジャスティン・ビーバーがSNS上でラロイにDMを送り2人の親交がスタート。3月に発売されたジャスティン・ビーバーの最新アルバム『ジャスティス』内に収録された「Unstable」の制作に招かれ夢の共演を果たしたばかりだが、先週ロサンゼルスの街並みを舞台に本人たちが出演した映画仕立てのミュージック・ビデオと共に最新コラボ楽曲「ステイ」がリリースされた。

5th CLOUDY DAY:TONES AND I

デビューアルバムがようやくリリース

「Dance Monkey(ダンス・モンキー)」で世界的ヒットを記録したオーストラリア出身シンガー・ソングライター、TONES AND I(トーンズ・アンド・アイ)が7月16日にデビュー・アルバム『Welcome To The Madhouse(ウェルカム・トゥ・ザ・マッドハウス)』がリリースされた。同アルバムのリード曲である「Cloudy Day」の公開されたアニメ動画も注目を集めている。

6th GOOD GIRLD:CHVRCHES

三部作ラスト

4枚目のスタジオ・アルバムとなる待望の新作『Screen Violence』を8月27日にリリースするチャーチズ(CHVRCHES)が、「He Said She Said」と「How Not To Drown」に続く先行シングル「Good Girls」のミュージックビデオを新たに公開!こちらはニュー・アルバム『Screen Violence』のすべてのヴィジュアル面を手がけるスコット・キアナンが監督しており、「He Said She Said」と「How Not To Drown」と合わせて構成される三部作のラストを飾っている。

7th HOT SUMMER:PRINCE

幻のアルバムから

2010年に制作されたもののリリースはされず、ツアーのみ行われたことから「幻のアルバム」と呼ばれているアルバム「ウェルカム・2・アメリカ」が7月30日にリリースされた。このアルバムは人種間の問題や政治的分断など、10年前の作品にもかかわらず、現在の世界を予見していたかのような内容となっている。そのアルバムからの先行シングルが「HOT SUMMER」だ。

8th RENEGADE FEAT.TAYLOR SWIFT:BIG RED MACHINE

テイラーのコラボレイター

Aaron DessnerはThe Nationalの主要なソングライターで、様々なフェスティヴァルの創設者、ニューヨークにある自身のスタジオ、Long PondでレコーディングされたTaylor Swift の2枚のアルバムのコラボレーターでもある。そんなDessnerが2008年にBon IverのJustin VernonとスタートさせたのがBig Red Machine。彼らののセカンド・アルバム『How Long Do You Think It’s Gonna Last?』は8月27日にリリースされるが、アルバムのタイトル、“How Long Do You Think It’s Gonna Last?”はTaylor Swiftによりつけられたそうだ。アルバムの中で2曲テイラーが参加しているが、そのうちの1曲がランクインした。

9th PSYCHO:MAISIE PETERS

エド・シーランのレーベル

UKで今大きく注目を集める新人アーティスト、メイジー・ピーターズ(Maisie Peters)が、エド・シーラン主催のレーベル<ジンジャーブレッド・マン・レコーズ(Gingerbread Man Records)>と契約し、メジャー・デビュー・アルバム『You Signed Up For This』を2021年8月27日(金)に全世界リリースすることが明らかになった。そのデビューアルバムからの先行シングルがT O P3に入ってきた。

10th NDA:BILLIE EILISH

注目の2NDアルバム

ビリー・アイリッシュは、7月30日に2ndアルバム『Happier Than Ever (ハピアー・ザン・エヴァー)』をリリースした。国内盤は、【通常盤】と【デラックス・エディション】の2形態。デラックスにはビリー・アイリッシュの「ポスター」や「ステッカー」が付き、これを買わないともらえない「日本限定キーホルダー」も含まれる。16曲入りの本作は、デビュー・アルバムと同様、外部のソングライターやプロデューサーを起用せず、19歳のビリーと彼女の唯一のコラボレーター、そして実の兄であるフィニアスの2人だけで制作されている。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です