洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.8.30~2021.9.5 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st TAKE MY BREATH:THE WEEKND

ニューアルバムも間近

2020年の米ビルボードHOT100チャートで「ブラインディング・ライツ」が年間1位を獲得する等、世界的ヒットの記録を持つカナダ出身のアーティスト、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が新曲「テイク・マイ・ブレス」をリリースした。新曲リリースと同時に公開されたミュージック・ビデオは、抗うことの出来ないビートが響くダンスフロアで、ザ・ウィークエンドが女性と出会い“息も付けないほど”の体験をするという内容になっている。

2nd SKATE:SILK SONIC

70年代リバイバル

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークがタッグを組んだスーパーユニット、SILK SONICが、「LEAVE THE DOOR OPEN」以来の新曲をリリースした。70年代テイストは残したまま、前回のバラードから一点、ダンサブルな1曲となっている。MVでは、タイトル通りローラースケートのダンスが繰り広げられている。ローラースケートもリバイバルの予感を感じさせている。

3rd COLD HEART(PNAU REMIX):ELTON JOHN,DUA LIPA

プナウって?

エルトン・ジョンがデュア・リパをゲストに迎えた最新曲「Cold Heart (Pnau Remix)」を8月13日にリリースした。“Cold Heart”は、エルトン・ジョンの「サクリファイス」、「キッス・ザ・ブライド」、「愛しのシェラー」といったヒット曲の要素を取り入れ、さらにヴォーカルのデュア・リパがエルトンの名曲「ロケットマン」の一節を歌うものとなっていて、オーストラリア出身のダンス・ユニット、プナウがリミックスを手掛けている。エルトン・ジョンは今回のコラボレーションについて以下のように発言している。
「みんなにデュア・リパとのニュー・シングルがあることをようやく伝えられて嬉しいよ。“Cold Heart (PNAU Remix)”は金曜日に出るよ」「デュア、君のことは大好きなんだ。これを一緒に作れたことは素晴らしい経験だった。みんなに聴いてもらうのが待ちきれないよ」

4th GOOD MOOD:ADAM LEVINE

ソロで映画主題歌

8月20日(金)に日米同時公開される映画『パウ・パトロール ザ・ムービー』の主題歌「グッド・ムード」が発売された。同楽曲はマルーン 5のフロント・マン、アダム・レヴィーンが担当しており、
アダムらしいワクワクするようなアップ・ビートな楽曲となっている。
『パウ・パトロール』といえばここ日本のみならず、全世界の子供達から最も注目を集めているアニメ・シリーズ。アダム自身、二人の娘達が『パウ・パトロール』シリーズの大ファンだという事で楽曲提供のオファーを二つ返事で引き受けたとコメントしている。
6月にリリースされた最新アルバム『ジョーディ』を引っさげ、8月10日から約2カ月間に及ぶ北米ツアーを回るマルーン 5。第一線で活躍し続ける長寿バンドとしてファミリー層からも支持されているバンドがツアー中「グッド・ムード」を披露するのかにも注目が集まる。

5th SUMMER OF LOVE:SHAWN MENDES & TAINY

夏の恋のお相手は?

カナダ出身の23歳シンガーソングライター=ショーン・メンデスが、新曲「Summer of Love」を配信し、スペインのマヨルカ島で撮影されたミュージック・ビデオも同時公開した。ショーンは同楽曲について、下記のようにコメントしている。「この曲を聴いた人が、一瞬でも人生の重圧から解放されて、自由な気持ちになってくれればいいなと思います。」「この曲のインスピレーションは、数ヶ月間の夏季休暇を取って、愛する人たちと一緒に過ごした日々のこと。制作過程で一番記憶に残ったのは、タイニーと一緒にスタジオで仕事をする機会が得られたこと。彼は素晴らしいアーティストであり、素晴らしいプロデューサーでもあるので、彼とのつながりは特別な経験でした。」

6th STAY:THE KID LAROI,JUSTIN BIEBER

オーストラリアから

2021年を代表する大型新人であるオーストラリア出身、2003年生まれのザ・キッド・ラロイ(THE KID LAROUI)。全世界で6億回の再生数を越えた「ウィズアウト・ユー」が注目を集める中、世界的大スター、ジャスティン・ビーバーがSNS上でラロイにDMを送り2人の親交がスタート。3月に発売されたジャスティン・ビーバーの最新アルバム『ジャスティス』内に収録された「Unstable」の制作に招かれ夢の共演を果たしたばかりだが、先週ロサンゼルスの街並みを舞台に本人たちが出演した映画仕立てのミュージック・ビデオと共に最新コラボ楽曲「ステイ」がリリースされた。

7th BAD HABITS:ED SHEERAN

次のアルバムは「=」

2010年~2019年の10年間で全英オフィシャル・チャートのナンバーワン・アーティストに輝いた世界的シンガーソングライター、エド・シーラン(Ed Sheeran)が6月25日に新曲「Bad Habits / バッド・ハビッツ」をリリースした。エドのリリースは去年12月の「Afterglow / アフターグロウ」以来約半年ぶりとなる。そして10月に待望のニューアルバム「=(イコールズ)」がリリース予定。

8th LONELY AS I EVER WAS:SPENCER.

エリカ・バドゥへのオマージュ

次々と才能を開花させる次世代NYコミュニティから期待の新人スペンサーが待望のデビュー・アルバム『Are U Down?』を9/10にリリース。新曲「Lonely As I Ever Was」を公開した。同曲はケイトラナダやスティーヴ・レイシーを彷彿とさせるハウシーでメロウなヒップホップ・ソウルで、全編本人のセルフ・プロデュースでレコーディング。歌詞はエリカ・バドゥのネオ・ソウル・クラシック「Next Lifetime」へのオマージュと引用がなされている。

9th DON’T GO YET:CAMILA CABELLO

ショーン・メンデスとは?

ソロ・デビュー作が109の国と地域のiTunesで1位を獲得し、楽曲の総再生回数が110億回を超える大人気シンガーソングライターのカミラ・カベロ(Camila Cabello)が、約1年半ぶりとなる新曲「ドント・ゴー・イェット」をリリースし、同時にミュージック・ビデオも公開した。本曲はキューバ出身のカミラのルーツであるラテン・サウンドが際立った夏にぴったりの楽曲で、<家族>をテーマに制作中のサード・アルバム『ファミリア』に収録されることが決定している。ミュージック・ビデオでもそのテーマが活かされており、カミラの家族がクリスマスや新年に集まって、ディナーの後に音楽やディスコボールをセットして踊ったりする時のフィーリングを再現。また、エキストラの俳優やダンサーだけではなくカミラの父親、妹、従妹も出演しおり、カミラはミュージック・ビデオのセットでも家族との愛や喜びであふれたディナーパーティのリアルなエネルギーを意識しながらも、ファッションなどを通してそれをより大げさに描いたと語っている。

10th LOVE ME LOVE NOW FEAT.ZOE WEES:KYGO

トロピカル

全世界楽曲&MV累計再生回数合計150億回以上を誇る、<ストリーミング世代のトップ・プロデューサー>=カイゴ(KYGO)が、約4カ月振りの新曲「ラヴ・ミー・ナウ feat. ゾーイ・ウィーズ」をリリースした。「ラヴ・ミー・ナウ」は、“トロピカル・ハウス”ド真ん中なダンス・ポップ・トラックに仕上がっている。本人も「この曲はみんなのためにエクストラ・トロピカルに仕上げたよ!」とコメント。ヴォーカルには、ドイツ出身の注目新鋭シンガー=ゾーイ・ウィーズを迎え、デビュー当時のカイゴ・サウンドを彷彿とさせるトロピカル・トラックと相まって、幸福感溢れる楽曲だ。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です