洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Celeb News Feature

ジェフ・リンズELO、6万人動員した英ウェンブリー・スタジアムでの大スペクタクル・ライヴを11月リリース。

ELO


ポップの魔術師ジェフ・リン率いるELO。彼らの歴史上最大規模の6万人を動員した2017年6月24日、イギリスウェンブリー・スタジアムでのライヴの模様が早くも『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』として商品化されることになった。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

ジェフ・リンズELO、6万人動員した英ウェンブリー・スタジアムでの大スペクタクル・ライヴを11月リリース。

彼らのトレードマークの巨大な宇宙船(円盤)が登場する豪華セットや、目も眩むようなレーザー光線を駆使した煌めくライティングの嵐とともに大ヒット曲のオン・パレード。日本ではドラマ「電車男」の主題歌となった「トワイライト」、何度もCMに使用されている「ミスター・ブルー・スカイ」などのお馴染みの曲から、映画主題歌「ザナドゥ」やボブ・ディランやジョージ・ハリスン、そして、先日急逝したトム・ぺティらとのスーパーグループ、トラベリング・ウィルベリーズの「ハンドル・ウィズ・ケア」などの滅多にライヴで演奏されないレア曲まで。当日演奏された全23曲を収録、うち21曲が全英もしくは全米でTOP40入りした大ヒット曲となっている。

2015年、14年振りにリリースした新作『アローン・イン・ザ・ユニバース』発表後、欧州、北米を周る30年振りの大規模コンサートを敢行。いずれの会場も超満員となり、2017年4月にはロックの殿堂入りも果たし、ELO完全復活をアピールした。その集大成となるものがこのウェンブリー公演であり、英ガーディアン紙では「まさに完全無欠のライヴ」、デイリー・エクスプレス紙では5点満点中5点を獲得。「壮大だ…ロックが怒涛のように押し寄せてくる」と最高の評価。ほとんどのレビューが「壮大な大スペクタクル・ショーとして永遠に語り継がれる歴史的ライヴ」と大絶賛されたコンサートだった。ジェフ・リン自身もこう語っている。「私の音楽歴の中でも最高のひとときだった。自分が想像でき得るものすべてを超えていた」。

『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』のパッケージのフォーマットは、限定デラックス・ヴァージョン2CD+BDと2CD+DVD、スタンダード・ヴァージョン2CDをリリース(輸入盤のみの3LPも発売)。日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様で11月22日リリース予定。

現在、『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』より「ターン・トゥ・ストーン」のライヴ音源が公開されている。

icon-youtube-play Jeff Lynne’s ELO – Turn to Stone (Live at Wembley Stadium [Audio])/h5>

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)はロック、ポップとクラシックを融合する独自のスタイルによって、1974年から1981年の間、次々にマルチ・ミリオン・セールスを記録。26曲が全英トップ40入り、17曲が全米トップ40入りを果たし、当時“最もTOP40ヒットが多いアーティスト”というギネス記録も残していた。全世界トータル・セールスは5000万枚以上。また、ジェフ・リンは音楽史上最も偉大なレコード・プロデューサーのひとりとして幅広く認められており、ボブ・ディラン、ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスン、トム・ペティと組んだザ・トラヴェリング・ウィルベリーズの創始者兼メンバーの1人であり、ザ・ビートルズ、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョー・ウォルシュ、最近ではブライアン・アダムスといった音楽界の超大物たちのプロデューサーやコラボレーターを務めてきた。

◆ リリース情報

ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bust
2017年11月22日発売予定 解説・歌詞・対訳付 日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様
(日本盤は2 CD+Blu-Ray/2 CD+DVD/2 CDの3形態発売)
*<Deluxe BD Version>完全生産限定盤 2CD+BD  SICP-31123~31125 \6,000+税
*<Deluxe DVD Version>完全生産限定盤 2CD+DVD SICP-31126~31128~31130 ¥5000+税 
*<Standard 2CD Version> 2CD  SICP-31129 ¥3,600+税

ジェフ・リンズELO、6万人動員した英ウェンブリー・スタジアムでの大スペクタクル・ライヴを11月リリース。

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)はロック、ポップとクラシックを融合する独自のスタイルによって、1974年から1981年の間、次々にマルチ・ミリオン・セールスを記録。26曲が全英トップ40入り、17曲が全米トップ40入りを果たし、当時“最もTOP40ヒットが多いアーティスト”というギネス記録も残していた。全世界トータル・セールスは5000万枚以上。また、ジェフ・リンは音楽史上最も偉大なレコード・プロデューサーのひとりとして幅広く認められており、ボブ・ディラン、ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスン、トム・ペティと組んだザ・トラヴェリング・ウィルベリーズの創始者兼メンバーの1人であり、ザ・ビートルズ、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョー・ウォルシュ、最近ではブライアン・アダムスといった音楽界の超大物たちのプロデューサーやコラボレーターを務めてきた。

◆ リリース情報

ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bust
2017年11月22日発売予定 解説・歌詞・対訳付 日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様

(日本盤は2 CD+Blu-Ray/2 CD+DVD/2 CDの3形態発売)

*<Deluxe BD Version>完全生産限定盤 2CD+BD  SICP-31123~31125 \6,000+税
*<Deluxe DVD Version>完全生産限定盤 2CD+DVD SICP-31126~31128~31130 ¥5000+税 
*<Standard 2CD Version> 2CD  SICP-31129 ¥3,600+税

【収録曲】 以下 英題/邦題(収録アルバム)*英米チャート最高位

1. Standin’ In The Rain / 雨にうたれて (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)
2. Evil Woman / イーヴィル・ウーマン (1975『フェイス・ザ・ミュージック』収録)*全米10位/全英10位
3. All Over The World/ オール・オーヴァー・ザ・ワールド (1980『ザナドゥ』収録)*全米13位/全英11位
4. Showdown / ショウダウン (1973『第三世界の曙』収録)*全米53位/全英12位
5. Livin’ Thing / オーロラの救世主 (1976『オーロラの救世主』収録)*全米13位/全英4位
6. Do Ya / ドゥ・ヤ (1976『オーロラの救世主』収録)*全米24位
7. When I Was A Boy / ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ (2016『アローン・イン・ザ・ユニバース』収録)
8. Handle With Care / ハンドル・ウィズ・ケア (『トラヴェリング・ウィルヴェリーズ vol.1』収録)*全英21位
9. Last Train to London / ロンドン行き最終列車 (1979『ディスカバリー』収録)*全米39位/全英8位
10. Xanadu / ザナドゥ (1980『ザナドゥ』収録)*全米8位/全英1位
11. Rockaria! / 哀愁のロッカリア (1976『オーロラの救世主』収録) *全英9位
12. Can’t Get It Out Of My Head / 見果てぬ想い (1974『エルドラド』*全米9位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。