洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ササミ、新曲「Say It」をビジュアライザーと共に公開

SASAMI


(情報提供: BEATINK)

ササミ、新曲「Say It」をビジュアライザーと共に公開
(Photo by Angela Ricciardi)

ミツキやジャパニーズ・ブレックファスト、CHAIらアジア系女性アーティストの活躍が著しいオルタナ・シーンの新たな才能、ササミ(SASAMI) ことササミ・アシュワース (Sasami Ashworth)。バンド活動を経て、2015年にリリースしたセルフタイトルのデビュー・アルバムで「ロック界の次なる大物」(The FADER)と評価され、シングル「Callous」でPitchfork【BEST NEW TRACK】を獲得するなど注目を集めた。その後もスネイル・メイルのサポートを務め、最近ではジャパニーズ・ブレックファストとの北米ツアー、ミツキとのヨーロッパ/UKツアーも予定されているなど着実にキャリアを歩んでいる彼女が、2022年2月25日発売する最新アルバム『Squeeze』よりインダストリアルな新曲「Say It」をビジュアライザーと共に公開した。

icon-youtube-playSASAMI – Say It (Official Audio)

人がコミュニケーションをとってくれないから空回りしてしまう、ということに対する怒りのアンセムダンストラック。
この曲を聴くと、宇宙のインダストリアルなダンスクラブで、神秘的な火炎放射器を持った熱い女性が、感情的な青い炎に包まれている姿が見えるような気がする。 – ササミ

最新作『Squeeze』は本人がプロデュースを行い、一部の楽曲はタイ・セガールとの共同プロデュースとなっている。その他、メガデスのダーク・バーベレン、ドリーミーなベッドルーム・ポップで人気のハンド・ハビッツことメグ・ダフィーや、タイ・セガールのバンドでも活躍するキング・タフことカイル・トーマス、フィービー・ブリジャーズのプロデュース作が話題となったクリスチャン・リー・ハトソン他、多くのゲストを招き入れて完成した作品となっている。

本作では痛烈な正直さと残酷なまでに妥協のないビジョンが表現されているが、それは頭が女性で体が蛇の日本の妖怪「濡女」からインスピレーションを受けている。母方が在日韓国人の家系であるという彼女は、韓国と日本が混ざり合った家族の歴史と文化を深く掘り下げていく中で、濡女に出会い、女性的で高貴でありながら、舌で血を吸い強力で凶暴だというその多面性に惹かれたという。

待望の最新作『SQUEEZE』は2022年2月25日発売!国内盤CDには解説・歌詞対訳が封入され、ボーナストラックが収録される。LPは通常のブラック・ヴァイナルに加え、限定のクリスタル・クリア・ヴァイナルも発売される。

◆リリース情報
label: DOMINO / BEAT RECORDS
artist: SASAMI
title: SQUEEZE

release date: 2022.02.25 fri on sale

国内盤CD BRC692 \2,200+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/歌詞対訳・解説書封入

ササミ、新曲「Say It」をビジュアライザーと共に公開

TRACKLISTING
01. Skin A Rat
02. The Greatest
03. Say It
04. Call Me Home
05. Need It To Work
06. Tried To Understand
07. Make It Right
08. Sorry Entertainer
09. Squeeze
10. Feminine Water Turmoil
11. Not a Love Song
+ Bonus Track

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン