洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Genre Radio

特集 – ガールズロック

特集 – ガールズロック


<特集 – ガールズロック>
ここ数年は、エレクトロ、ヒップホップサウンドがヒットチャートを席巻しているが、最近、ロックサウンドも少しずつ耳にするようになってきた。その中でも、ガールズロックに注目してみたい。

icon-angle-double-rightシカゴの3人組

icon-youtube-playBILLYicon-musicHORSEGIRL

シカゴを拠点に活動している、女性3人組のバンド、ホースガール。シューゲイザー感溢れる、ディストーションを聞かせたギターと、淡々と刻むドラム、そしてどこか憂いのあるヴォーカルと、力強さと繊細さを併せ持ったようなバンドだ。結成は2019年で、メンバーはまだ10代ということ。海外メディアでは「ロック・ミュージックが最も素晴らしく、楽しい音楽であることを思い出させてくれた。」とまで絶賛されているそうだ。

icon-angle-double-right日本とも繋がり

icon-youtube-playOH!icon-musicTHE LINDA LINDAS

かつて「CHERRY BOMB」で世界的なヒットを飛ばしたガールズバンド、ランナウェイズを彷彿とさせるストレートなロックを聴かせてくれるのが、リンダリンダズ。メンバーはアジア系、ラテン系アメリカ人の四人。そして、気になるバンド名だが、やはり日本のバンド、ブルーハーツの曲「リンダリンダ」から、もしくは、この曲がタイトルの由来となっている日本の映画「リンダ リンダ リンダ」から来ているということで、
日本とも浅からぬつながりがある。

icon-angle-double-rightイギー・ポップも太鼓判

icon-youtube-playWET DREAMicon-music:WET LEG

ロックフェスでも有名な、イギリスのワイト島出身のリアンとへスターの二人からなるバンド、ウェット・レッグ。2021年6月にデビューを果たしたばかりだが、パンクのゴッドファーザー、イギー・ポップが彼女たちを絶賛している。SOUND OF BBC 2022にも選ばれており、さらにアメリカのテレビ番組に出演し、パフォーマンスも披露するなど、注目度の高さはかなりのものとなっている。

icon-angle-double-rightリアリティ番組も

icon-youtube-playHER BODYicon-musicNASTY CHERRY

ナスティ・チェリーは、チャーリーXCXのレーベルから2019年にデビューしたバンド。 ドラムのデビーは、チャーリーXCXのライブでもバックバンドを担当しているということで、実力は折り紙付だろう。彼女たちがどのように生まれ、楽曲を作り、苦悩しながら活動をしているのかが、なんとNetflixの映像コンテンツとして配信もされている。ある意味でこれだけ注目されているということは、アドバンテージでもあり、足枷でもあるだろう。彼女たちの楽曲が、もっと聞こえてくるようになるのか、注目したい。

icon-angle-double-right新たなロックプリンセス?

icon-youtube-playgood 4 uicon-musicOLIVIA RODRIGO

2021年を代表するアーティストの一人でもある、オリヴィア・ロドリゴ。彼女はシンガーソングライターであり、決して「ロック」を志向しているわけではないだろうが、
彼女がロックに勇気を与えたのは確かだろう。アルバムに収録されたこの「good 4 u」ストレートなロックナンバーで、全米・全英シングルチャートで1位を獲得した。かつて、自身もロック・プリンセスと呼ばれたアヴリル・ラヴィーンも、オリヴィアを「チャートにロックを帰還させた」と、絶賛している。もちろんデビューでこれだけヒットをさせてしまうと、次にどんなサウンドを持ってくるか大いに悩むであろうが、まだ18歳。伸び伸びとやって欲しいものである。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です