洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Genre Radio

特集 – RetroVision


<特集 – RetroVision>
RetroVisionはフランス出身のDJ/プロデューサー。大のゲーム好きとしても知られているらしく、楽曲制作に目覚めるきっかけも、Playstationの作曲ゲームだったとか。また、影響を受けたアーティストとしては、Skrillexの名前を挙げている。2014年にシングルをリリースして以降、コンスタントにシングルをリリースしたり、リミックスを手がけたりもしている。また、日本のバンド、the peggiesのリミックスも手がけるなど、意外と日本との繋がりもあったりするアーティストだ。

icon-angle-double-right最初のシングル

icon-youtube-playEthnicicon-musicRetroVision

2014年に最初にリリースしたシングルがこの曲。RetroVisionはフューチャーベースにジャンル分けされるようで、シンプルな四つ打ちとベースラインに、うねるようなシンセサウンドが重なる、かなり荒削りに感じられる楽曲。

icon-angle-double-rightブレイク

icon-youtube-playPuzzleicon-musicRetroVision

RetroVisioは2016年のこのシングルがブレイクのきっかけになったということ。デビュー当初と比べると、トロピカルハウスのようなHappyな雰囲気と柔らかめのサウンドで、より聞きやすくなっているようにも感じられる。2015年にリリースした曲を聴いてみると、その差がよく分かるのだが、2016年に入ると不思議と音が丸くなっている。デビューからう2016年にかけて、RetroVisionとしての音を色々と模索していたのかもしれない。

icon-angle-double-rightヴォーカル曲

icon-youtube-playBetter With Youicon-musicRetroVision

2020年にリリースされたシングル。RetroVisionは、ヴォーカルをサンプリングすることはあっても、しっかりとヴォーカルをフィーチャーした楽曲はそれほどない。そんなRetroVisionにしては珍しく、しっかりと歌ものとしての楽曲となっている。サウンドもフューチャーベース感はかなり抑えられており、歌ものハウスとして聞くことができる。

icon-angle-double-rightリミックスワーク

icon-youtube-playAlone,Pt.Ⅱ RetroVision Remixicon-musicAlan Walker , Ava Max

RetroVisionは自身の楽曲だけじゃなくリミックスワークも手がけている。2016年にアラン・ウォーカーがエイバ・マックスとコラボしてリリースした曲をRetroVisionがリミックスしている。オリジナルはスローテンポのナンバーだったが、しっかりとフューチャーベースになっている。

icon-angle-double-right最新曲

icon-youtube-playFeel Iticon-musicRetroVision

今年リリースされたRetroVisionの最新シングル。テンポは控えめで、高揚感を煽るような鋭角なシンセサウンドもなく、サンプリングボイスがリフレインする、どちらかというと90年代ハウス寄りなディスコにも映えそうなサウンドとなっている。RetroVisionの2022年の新しい方向性を示す1曲となるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。