洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Column NO.16 Editor2 Tweet

[コラム] 人の想いのチカラ

NO.16編集部コラム


ヨーロッパでは新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでおり、日本に比べるとイベントなどでもかなりの人数を観客として入れてもいいようになっている。サッカー、イングランド・プレミア・リーグでは、シーズン最終戦で2万人もサポーターを入れての開催を実施した。もちろん、新規感染者が全く出ていないというわけではないだろうが、やはりワクチンは一定の効果を生み出しているのだろう。もちろん、今回のワクチンは開発から実際の摂取までがかなりのスピードで進んでいるので、副反応や将来的な副作用に対する不安を感じる人がいるのも、理解できる。

日本ではなかなかワクチン接種が進んでいかないのだが、オリンピック開幕の日はどんどん近づいている。G7の共同宣言で五輪開催へのポジティブな文言が盛り込まれたが、果たして来月の五輪開催はどうなるのかも、注目だ。

さて、そんなスポーツの話題。日本では大きく取り上げられることはなかったが、ヨーロッパでは、サッカーのヨーロッパNO.1を決める大会、EURO2020が1年遅れで開催されている。そのフィンランド 対 デンマークの試合で、ショッキングな出来事が起きた。

前半の終わりに差し掛かった頃、デンマークのフィールドプレイヤー、エリクセン選手が味方のスローインを受けるためにタッチラインに寄って行った際、急に意識を失い膝から崩れ倒れ込んだのだ。一目でただことではないことを感じ取ったチームメイトは、エリクセン選手の気道を確保し、すぐに医療スタッフを呼んだ。すでにその時点でエリクセン選手は心停止状態だったそうで、心臓マッサージなどが施されながら、救急搬送された。

試合の途中ではあったが、緊急事態ということで試合は一時中断。誰しもがエリクセン選手の無事を祈っていた。そんなとき、スタジアムから自然発生的に、声が轟出したのだ。

デンマークの対戦相手であるフィンランド・サポーターから「クリスチアン!」という声が起き、それにデンマーク・サポーターから「エリクセン!」と、呼応する。もちろん、試合の上では対戦相手であるが、同じフットボールを愛するサポーターには変わりはない。会場が、そして世界中が彼の無事を祈った瞬間だった。

改めて、エンターテインメントは、パフォーマンスをする側だけではなく、オーディエンスが力を与えてくれるものなのだ、ということを実感できる瞬間でもあった。

そして、長い中断のあと、両チームの合意によって試合は再開。フィンランドがゴールを決め、勝利を納めたが、フィンランドにとってもショッキングな勝利になったことは間違いない。おそらく、デンマークチームの想いを胸に、次の試合に望むことになるだろう。その後、エリクセン選手はなんとか一命を取り留め、会話もできるようになったそうだ。

今回のEURO2020のテーマソングのタイトルは、「We Are The People」。この曲の中で「私たちはずっとこの瞬間を待ち続けていたんだ・・・」そう歌っているが、もちろん選手とサポーターが同じ空間で同じ時間を共有できる瞬間を待ち望んでいたのもある。そして時に政治的対立の合わせ鏡のようになってしまったりもするスポーツだが、そんな面倒なことも全て超えて、選手への想いを共有できるというのもスポーツの素晴らしさであることも、感じられた。

※文中の国名を訂正してお詫び申し上げます。

(NO.16編集部)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。