洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Column Feature Tweet Yoko Shimizu

夏の音楽の楽しみといえば、何と言ってもライヴ・コンサート!

YOKO SHIMIZU COLUMN


ラジオディレクター清水葉子コラム

夏の音楽の楽しみといえばライヴ・コンサート!

清水葉子COLUMN
RADIO DIRECTOR 清水葉子

フリーランス・ラジオディレクター。TOKYO FMの早朝の音楽番組「SYMPHONIA」、衛星デジタル音楽放送ミュージック・バードでクラシック音楽の番組を多数担当。「ニューディスク・ナビ」「24bitで聴くクラシック」など。趣味は料理と芸術鑑賞。最近はまっているのは筋トレ。(週1回更新予定)

暑い季節のクラシック音楽の楽しみ方はいろいろ。前回ご紹介したようなノリのよい南米の音楽、涼を感じる「水」をテーマにしたコンセプト・アルバムを聴く、というのもありだが、ずばり夏の音楽祭のライヴ・コンサートを楽しむのもいい。

ヨーロッパを中心に開催されるクラシックの音楽祭。劇場やホールのシーズンは秋から春にかけてで、それらが休みとなる夏季は避暑地などでたくさんの音楽祭が開催される。歴史のあるザルツブルク音楽祭、バイロイト音楽祭などもやはり夏に行われ、世界の一流アーティストが集結して名演を聴かせてくれる。これらの音楽祭、もちろん現地で聴くことができればこんな素晴らしい体験はないけれど、お金も時間もない!という場合はもちろん録音や映像で楽しむことができる。近年はインターネットの動画サイトでライヴの様子を配信していたり、テレビやラジオでその模様を放送することも多い。また自然豊かな野外のステージで開催される音楽祭は、ホールでかしこまって聴くのとは違った、リラックスした雰囲気が漂う。

ベルリン・フィルの野外コンサート

世界的なオーケストラ、ベルリン・フィルの『ヴァルトビューネ』はベルリン郊外の公園の野外ステージで行われるコンサート。『ヴァルトビューネ=森の劇場』という意味の通り、緑豊かな会場でのコンサートは、ピクニック気分で芝生の上でくつろぎながら楽しむ人々の様子が、ベルリン・フィルの『デジタル・コンサート・ホール』でも見ることができる。今年は前回のコラムでも登場したベネズエラ出身のカリスマ指揮者、グスターヴォ・ドゥダメルが登場し、『川』をテーマにしたプログラムを披露。そして最後は定番のパウル・リンケの『ベルリンの風』で締められる。放送契約の関係で日本では聴取できない映像もあるが、アーカイヴ音源が有料でCDと同様の音質で楽しめるのでおすすめだ。

icon-youtube-play The Berliner Philharmoniker at the Waldbühne

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート

同じく伝統ある名門オーケストラ、ウィーン・フィルも『サマーナイト・コンサート』を毎年開催している。ユネスコの世界遺産にも指定された美しい庭園を持つシェーンブルン宮殿で行われ、こちらは入場無料のコンサート。10万人に上る聴衆が訪れ、世界中に中継される。2017年は早くもディスクが登場しているのでそちらもチェック。

icon-youtube-play Vienna Philharmonic Summer Night Concert 2016

どちらも通常のコンサートよりエンターテイメント性に満ちたプログラムが注目。サイモン・ラトルが指揮する「スター・ウォーズ」や、ウィーン・フィルの「ハリー・ポッター」など普段クラシック音楽を敬遠気味な人でも気分が上がるのは間違いない。クラシック音楽の夏、を楽しめるのはヨーロッパに限らない。

日本各地でもたくさんの音楽祭が

ここ日本でもたくさんの音楽祭が開催されている。札幌の『パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル』や長野の『セイジ・オザワ松本フェスティヴァル』などが代表的だ。この他にも比較的小さい規模の音楽祭も各地で開催されているので、録音や映像でなく、直接雰囲気を味わうなら是非近くの音楽祭にイベント感覚で気軽に出かけてみたい。

icon-youtube-play パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル

icon-youtube-play パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル

さて、先日私は友人が出演する合唱コンサートを聴きに行った。安積黎明高等学校合唱団&安積フィメールコール東京の第3回ジョイントコンサート。安積黎明高等学校(旧安積女子高等学校)合唱団は全日本合唱コンクール全国大会で毎年のように金賞を受賞するなど屈指の実力を持つ。その卒業生で構成するのが安積フィメールコール東京だ。もともと福島は合唱が非常に盛んな土地。2011年3月の東日本大震災後からは母校と地域の復興のために、ということで東京で開催されているこのジョイントコンサート、今回は3回目だが、まず充実したプログラムが目を見張る。オープニングは高校の校歌で始まるのだが、さすがは歌の伝統ある学校だけに混声4部構成の壮大な校歌。楽曲としてのクォリティが高いのに驚いた。また高校生たちの隙のない合唱アンサンブルはさすがで、OG、OBが構成する他の2つの実力派グループ(Choral Aurora/合唱団L’arba)も今回参加していたが、それにもひけをとらない、或いはそれ以上に熱のこもった演奏だ。またピアノ伴奏の馬場田あや乃さんがよかった。彼女が弾いたとたん、音楽が急に呼吸を始めたようで、もはや伴奏という枠を超えた見事なピアノだった。

湯浅譲二の女声合唱組曲『ふるさと詠唱』も素晴らしかった。1982年安積女子高等学校70周年に委嘱されたもので、3曲からなるかなり大きな合唱曲だが、地元出身の詩人、三谷晃一の詩が震災後の福島を予感したかのような、そしてなお愛おしむように聴こえるのは不思議だ。最後は演奏会の趣旨に賛同した約30人の公募メンバーをも含む全員合唱で地元福島の歌が歌われた。日本において合唱は独特のジャンル、という印象も強いが、生身の人間の声が生み出すアンサンブル、そのエネルギーをあらためて感じたコンサートだった。それは福島で生まれ育った人々がふるさとを思う心が、歌というフィルターを通して私たち聴衆の心に触れた瞬間だった。

icon-youtube-play 安積黎明高等学校合唱団&安積フィメールコール東京

それでは次回も、クラシック音楽の魅力をご紹介していきたいと思います。お楽しみに。

清水葉子の最近のコラム
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ラジオディレクターの出張旅行〜神戸編

続いての出張は神戸である。防災番組を担当する身としては、来年が阪神淡路大震災から30年ということで、神戸には取材に行きたいと思っていたところだが、今回は諸事情あり、急な出張ということもあり、取材というよりは震災後の神戸を…

RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ラジオディレクターの出張旅行〜沖縄編

梅雨入り直前の沖縄に出張に行くことになった。沖縄はコミュニティFMが実に18局もあるという日本屈指のラジオの島である。今まで出演していただいた局の方も多いので、この機会にご挨拶に伺うことにした。訪問の日程を伝えると、どの…

RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

アントネッロ結成30周年記念コンサート

日本の古楽アンサンブルの雄、アントネッロが結成30周年という節目の年を迎えた今年に選んだ演目は中世スペインの写本「モンセラートの朱い本」と「聖母マリアの頌歌集」だった。このところアントネッロはバロック時代のレパートリーを…

RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

私がフランツ・リストに出会った日

前回ラ・フォル・ジュルネ・TOKYO 2024のコンサートの様子をいくつか紹介したが、5月3日の公演でひとつ紹介しきれなかったものがある。私が最も楽しみにしていたパスカル・アモワイエルによる音楽劇である。昨年はベートーヴ…

RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2024

ゴールデンウィークの東京の過ごし方といえば、今年もラ・フォル・ジュルネ・TOKYO(LFJ)で決まりである。何やら冒頭CM口調だが、有楽町にある東京国際フォーラムを中心に行われる音楽祭はコロナ禍で中止を余儀なくされた年も…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です