洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Celeb News Feature

ジェフ・リンズELO、最新ライヴ作品より「ザナドゥ」音源公開

ELO


ポップの魔術師ジェフ・リン率いるELO。11月29日にリリースとなる最新ライヴ作品『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』より「ザナドゥ」の音源が公開となった。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

icon-youtube-play 「ホエン・アイ・ワズ・ヤング」リリック・ビデオ

同曲は1980年公開映画『ザナドゥ』の主題歌で、全英1位、全米8位を獲得した大ヒット曲。映画ではオリビア・ニュートン=ジョンとジーン・ケリーが競演、音楽をELOが担当しサントラ盤も大ヒットした。(2007年にはブロードウェイ・ミュージカルで復活し大絶賛された)。

ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』は、今年2017年6月24日イギリスのウェンブリー・スタジアムで彼らの歴史上最大規模の6万人を動員したコンサートを収録したもので、限定デラックス・ヴァージョン2CD+BDと2CD+DVD、スタンダード・ヴァージョン2CD(輸入盤のみの3LPも発売)、日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様で11月29日発売となる。ドラマ「電車男」の主題歌となった「トワイライト」、何度もCMに使用されている「ミスター・ブルー・スカイ」などのお馴染みの曲から、ボブ・ディランやジョージ・ハリスン、そして、先日急逝したトム・ぺティらとのスーパーグループ、トラヴェリング・ウィルベリーズの「ハンドル・ウィズ・ケア」などのレア曲まで。全23曲中21曲が全英もしくは全米でTOP40入りした大ヒット曲ばかりを収録。彼らのトレードマークの巨大な宇宙船(円盤)が登場する豪華ステージセットや、目も眩むようなレーザー光線を駆使した煌めくライティングの嵐も見どころの一つ。

◆ 作品のトレイラーはこちら

「ターン・トゥ・ストーン」のフル・ライヴ映像も公開された。

2015年14年振りにリリースした新作『アローン・イン・ザ・ユニバース』発表後、欧州、北米を周る30年振りの大規模コンサートを敢行。いずれの会場もソールドアウトで超満員。2017年4月には「ロックの殿堂」入りも果たし、ELO完全復活をアピールした。その集大成となるものがこのウェンブリー公演であり、英ガーディアン紙では「まさに完全無欠のライヴ」、デイリー・エクスプレス紙では5点満点中5点を獲得「壮大だ…ロックが怒涛のように押し寄せてくる」と最高の評価。ほとんどのレビューが「壮大な大スペクタクル・ショーとして永遠に語り継がれる歴史的ライヴ」と大絶賛されたコンサートだった。ジェフ・リン自身「私の音楽歴の中でも最高のひとときだった。…自分が想像でき得るものすべてを超えていた」と語っている。

◆ リリース情報

●ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bust

2017年11月29日発売 解説・歌詞・対訳付 日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様
(日本盤は2 CD+Blu-Ray/2 CD+DVD/2 CDの3形態発売)

*<Deluxe BD Version>完全生産限定盤 2CD+BD  SICP-31123~5 (3枚組) \6,000+税
*<Deluxe DVD Version>完全生産限定盤 2CD+DVD SICP-31126~8 (3枚組)¥5000+税 
*<Standard 2CD Version> 2CD  SICP-31129 (2枚組)¥3,600+税 
*<Digital>iTunesプリオーダー・リンク「Turn To Stone」「Xanadu」がIGトラックとして配信中

icon-apple https://itunes.apple.com/jp/album/jeff-lynnes-elo-wembley-or-bust/id1291551842?app=itunes

ジェフ・リンズELO、最新ライヴ作品より「ザナドゥ」音源公開

【収録曲】
1. Standin’ In The Rain / 雨にうたれて (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)
2. Evil Woman / イーヴィル・ウーマン (1975『フェイス・ザ・ミュージック』収録)*全米10位/全英10位
3. All Over The World/ オール・オーヴァー・ザ・ワールド (1980『ザナドゥ』収録)*全米13位/全英11位
4. Showdown / ショウダウン (1973『第三世界の曙』収録)*全米53位/全英12位
5. Livin’ Thing / オーロラの救世主 (1976『オーロラの救世主』収録)*全米13位/全英4位
6. Do Ya / ドゥ・ヤ (1976『オーロラの救世主』収録)*全米24位
7. When I Was A Boy / ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ (2016『アローン・イン・ザ・ユニバース』収録)
8. Handle With Care / ハンドル・ウィズ・ケア (『トラヴェリング・ウィルベリーズ vol.1』収録)*全英21位
9. Last Train to London / ロンドン行き最終列車 (1979『ディスカバリー』収録)*全米39位/全英8位
10. Xanadu / ザナドゥ (1980『ザナドゥ』収録)*全米8位/全英1位
11. Rockaria! / 哀愁のロッカリア (1976『オーロラの救世主』収録) *全英9位
12. Can’t Get It Out Of My Head / 見果てぬ想い (1974『エルドラド』*全米9位
13. 10538 Overture / 10538序曲 (1971『エレクトリック・ライト・オーケストラ』*全英9位
14. Twilight / トワイライト (1986『タイム』収録)*全米38位/全英30位
15. Ma-Ma-Ma Belle / いとしのベル (1973『第三世界の曙』*全英22位
16. Shine A Little Love / シャイン・ラヴ (1979『ディスカバリー』収録)*全米8位/全英6位
17. Wild West Hero / ワイルド・ウェスト・ヒーロー (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全英6位
18. Sweet Talkin’ Woman / スウィート・トーキン・ウーマン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米17位/全英6位
19. Telephone Line / テレフォン・ライン (1976『オーロラの救世主』収録)*全米7位/全英8位
20. Turn To Stone /ターン・トゥ・ストーン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米13位/全英18位
21. Don’t Bring Me Down / ドント・ブリング・ミー・ダウン (1979『ディスカバリー』収録)*全米4位/全英3位
22. Mr. Blue Sky / ミスター・ブルー・スカイ (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米35位/全英6位
23. Roll Over Beethoven / ロール・オーヴァー・ベートーヴェン (1973『ELO2』収録)*全米42位/全英6位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。