洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.9.27~2021.10.3 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

RANKING 20211004

1st MY UNIVERSE:COLDPLAY × BTS

旬のBTSとコラボ

コールドプレイ(Coldplay)が、BTSとのコラボレーション曲「My Universe(マイ・ユニバース)」を9月24日(金)にリリースした。英語と韓国語、二つの言語で歌っている同曲は、コールドプレイとBTSが作曲作詞を務め、マックス・マーティンがプロデュースを手掛けている。「My Universe」は、コールドプレイの世界的大ヒット曲「Higher Power(ハイヤー・パワー)」に続くシングル。10月15日(金)にリリース予定のニュー・アルバム『Music Of The Spheres(ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ)』からの2ndシングルとなる。

2nd WHO’S IN YOUR HEAD:JONAS BROTHERS

今年3曲目

米NBCのオリンピック・テーマソングとしても注目を集めた「Remember This」を引っ提げた、コロナ禍以降初のツアー「Remember This Tour」を敢行中の実力派兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズ(Jonas Brothers)。彼らが、今年3曲目となる待望の新曲「Who’s In Your Head」をリリック・ビデオと共にリリースした。新曲「Who’s In Your Head」は、ジョナス・ブラザーズが先の「Remember This Tour」のコロラド州での公演にてサプライズ披露した楽曲。楽曲披露後、彼らは自身のSNSで新曲のジャケット写真とともにリリースを正式に告知し、世界中のファンにサプライズを届けた。

3rd SHIVERS:ED SHEERAN

アルバムが楽しみ

世界的シンガーソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)が、10月29日にニュー・アルバム『=(イコールズ)』をリリースすることを発表。それに合わせ、アルバムに収録される「Shivers」が公開されている。『=(イコールズ)』から2曲目の公式シングルとなるこの楽曲はエド・シーラン、スティーブ・マック、FRED の3人がプロデュースを手がけ、「Bad Habits / バッド・ハビッツ」と同じくデイブ・マイヤーズが監督を務めるミュージック・ビデオでは恋に落ちる瞬間の幸福感を表現。エレクトリックでエネルギッシュな、比喩に満ちた映像でストーリーが目まぐるしく展開していく。

4th DOVER BEACH:BABY QUEEN

南アフリカ出身

南アフリカ出身で現在はロンドン在住の23歳、Bella LathamによるユニットBaby Queenがデビュー作品となるミックステープ『The Yearbook』を 9/3 リリースした。そこからの1曲で、彼女が学生時代に Matthew Arnold の『Dover Beach』という詩に夢中になり、ずっと行ってみたいと思っていた場所を訪れた際、この曲のメロディーと歌詞が、描いたそうだ。

5th STAY:THE KID LAROI,JUSTIN BIEBER

オーストラリアから

2021年を代表する大型新人であるオーストラリア出身、2003年生まれのザ・キッド・ラロイ(THE KID LAROUI)。全世界で6億回の再生数を越えた「ウィズアウト・ユー」が注目を集める中、世界的大スター、ジャスティン・ビーバーがSNS上でラロイにDMを送り2人の親交がスタート。3月に発売されたジャスティン・ビーバーの最新アルバム『ジャスティス』内に収録された「Unstable」の制作に招かれ夢の共演を果たしたばかりだが、先週ロサンゼルスの街並みを舞台に本人たちが出演した映画仕立てのミュージック・ビデオと共に最新コラボ楽曲「ステイ」がリリースされた。

6th FIRE IN THE SKY:ANDERSON .PAAK

新たなヒーロー

ブルーノ・マーズとのユニット、シルク・ソニックでもヒットを飛ばしているアンダーソン・パークだが、この曲はマーベルの映画「シャン・チー」のサウンドトラックに収録されている。シャン・チーはマーベル初となるアジア系のヒーロー。アンダーソン・パーク自身もアジアにルーツを持っているアーティストであり、思い入れも強いかもしれない。

7th BABY DON’T LET ME GO:OSLO IBRAHIM

インドネシア出身

インドネシアのスマトラ島出身のシンガーソングライター。女性ものの服を着たりネイルやメイクをしたりするそのビジュアルも注目を集めている。

8th HOW WILL I KNOW:WHITNEY HOUSTON × CLEAN BANDIT

1986年の全米NO.1

今は亡きホイットニー・ヒューストンの時代を超えたヒット曲「How Will I Know(邦題:恋は手さぐり)」をUKの人気エレクトロ・ユニット:クリーン・バンディットがリミックスしたリメイク・バージョンを発表。1985年に発売されたホイットニー・ヒューストンのデビュー・アルバム『Whitney Houston(邦題:そよ風の贈りもの)』からシングル・カットされた「How Will I Know」は、1986年2月にBillboard Hot 100チャートで2週連続1位を獲得。彼女にとって2曲目の全米No.1ヒットになった。今回のリミックス・バージョンは、ホイットニーの弾けるようにポップな歌声とクリーン・バンディットらしいエレガントかつエッヂの効いたサウンドがブレンドされ、新たなクラシックの誕生を予感させてくれる。

9th GOOD ONES:CHARLI XCX

新章の幕開け

2020年のアルバム「HOW I’M FEELING NOW」以来の新曲。先日、チャーリーXCXは2022年3月18日にニューアルバムをリリースすることを予告している。おそらくそこからのニューシングルとなるだろう。

10th QUIET ON SET:REMI WOLF

25歳のSSW

1996年生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身のシンガーソングライター兼音楽プロデューサー。
高校在学中の2014年に、米オーディション番組『アメリカン・アイドル』に出場。
2018年に南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校を卒業した後、2019年10月にEP『You’re A Dog』でソロ・デビュー。2020年6月に自身2枚目のEP『I’m Allergic To Dogs』をリリースした。楽曲がiPhoneのCMに使われたことで一躍注目を集めた彼女の新曲が到着。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です