洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.12.13~2021.12.19 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

RANKING 20211220

1st MERRY CHRISTMAS:ED SHEERAN & ELTON JOHN

エド・シーラン初のクリスマス・ソング

どちらもアルバムが好調なエド・シーランとエルトン・ジョンがタッグを組んだクリスマス・ソングがリリースされた。エド・シーランにとっては初のクリスマス・ソングとなる。また、旧知の仲であるものの、二人のコラボシングルも初となる。ミュージック・ビデオは、エド・シーランも監督として参加している。

2nd YOU DESERVE IT ALL:JOHN LEGEND

ホリデーソング

ジョン・レジェンドが、新たにリパブリック・レコードと契約したことを発表。これを記念して、移籍後第1弾シングルとなるホリデーソング「You Deserve It All」をリリースした。ジョン・レジェンドは、今回の発表についてこう語っている。「自身のキャリアの次の章で、リパブリック・レコードとパートナーを組めることを大変嬉しく思っています。彼らと一緒に芸術的で創造的な旅ができることに興奮しているし、すぐに新しい音楽をみなさんと共有できることが楽しみです」。本作は、グラミー賞受賞のシンガーソングライター、メーガン・トレイナーとの共同作曲となる。また、このリリースの一環として、ジョン・レジェンドは、LGエレクトロニクスの超高級ブランドであるLG SIGNATUREとパートナーシップを結び、新しいブランド・アンバサダーを務めるとともに、”Legendary Gift: The SIGNATURE “と題したホリデー・キャンペーンを展開している。

3rd SKATE:SILK SONIC

雰囲気が合う?

アルバムのリリースから1ヶ月以上が過ぎたが、ここで再び3位にランクインしてきた。ホリデーシーズンだが、70年代風の温かみのあるサウンドが、このシーズンにマッチするのかもしれない。

4th DRIVING HOME FOR CHRISTMAS:CHRIS REA

いい声クリソン

1988年にリリースされた、クリス・レアのクリスマスソング。この季節の定番だ。なお、オリジナルは1986年にリリースされていたものだが、それを1988年に改めてレコーディングしたものがスタンダードとなっている。

5th SMOKIN OUT THE WINDOW:SILK SONIC

人気継続

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークによるユニット、シルク・ソニックの、待望のアルバム「An Evening With Silk Sonic」がついに11月12日にリリースされた。アルバムリリース前に先行配信された「Smokin Out The Window」も、70年代フィリーソウルのテイストを存分に盛り込んだ1曲となっている。

6th SYNCOPATE:MICHELLE

バンドです

ニューヨーク出身、6人組のグループの名前がミシェル。メンバーの中にはミシェルという名前の人物は1人もいない。さらに4人がヴォーカルを取る、という少し変わった編成のバンドだ。アーロ・パークスやガス・ダバートンなどとツアーを回るなど、音楽界での評価は高そうだ。1月にデビューアルバムをリリース予定。

7th COCONUTS:KIM PETRAS

トランス・ポップ・スター

キム・ペトラスはドイツ・ケルン出身のシンガー・ソングライター。弾けるようなポップ・サウンド、そしてこれを現実のものにするドリーミーで確固とした世界観で世間を魅了する音楽スタイルが世界的に人気を呼んだ。この曲は、2021年11月に出演した2021 MTV EMAsでサプライズで先行披露した新曲。

8th WANDERED TO LA:JUICE WRLD

2枚目の遺作アルバム

2枚目の遺作アルバム『Fighting Demons』が2021年12月10日(金)にリリースされた。その
先行シングルが「Wandered To LA」。「Wandered To LA」のリリースに際し、ジュース・ワールドが生前に自身の抱えていた不安や悩みを吐露したり、近しかった彼のチームが”彼は変わろうとしていた”と語るトレイラー映像も公開された。トレイラーでは、ジャスティン・ビーバーも”みんなどれだけ深刻な状況か分からなかった”と自身の苦しみを赤裸々に共有している。

9th LAST CHRISTMAS:WHAM!

クリスマスと言えば!

説明不要でクリスマスと言えばこの曲!という1曲。

10th ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU:MARIAH CAREY

クリスマスと言えば!

こちらも説明不要でクリスマスと言えばこの曲!という1曲。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です