洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.4.12~2021.4.18 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st LAST DAY ON EARTH:BEABADOOBEE

コロナ禍で生まれた曲

ビーバドゥービーが新曲をリリースした。新型コロナウイルスのパンデミックが広がったタイミングで、彼女が今後どんなことが起きるのか・・・ということを想像して書いた曲なんだとか。地球上で最後の日。制作の背景を聞くと、本当に重く感じられる楽曲だ。楽曲制作にはTHE 1975のマシュー・ヒーリーも参加している。

2nd LEAVE THE DOOR OPEN:SILK SONIC

強力タッグユニット

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークという、現代を代表する2人のアーティストがタッグを組んだユニット、シルク・ソニックの新曲がリリースされた。70年代ソウルの香りを漂わせるスイートなバラードだ。そんなシルク・ソニック、ツイッター上でグラミー賞授賞式への出演を熱望していたところ、それを見ていたグラミー側からオファーが来るという、まさかの展開へと発展した。

3rd DÉJÀ VU:OLIVIA RODRIGO

アリアナ以来2人目の快挙

4月2日にはセカンド・シングル「deja vu(デジャヴ)」がリリースされ、SpotifyのUSチャートでトップ10に2曲ランクインしている唯一のアーティストと、Spotifyのグローバル・デイリーチャートでトップ10に2曲ランクインしている唯一の女性アーティストとなり、この記録は今年アリアナ・グランデ以来2人目の快挙となった。

4th STARSTRUCK:YEARS & YEARS

ソロプロジェクトに

先日3ピースバンドからヴォーカルのオリー・アレクサンダーによるソロ・プロジェクトとして2年半ぶりの新曲「Starstruck」で再始動したイヤーズ&イヤーズ(Years & Years)が、同曲のミュージック・ビデオを公開した。前作『パロ・サント』の世界観を映し出した同名のショート・フィルムを監督したフレッド・ローソンが監督を務め、チャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」などでも知られるシェリー・シルバーが振付を担当している。

5th TEST DRIVE:ARIANA GRANDE

デラックス版

最新アルバム「positions」にリミックスと新曲を追加したデラックスバージョンをリリースしたアリアナ・グランデ。この曲は新曲4曲のうちの1曲。

6th ENGLISHMAN/AFRICAN IN NEW YORK feat.SHIRAZEE:STING

シェラージー

ニュー・アルバム『デュエッツ』がリリースされた。
合わせて日本盤ボーナス・トラックとして収録される新曲「イングリッシュマン/アフリカン・イン・ニューヨーク with シェラージー」が配信リリースされた。シェラージーはアフリカ出身のアーティストだ。

7th TITANZ feat.LSD:MAJOR LAZER

最強版アルバム

メジャー・レイザー(Major Lazer)がシーア、ラビリンスを迎えた新曲「Titans / タイタンズ」のミュージック・ビデオを公開した。この楽曲の他に新たにコラボ楽曲を追加収録した最強版アルバム『ミュージック・イズ・ア・ウェポン(リローデッド)/ Music Is A Weapon (Reloaded)』は現在配信中。ミュージック・ビデオではグループ名の由来であるフィクション・キャラクターのレイザー大佐がシーアとラビリンスの力を借りて2頭の巨人を倒すというミッションに挑む様子が描かれている。

8th PEACHES FEAT.DANIEL CAESAR,GIVEON:JUSTIN BIEBER

ニューアルバムも好調

3月19日に発売となったジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の6枚目のアルバム『Justice』が世界中で反響を得ている。発売後48時間で160億回以上のストリーミング数を記録し、Apple Musicアルバム・チャートでは81の国と地域で1位を獲得。アルバムと同時にミュージック・ビデオが解禁された「Peaches」は、Apple Music、Spotifyの両Globalチャートで1位を獲得し、ミュージック・ビデオはYouTubeでGlobalチャート1位を獲得した。また「Peaches」は和訳動画も公開されている。

9th MUSICIAN:PORTER ROBINSON

ナーチャー

4月23日(金)に7年ぶりの最新アルバム『ナーチャー』の配信リリースを控えるミレニアル世代の天才プロデューサー、ポーター・ロビンソン(Porter Robinson)がついにアルバムのプレオーダーと日本では発売が延期となっていた新曲「ミュージシャン」の配信をスタートした。合わせて、日本限定で水曜日のカンパネラとのコラボ曲をアルバムに収録し、4月28日(水)には国内盤が発売されることを発表した。配信が始まった「ミュージシャン」はイギリスのポップ・ユニット、ケロケロボニトが参加。イントロから印象的に使われているエレクトロボイスは、ケロケロボニトとポーターの未公開コラボ音源をサンプリングし、細かく切り刻んでから組み立てたということ。

10th HOLD ON:JUSTIN BIEBER

最新アルバムからの先行シングル

3月19日(金)に最新アルバム『ジャスティス』を発表したジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。アルバムからの先行楽曲「ホールド・オン」。同時に解禁された同楽曲のミュージック・ビデオでは、重い病気を持った恋人を献身的に支えるジャスティンが、彼女の治療費を工面するためおもちゃの銃を持ちバイクに乗り、銀行強盗を働いて警察とカーチェイスを行うという、映画さながらの映像になっている。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。