[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Wiki

Avicii アヴィーチー - Artist Wiki –


Avicii アヴィーチー

ティムベーグリングことアヴィーチ(アビーチ)は1989年9月8日生まれのスウェーデン人です。
彼は、エレクトロニカ、 DJ 、リミキサー、レコードプロデューサーです。
アヴィーチーは2012年と2013年にDJ Magazineの年間トップ100のDJで第三位にランクされています、またグラミー賞に二度ノミネートされています、

Hi there

Aviciiさん(@avicii)がシェアした投稿 –

Avicii アヴィーチー

本名ティム・バークリング
別名• Tim Berg
• Tom Hangs
• Timberman
生年月日1989年9月8日( 26歳)
出自場所エステルマルム、ストックホルム、スウェーデン

ジャンル• エレクトロ・ハウス
• プログレッシブハウス
• EDM
職業• レコードプロデューサー
• DJ
• リミキサー
• Electronic musician
楽器•ギター
•ピアノ
•シンセサイザー
• FLスタジオ
•ロジックプロ
使用しているDTMソフト• Antares Auto-tune
• M-Audio Keyboard
• FX Nexus
• FL Studio
• Kontakt
• Sylenth1
• Zeta+
活動時期2006年 - 現在
レーベル• Island
• LE7ELS
• Vicious
• Big Beat
• Size Records
• Armada Music
• Spinnin'
• Ultra
• Joia
• UMG
• PRMD

関連アーティスト•ニッキー・ロメロ
•デヴィッドゲッタ
•アーロー・ブラック
•アダム・ランバート
•ワイクリフ・ジョン
•Linnea Henriksson
•ベニー・アンダーソン
•ビョルン・ウルヴァース
•マーティン・ギャリックス
•レニー・クラヴィッツ
•マドンナ
•コールドプレイ
•ソヌーニガム
•ナディア・アリ
•マティスヤフ
•Noonie Bao

ティムベーグリングことアヴィーチ(アビーチ)は1989年9月8日生まれのスウェーデン人です。
彼は、エレクトロニカ、 DJ 、リミキサー、レコードプロデューサーです。
アヴィーチーは2012年と2013年にDJ Magazineの年間トップ100のDJで第三位にランクされています、またグラミー賞に二度ノミネートされています。

2012年にデヴィッドゲッタと”Sunshine”で共同作業し、2013年にも”Levels”の曲で共同作業しています。

アヴィーチーの代表的な曲は”I Could Be the One” with Nicky Romero,”Wake Me Up”, “You Make Me”, “X You”, “Hey Brother”, “Addicted to You”, “The Days”, “The Nights”, “Waiting for Love”. 等です。
彼は2013年にデビュースタジオ・アルバムのTrue,を、リリースしました。
True,は、音楽評論家等から、高評価を受け、15カ国以上の国ででトップ10にチャートインしました。
オーストラリア、スウェーデン、デンマーク、米国のチャートで一位を取り、015年、アヴィーチーは、セカンドアルバム, Stories.をリリースしました。

  • • 1 幼少期
  • • 2 キャリア
    • 2.1 2011-12 「レベル」と国際的なブレークスルー
    • 2.2 2013: True
    • 2.3 2014-2015:Stories、主要なコラボレーション
    • 2.4 2016
  • • 3 影響
  • • 4 慈善活動
  • • 5 DJ誌のトップ100のDJランキング
  • • 6 ディスコグラフィー
  • • 7 ツアー
  • • 8 アワード

 icon-files-o 幼少期

幼少期

アヴィーチーことティムベーグリングは1989年9月8日にスウェーデンのストックホルムで生まれました。
2007年5月には、アヴィーチーはDejfitts Playsレーベルと契約しました。
2010年に、アヴィーチーはブロマンスシークをリリースし、ベルギー、フランス、オランダ、イギリス、スウェーデンなどの国でトップ20にチャートインしました。
2010年8月に、Nadia Ali’sのシングル”Rapture”をアルバムQueen of Clubs Trilogy: Onyx Edition.のためにリミックスしました。
アヴィーチーはEMIミュージック・パブリッシングの欧州のA &Rチーム契約しました。

 icon-files-o キャリア

2011–12: 「レベル」と国際的なブレークスルー:

2011年には、アヴィーチー”Levels”,をリリースしました。
1962年のEtta Jamesによるゴスペルソング、”Something’s Got a Hold on Me”
をサンプリングし、アヴィーチーが曲を書きました。
このボーカルサンプルは、プリティライトの2006年の曲、”Finally Moving”.で最初に使用されました。
このサンプルは、ドラムンベースのプロデューサーである、ロジスティクスの”Call Me Back”でも、DJ Prak と Cirkut.がプロデュースした、フローライダーの”Good Feeling”でも使用されました。
“Levels”は、ハンガリー、ノルウェー、スウェーデンのチャートでチャートインし、オーストリア、ベルギー、ボスニア、クロアチア、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、オランダ、スロベニア、英国でチャートトップ10に達しました。

2012年にはデビットゲッタと共同制作した、”Sunshine”がBest Dance Recordingのカテゴリーで、グラミー賞にノミネートしました。
彼の曲”Fade into Darkness”はLeona Lewisの”Collide”の曲で無断でサンプリングされましたが、のちにアーティスト名を連ねることを条件に和解し、この曲は全英チャートで4位を取りました。
2012年3月23日 、アヴィーチーはまだ契約が完了していないシングル”Last Dance”をBBCラジオ1、ピート・トンのショーでプレリリースしました。
この曲は後に2012年8月27日にリリースされました
マイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバル2012で、レニー・クラヴィッツの“ Superlove ”、マドンナの“ガール・ゴーンワイルド” (アヴィーチーのUMFリミックス)をリミックスし、演奏しました。
「ガール・ゴーンワイルド」のアヴィーチーのUMFリミックスは、 2012年4月20日にリリースされました。
レニー・クラヴィッツの「 Superlove 」を共同制作し、
2012年5月29日にリリースされました。
Facebookで200万のフォローワーを獲得した後に、アヴィーチーは”Two Million”というタイトルの新曲をリリースしました。
この曲は、彼の公式Soundcloudのページで無料ダウンロードできます。
2012年4月に27 、アヴィーチーは”Silhouettes”をリリース。
この曲はSalem Al Fakirを歌手としてフューチャリングし、イギリスのチャートで5位を記録し、Billboard Hot Dance Club Songs.では4位を取りました。
アヴィーチーは、2012年8月4日のシカゴのグラントパークでロラパルーザ・フェスティバルでトップアクトを務めました。
彼はBeatportで”Dancing in My Head” ” (Avicii’s ‘Been Cursed’ Mix)をリリースしました。
この曲はEric Turner.をフューチャリングし、ラジオ用の”Dancing in My Head” (Tom Hangs Mix)はiTunesで2012年8月14日リリースされました。
2012年10月30日にチャーリー・ベルナルドとマイケル・ウッズからのリミックスをフィーチャーした、リミックスEPがリリースされました。
2012年9月26日 、アヴィーチーはニューヨークの世界的に有名なラジオシティ・ミュージックホールでヘッドラインを務めました。
彼は9月27日、26日ショーを行い、チケットは完売しました。
2つのショーでマット・ゴールドマンとCazzetteはアヴィーチーをサポートしました。
このラジオシティ・ミュージックホールのショーで、Mike Posnerと曲”Stay with You”.
を披露しました。
2012年12月29日、アヴィーチーは、ライトオールナイト、ダラス・コンベンション・センターで最初のアルバムTrue.に収録されている曲を初演しました。
“I’ll Be Gone”、”Let It Go”といった、未発表曲が含まれていました。
インストゥルメンタルの”Let It Go” は”Addicted to You”のアカペラとミックスされています。
2012年12月に29 、アヴィーチーはニッキー・ロメロと”I Could Be the One”をリリース。
この曲は、彼のショーで初披露された後、最終的にアヴィーチーのレコードレーベルのLE7ELSからリリースされました。
この曲のボーカルバージョンはAudrioとDidrickからのインストゥルメンタルバージョン、ラジオ・エディット、リミックスと共にリリースされました。

2013年1月9日、アヴィーチーはエリクソンとアヴィーチーXプロジェクトを開始し、世界初の、”クラウドソーシング”でヒット曲を作ることを開始しました。
このプロジェクトは、ファンからインターネットを介して、basslines 、エフェクト、メロディー、リズム、ボーカルを受け取り、作成されています。
この曲のシーケンサーはKian Sangがメロディを作り、Naxsyがベースラインを作り、Martin Kupilasがドラムラインを作り、ВАНЯ ХАКСИがブレイクを作り、Jonathan Madray, Mateusz Kolata, Westphalenがエフェクトを作りました。
このプロジェクトの曲、X Youにて、アヴィーチーは、エグゼクティブプロデューサーを務め、完成させました。
この曲は2013年1月30日2月26日にリリースされました。
Facebookで300万のフォローワーを獲得した後に、アヴィーチーは”Three Million” featuring Neginというタイトルの新曲をリリースしました。
アヴィーチーは、 2013年のグラミー賞で、楽曲”Levels”が最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされました。
彼は、カルヴィン・ハリス、ニーヨ、スクリレックス、スウェーデンハウスマフィア、ジョン・マーティン、、Alヴァルザーと一緒にノミネートされました。

授賞式は2月から2013年10日に行われました
アヴィーチーはプロディジー、ストーン・ローゼズと一緒にFuture Music Festivalでのヘッドラインしてオーストラリアをツアー、下旬2013年2月には、彼の最初の南米ツアーとして、アヴィーチーはベネズエラ、アルゼンチン、コロンビア、ブラジル、チリでツアーを行いました。

2013: True

2013年3月には、アヴィーチーは、新しいアルバムがTrueを発表し、多くの新曲を披露しました。
マイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバルで彼のメインステージのセットの間の、 9月にリリースされた。
新しいトラックは、自然の中で実験しました。
例えば、ブルーグラス風の曲、“Wake Me Up”では踏みバンドを使いました。
これらの新しい曲の多くは、コンサートの後に様々な評価を受けました。
2013年4月11日 、アヴィーチーはSoundCloud上で、彼の新しいアルバムのプロモーションミックスをリリースしました。
それはアルバムTrueの未収録のシングルが含まれていました。
“Black and Blue”、 “Enough is Enough (Don’t Give Up On Us)”.などがそうです。
アヴィーチーはEBUおよびSVTを4月15日に発表しました
元ABBAのメンバービョルン・ウルヴァースとベニー・アンダーソンと共に、
この曲は、5月18日に決勝で初めて行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2013のためのものです。

2013年6月14日、アヴィーチーは、ニューシングル”Wake Me Up”をBBCラジオ1のピート・トンで披露しました。
アーロー・ブラックからヴォーカルをフィーチャーしていました。
この曲は後に2013年6月25日にiTunesやラジオにリリースされました。
これは、 2013年9月16日にリリースされたアヴィーチーのアルバムTrueのからのファーストシングルです。
“Wake Me Up”はSpotifyグローバル・チャートでナンバー1を取り、ほとんどの、ストリーミング配信でアヴィーチーは2位を取りました。
“Wake Me Up”は14週間ビルボードダンス/エレクトロニック曲リスト上のナンバーワンヒットを取った。
7月21日にオフィシャル・チャート・カンパニーは、”Wake Me Up”がロビン・シックの”Blurred Lines”を追い越した後、 2013年の英国最速の販売シングルになり、その最初の週に267,000枚を売り上げたことをに発表した。
“Wake Me Up” はオーストラリア、ドイツ、アイルランド、イタリア、スカンジナビア、オランダ、ニュージーランドを含む20カ国以上でチャートインした。

2013年10月19日、 DJ Magの2013年トップ100 DJで3位に入り、
ハードウェルは、アーミン・ヴァン・ビューレンを一位から移動させ、新しい世界No.1のとなった。
2013年10月28日、アヴィーチーはDan Tyminskiをボーカルで起用した、シングル「ヘイブラザー」をリリース。
11月10日で、アヴィーチーはMTV EMAので彼の最初の賞”Best Electronic”を受賞しました。
2013年11月24日アメリカン・ミュージック・アワードで、エレクトロニックダンスミュージックアーティストを受賞しました
2013年12月には、アヴィーチーは、オーストラリアでナンバー1に達したアルバムから”Addicted To You”,を4番目のシングルとしてリリースしました。
この歌手、オードラ・メイはShame on Me 、 Long Road to Hellでも起用されています。

アヴィーチーはアダムランバートからヴォーカルをフィーチャーした“Lay Me Down”をリリースし、ギタリストとして、ナイル・ロジャースを起用した。
ナイルロジャースはダフト・パンクのRandom Access Memories,、およびアダムランバートのアルバムTrespassingにも参加しています。
2013年12月29日、アヴィーチーはLE7ELSポッドキャストのエピソード19を介して、オードラメイからヴォーカルをフィーチャーした、”Dreaming of Me” featuring vocals from Audra Maeをリリースしました。
この曲が将来的にリリースされるかどうかはまだ不明です。
2014年1月には、フランスのヒット音楽ラジオ局NRJがアヴィーチーの曲しか流さない、「 NRJアヴィーチー」と呼ばれる新しいウェブラジオ局をリリースしました。
2014年3月8日 、アヴィーチーはInstagramで、マドンナとの連携を発表しました、コラボレーションの程度はまだ不明です。
2014年3月21日、アヴィーチーはアルバムTrueリミックス版をリリースしました。
“Heart Upon My Sleeve”だけは収録されていませんでした。
このアルバムのプロモーションは、 2014 Ultra Music Festivalで始めることになっていました。
しかしながら、アヴィーチーは、彼は3月28日に入院していたと発表、およびフェスティバルでクロージングセットをプレイすることができませんでした。

2014年3月28日、 FIFAとソニー・ミュージックエンタテインメントは、のFIFAワールドカップの公式歌として、アヴィーチー、カルロス・サンタナ、ワイクリフ・ジョン、レクサンドル・ピレスを”Dar um Jeito (We Will Find a Way)”を作成すると発表し、2014年7月13日に、FIFAワールドカップの閉会式で演奏されました。
2014年4月7日 、アヴィーチーはシングル”Lay Me Down”をリリースしました。
彼はまた、コールドプレイのクリス・マーティンとのコラボレーションで、コールドプレイの第六のスタジオ・アルバムGhost Stories,、からトラック”A Sky Full of Stars”を作成し、2014年5月19日ににリリースしました。
彼はまた、Ghost Stories.からセカンドシングルとして5月3日にリリースされた、”A Sky Full of Stars”の曲で、ピアノを演奏しました。
2014年6月30日にアヴィーチーはデヴィッドゲッタと共同で”Lovers on the Sun”を作成し、リリースしました。
彼はまた、ワイクリフ・ジョンのアルバムCleficationオフシングルの”Divine Sorrow”を共同制作しました。

2014-2015 Stories、主要なコラボレーション

2014年7月には、アヴィーチーは新しいアルバムStories,のために、70曲を書き、
これらには、ジョン・ボン・ジョヴィ、System of a Downのサージ・タンキアン、クリス・マーティン、ワイクリフ・ジョン、マティスヤフ、とコラボレーションを含むとローリングストーン紙で、コメントしました。
このアルバムはより歌もの志向になるそうです。
彼のアルバムTrueツアーの間に、新しいシングル、”No Pleasing A Woman”を
アメリカのロックバンドグリーンデイビリー・ジョー・アームストロングをボーカルに起用し、披露しました。
この曲は別のコード進行にもかかわらず”Wake Me Up”に似た楽曲編成です。
“No Pleasing A Woman”同様に、ダニエル・アダムス・レイを起用した、”In Love With Your Ghost”、トム・オデールを起用した、”Love To Fall”、LPの”Trouble”のデモ版である、“Million Miles” 、ウェイン・ヘクターをボーカルに起用した、”Stories”も披露しました。

2014年9月1日には、中国人ボーカリスト、ワン・リーホンを起用した”Lose Myself”,をリリースしました。
2014年9月8日 、彼の25歳の誕生日に、アヴィーチーは健康上の懸念を理由に、2014年の彼の残りの公演のすべてをキャンセルすることを決めました。
次の日、彼は2014年の後半に新しいシングル”The Days”をリリースすることをデニム&サプライを通じて発表しました。
ビデオはまた、トラックのプレビューで紹介されました。
“The Days”はアヴィーチーとロビー・ウィリアムスのコラボレーションで、 PRMDから2014年10月3日にリリースされました。
ゲームソフトFIFA 15に”The Nights”という曲をリリースしたことを、EAスポーツを通じて発表されました。
2014年11月17日、”The Nights”は”The Days”と一緒にEPの一部としてリリースされることが発表された。
2014年11月17日 、ワイクリフ・ジョンは”Divine Sorrow”の曲で、アヴィーチーをフィーチャーし。リリースしました。
2015年3月2日、アヴィーチーは、オーストラリアのFuture Music Festivalで、の新しいシングル”Heaven”をライブで演奏しました。
“Heaven”はボーカリストに、コールドプレイのクリス・マーティンを起用しています。
ボーカルは後にチェリーゴーストから歌手サイモン・オールドレッドによって歌いなおされました。
クリス・マーティンは”Heaven”にクレジットされています。
アヴィーチーのUMFの2015セットリストはインターネットにリークされました。
セットリストには、”Heaven”, “Waiting For Love,” ,”For A Better Day”, “City Lights”, “Can’t Catch Me”, “True Believer”, “What Would I Change It To”, “Can’t Love You Again”(インターネットのリーク上では、”Don’t Call”でした), “Attack”などが含まれます。
2015年4月25日に、彼のレーベルLE7ELSのポッドキャストは
彼のショーに彼の未発表曲のいくつかを演奏されると発表しました。
彼はKings of Tomorrow の曲”Finally”、ASH,の曲”Papa Was a Rolling Stone“を
披露しました。
2015年5月6日 、アヴィーチーはもう一度、ニーナ・シモンの”Feeling Good”を作成し、リリースしました。

2015年5月8日、アヴィーチーは”I’ll Be Gone”ティエストのClub Lifeポッドキャストからリリースし、この曲は異なるボーカルやコード進行にもかかわらず、Liar Liarに似ています。
これらのリークは”Stars”のハンドルネームを介して2013から2014年の間にインターネットに漏出し、放出されることがまだあるされました。
また、アヴィーチーのIDの”Black and Blue”にを共有されています。
2015年5月22日、アヴィーチーは”Waiting for Love”をリリースし、この曲はマーティン・ギャリックスが共同作業しました。
2015年5月25日 、アヴィーチーは彼のLE7ELSのエピソード36から”Tracks of My Tears”, “Sorry Mr. Atari” 、”Time to Get lll”という、3つの古い曲を披露しました。
そのすべてがアヴィーチーが数年前に作った曲で
“Tracks of My Tears”は”All You Need is Love”オリジナルバージョンです。
2015年5月27日 、スウェーデンの新聞で彼のセカンドアルバム、Storiesは2015年の秋にリリースされるとコメントしていました。
2015年7月3日、アヴィーチーは彼のLE7ELSポッドキャストのエピソード37の上に彼のアルバムのストーリーから”Broken Arrows” featuring Zac Brown Band、”Can’t Catch Me” featuring Wyclef Jean and Matisyahu.の2曲を披露しました。
彼はまた、”Heaven”のフルバージョンを披露し、クリス・マーティンの”True Believer”に別の曲を書いていることを発表しました。
2015年7月18日、2年間にわたる、アルバムStoriesの生産が完了したことをコメントしました。
数週間後の、 2015年8月4日に 、アメリカの歌手アレックス・エバートをフューチャリングした、”For a Better Day”
Kristoffer Fogelmarkとアールセントクレアをフューチャリングした、
“Pure Grinding”が収録されることを発表しました。
8月27日に、”Pure Grinding”をInstagramの上のティーザー映像に公開しました。
“For a Better Day”と”Pure Grinding” Spotify とiTuneで販売されています。
9月26日に、アヴィーチーは”Stories – Megamix”をSpotify上で発表しました。
アルバムStoriesは3プロモーションのシングル、”Broken Arrows” with Zac Brown, “Ten More Days” with Zak Abel 、 “Gonna Love Ya” with Sandro Cavazza.と一緒に2015年10月2日にリリースされました:

2016

2016年1月15日に、アヴィーチーはモートンの‘Beautiful Heartbeat’.
のリミックスをリリースしました。
コンラッドスーエルをフィーチャーしたコーラのグローバルキャンペーンソングは1月19日にリリースされました。

 icon-files-o 影響

影響

アヴィーチーはダフト・パンク、トリオスウェーデンハウスマフィア
(セバスチャン・イングロッソ、スティーヴ・アンジェロ、アクスウェル)、エリック・プライズなどに影響を受け居ています。

 icon-files-o 慈善活動

慈善活動

アヴィーチーは2011年にグローバルな飢餓を軽減するための慈善を開始するために、彼のマネージャーとエグゼクティブプロデューサーアッシュはPournouriで働き始めました。
アヴィーチーはハウスミュージックコミュニティが持っている、寄付精神を示しました。
アヴィーチーは”私は実際にそれを行うことができることが、とても幸運だ。
私が目を覚ますと、私は愛するもののために、何をすべきかという事と、生計を立てるすることができるようになりました、私は毎日幸運だと思い、何かを与える必要があります。 」とコメントしました。
アメリカ、ジョン・バンヘンゲルによって設立された慈善団体に$ 1万ドルを寄付することに加えて、ローラ・ブッシュ大統領によって開始されたフィード財団の活動と資金は、アフリカ全体で2百万以上の学校給食を配布することを可能にしました。

 icon-files-o  DJ誌のトップ100のDJランキング

DJ誌のトップ100のDJランキング

• 2010: No. 39
• 2011: No. 6
• 2012: No. 3
• 2013: No. 3
• 2014: No. 6
• 2015: No. 7

CC

このページは、「ウィキペディア – Wikipedia 」より作成しました。なお、原文を一部改変しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Avicii

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です