洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Chikako Takagi Feature Recommend Tweet

【高樹千佳子コラム】日本の夏フェスの原点、英国グラストンベリー・フェスティバルの想いと思い出について語らせて!(その1)

Chikako Takagi Column Vol.2


先日行われたグラストンベリー・フェスティバルへの想いと思い出について、2回にわたって語ります!

【高樹千佳子 洋楽COLUMN】個人的に大好きなイギリス出身アーティスト、London GrammarとRoyal Bloodについて語らせて!
高樹千佳子(cent.FORCE)

MUSIC ON!の音楽番組「TVカウントダウンE.T」、NOTTVの音楽番組「LOVE&ROCK」でMCを勤め、無類の洋楽好きとしても知られる高樹千佳子。そのコアな知識と飽くなき探究心を、NO.16 Columnで好き勝手に披露してもらいます!(週1回更新予定)

「いよいよ本格的に夏フェスシーズン到来ですね。行ける方はもちろん、行けない方も?ソワソワし始める頃ではないでしょうか?

日本を代表する夏フェス、 icon-tag フジロックにロックインジャパン、 icon-tag サマーソニック、ライジングサンはじめ、多種多様な音楽フェスが年々増え、それと共にフェスに足を運ぶフェス人口も増え続けていますね。沢山の人達と音楽の感動や興奮を共有できる機会が増えるのは嬉しい限りです。

そんな中、夏フェスの原点とも言える世界最大級の野外音楽フェス、グラストンベリー・フェスティバルが、先日行われました。

#Glastonbury2017

Glastonbury Festivalさん(@glastofest)がシェアした投稿 –

イギリスで1970年に始まったこの歴史あるフェスは、イギリスを代表するパワースポットであるグラストンベリーにある、サマセットのワーシー・ファームという広大な農場にて、毎年6月下旬の週末に5日間開催されていて(今年は6月21日から25日)、日本最大級の野外フェスであるフジロックのお手本となったフェスなんです。

世界中から出演アーティストや観客が集結し、100近いステージにて日夜ライブが行われ、場内でキャンプもでき、映画上映やサーカス、演劇など、音楽だけでない様々なエンターテインメントもあり、深夜もイベントづくしという、音楽を全く知らなくてもとりあえず行けば楽しめること間違いなしというフェス形態は、規模は違えどフジロックにも通じるものがありますよね。

何万人、何十万人もの観客が訪れるので、農地を休ませるために5、6年ごとにお休みがあり、来年はそのお休みの年なので開催されないそうです。

#Glastonbury2017

Glastonbury Festivalさん(@glastofest)がシェアした投稿 –

#Glastonbury2017

Glastonbury Festivalさん(@glastofest)がシェアした投稿 –

#Glastonbury2017

Glastonbury Festivalさん(@glastofest)がシェアした投稿 –

さて、今年もロックにポップスにダンスミュージックに、様々なジャンルのアーティストが出演したグラストンベリー。毎年思うんですが、出演アーティストが多すぎる上に、ラインナップ表が見づらいのです。せめてステージ別に表示してほしい(笑)

まぁそれはさておき、今年のヘッドライナーは、 icon-tag レディオヘッド、 icon-tag フー・ファイターズ、 icon-tag エド・シーラン

エド・シーランは、26歳という若さでもうこんなにビッグな存在なんですね!! でもアルバムの売上や評価、ライブの動員数など考えると確かに納得です。上半期は新作からの‘Castle on The Hill’、とにかく聴いたもんなぁ♪

icon-youtube-play Ed Sheeran – Shape of You

フー・ファイはこの夏サマソニでもヘッドライナーが決まっていますが、昨年のサマソニヘッドライナーだったレディオヘッド。2回のアンコール含め、新旧織り交ぜ全25曲、計2時間、グラスト史上最高の内容だったという声もあがっているとか!

icon-youtube-play Foo Fighters – Run

そしてやはり‘Creep’、やったのですね。もう最近は‘Creep’大放出ですね(笑) 長いこと封印していたのに。もう少し出し惜しみしてもいいのでは??なんて、03年と昨年のサマソニでの奇跡の‘Creep’を見逃した私の僻みですが(笑) いいな〜、ライブで見たことないんですよ、‘Creep’!

icon-youtube-play Radiohead – Creep

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です