[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

U2、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』12月1日リリース決定

U2


ロック史に残る名作アルバム『ヨシュア・トゥリー』(1987)の30周年を記念する「ヨシュア・トゥリー・ツアー2017」を、5月にカナダのバンクーバーでスタート、10月25日にブラジルのサンパウロで幕を閉じたU2。北米・南米・ヨーロッパで全51公演、270万人を動員(1公演の平均観客数53,000人)、圧倒的な存在感を放つコンサート・ツアー史上最大(約61 x 14メートル)かつ最高解像度(8K)のLEDビデオ・スクリーンをバックに名曲の数々が次々と繰り出される、巨大なスタジアム・ツアーだった。ノエル・ギャラガーやBECKなどがサポート・アクトを務めた。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

U2、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』12月1日リリース決定
(Photo : Anton Corbijn)

そのU2の14枚目のスタジオ・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』が、2017年12月1日にリリースされることが決定した。2014年にリリースされた前作『ソングス・オブ・イノセンス』と対になる作品として、早くからその存在が明らかにされていたアルバムで、2作のタイトルは18世紀のイギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩集“Songs of Innocence and Experience”(『無垢と経験の歌』)からインスピレーションを得ているという。

『ソングス・オブ・エクスペリエンス』は、ダブリン、ニューヨーク、ロサンゼルスでレコーディングが行われた。アイルランドの詩人・小説家であり、ダブリンのトリニティ・カレッジの名誉教授であるブレンダン・ケネリーがボノ(ヴォーカル)にアドバイスしたことが、アルバムの主題に影響を与えたという――「自分が死んだかのように書くのだ」。

その結果、ボノの心に近い場所や、家族、友人、ファンといった親しい人たち、そして自分自身に宛てた手紙の形をとった曲が収録されることになった。世界中のファンにとって、このアルバムはU2からの手紙なのである。

アルバムのプロデューサーは、U2のアルバムではおなじみのジャックナイフ・リー、ライアン・テダーとスティーヴ・リリーホワイト。そしてアンディ・バーロウ、ジョリオン・トーマス(ロイヤル・ブラッド、スレイヴスなど)も名を連ねている。アルバム・ジャケットはアントン・コービンによる写真で、写っている2人はイーライ・ヒューソンとショーン・エヴァンス、それぞれU2のボノとジ・エッジの子供である。

アルバム発売日決定に際し、ニュー・シングル「ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ」と、8月末にライヴ動画が公開されていた「ザ・ブラックアウト」のスタジオ・ヴァージョンがリリースされた。そして、2018年“エクスペリエンス+イノセンス・ツアー”北米アリーナ・ツアー15公演も発表された。5月2日オクラホマ州タルサでスタートする。

◆ リリース情報

『ソングス・オブ・エクスペリエンス』 2017年12月1日発売
CD: UICI-9068 / ¥2,500+税
日本盤ボーナス・トラック1曲収録

U2、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』12月1日リリース決定

【収録曲】
1. ラヴ・イズ・オール・ウィ・ハヴ・レフト
2. ライツ・オブ・ホーム
3. ベスト・シング
4. ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ
5. アメリカン・ソウル
6. サマー・オブ・ラヴ
7. レッド・フラッグ・デイ
8. ザ・ショウマン(リトル・モア・ベター)
9. ザ・リトル・シングス・ザット・ギヴ・ユー・アウェイ
10. ランドレディ
11. ザ・ブラックアウト
12. ラヴ・イズ・ビガー・ザン・エニシング・イン・イッツ・ウェイ
13. 13(ゼア・イズ・ア・ライト)
14. オーディナリー・ラヴ(エクストラオーディナリー・ミックス)
15. ブック・オブ・ユア・ハート
16. ライツ・オブ・ホーム(セント・ピーターズ・ストリング・ヴァージョン)
17. ベスト・シング(U2 VS カイゴ)
18. ザ・ブラックアウト(ジャックナイフ・リー・リミックス) ※日本盤ボーナス・トラック

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です