洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

オジー・オズボーン、10年ぶりのアルバムから「アンダー・ザ・グレイヴヤード」をリリース

OZZY OSBOURNE


ロックの殿堂入りを果たし、グラミー受賞歴もあるシンガー・ソングライター、そして“ヘヴィ・メタルの帝王”として君臨するオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)が、ソロとしては9年ぶりの新曲「Under The Graveyard」(アンダー・ザ・グレイヴヤード)をリリースした。煽情的なロッカー像を築き上げるこの壮大なバラードは、2020年初めにリリースが予定されているオリジナル・アルバム『Ordinary Man』(オーディナリー・マン)からのファースト・シングルとなる。ニュー・アルバムはロサンゼルスでレコーディングされ、プロデューサーのアンドリュー・ワットがギター、ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)がベース、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)がドラムスで参加している。オジーのオリジナル・アルバムは2010年の『Scream』(スクリーム)以来実に10年ぶりとなる。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

オジー・オズボーン、10年ぶりのアルバムから「アンダー・ザ・グレイヴヤード」をリリース

ニュー・アルバムについて、オジーのコメントが届いた。

「おそらく『ノー・モア・ティアーズ』以来の、久々の重要な作品になりそうだ。このアルバムは崇高なる力からの贈り物だった。俺にとっては決して諦めてはいけないということの証拠だね」。

「(娘の)ケリーがやってきて“ポスト・マローンの曲を手掛ける気はない?”と訊いてきたのがすべての始まりだった。俺の最初の反応は“ポスト・マローンってのは一体誰だ?”だったよ。アンドリューを訪ねたら、すぐに作ろうと言われた。一緒にその曲を作り終えると、あいつは“アルバムを作り始める気はないか”と言ったんだ。“それはファッキン素晴らしいことだな。ただ、地下室に半年も篭って作業するのはごめんだ!って思っているんだ”と言ったよ。そうしたらほんの短い間にアルバムが仕上がったんだ。ダフとチャドが加わって、日中はみんなでジャムって、夜は俺が曲作りに取り組んだ。自分がアルバムを作るべきだというのは(妻でマネージャーの)シャロンにも以前話したことがあったけど、心の奥では”でもそんなファッキンな力はないんだ…“と考えていた。でもアンドリューが力を引き出してくれたんだ。俺が全身全霊を注ぎ込んだこのアルバムを、みんなが聴いて楽しんでくれることを心から願っているよ」。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン