洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット、最新ミュージック・ビデオ 「ビトウィーン・ザ・ラインズ」 を公開

CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTED


(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

元シカゴのヴォーカリスト=ビル・チャンプリンと、TOTOの名リード・シンガーとして知られるジョセフ・ウィリアムス。二人のAORレジェンドと、‘80年代のウエストコースト・サウンドに限りないリスペクトと憧憬を寄せる北欧のAORクリエイター/ギタリスト=ピーター・フリーステットが結成したスーパー・バンド<チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット>の最新2ndアルバム 『CWF2』が、4月29日に日本先行でリリースされる。
そのアルバム『CWF2』から、先行トラックとしてアルバムの5曲目に収録されている「ビトウィーン・ザ・ラインズ」のミュージック・ビデオが公開となった。

2015年の1stアルバム 『CWF』 以来4年半ぶりとなる最新作 『CWF2』には、マイケル・マクドナルドやランディ・グッドラム、ジョン・ロビンソンといった、日本のファンにもお馴染みのAORレジェンズたちが参加。圧巻のツイン・ヴォーカル、至高のメロディ、緻密なサウンド・メイキングが際立つ、80年代のウエストコースト・シーンを想起させるパーフェクトなコンテンポラリーAORを展開する。文字通りシカゴmeets TOTOといった趣の楽曲もあり、ファンならば感涙必至といったところ。

アルバムのハイライトはたくさんあるが、日本でとりわけ人気を呼ぶであろう楽曲の一つがこの曲で、名曲「When You Look In My Eyes」を想起させるジョセフ・ウィリアムスによる導入から、ビル・チャンプリンの伸びやかなヴォーカルにシカゴ風のホーンが寄り添うサビ、そして、偉大な先輩であるジェイ・グレイドンやスティーヴ・ルカサーへの憧憬たっぷりのピーター・フリーステットによる泣きのギター・ソロなどが光る、AORファンにとってはたまらない出来になっている。

ピーター・フリーステットはこの曲について、次のように語っている。

「ビル(チャンプリン)が書いた曲なんだ。曲を聴いて、今回のアルバムに是非入れたいんだけど・・・とビルに聞いたら、“もちろん!しばらく寝かせていた曲だから嬉しいよ”って。僕にとってはシカゴのバラードみたいな美しい曲。シカゴmeets ボビー・コールドウェルって感じかな。ホーンを加えて、よりシカゴっぽくなるようにしたんだ。ビルの声が光っているよね。出来には本当に満足しているよ」

海外に先駆けてリリースされる『CWF2』の日本盤は高品質のBlu-Spec CD2仕様となっており、ボーナス・トラックも3曲収録。なかでも『Love In The World(Album Version)』は、ジョセフのメイン・ヴォーカル・パートが追加された豪華なトリプル・ヴォーカル・ヴァージョンとなっており(本編M-3の『Love In The World』 は、ビル・チャンプリンとマイケル・マクドナルドのツイン・ヴォーカルが見事な1曲)、文字通りボーナスな聴きどころとなっているのが嬉しい。

1947年生まれのビル・チャンプリンは、1982年発表の『CHICAGO16』 からシカゴに加入。続く『17』、『18』、『19』と、80年代シカゴの華麗な復活劇に貢献後、シカゴで27年間ヴォーカルとソングライターを務めた人物で、「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」(アース・ウィンド&ファイアー)や「ターン・ユア・ラヴ・アラウンド」(ジョージ・ベンソン)の共作者としても知られる。映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムス(『スター・ウォーズ』、『ハリー・ポッター』ほか)を父に持ち、TOTOの名リード・シンガーとして知られる1960年生まれのジョセフ・ウィリアムスは、1986年の『ファーレンハイト』からTOTOに加入、1988年発表の『ザ・セブンス・ワン~第7の剣』まで、TOTOの3代目ヴォーカリストとして活躍。TOTOのオリジナル・メンバーであるスティーヴ・ルカサーが 「(歴代シンガーが多数いる中で)TOTOのヴォーカリストとして本当にふさわしかったのはボビー(キンボール)以外ではジョセフだけだ」と語っていることも有名で、2010年のTOTO再結成に参加してファンを熱狂させた後もバンドと活動を共にし、昨年のデビュー40周年ツアーでも来日を果たしたのは記憶に新しい。そんなAORレジェンズとタッグを組むスウェーデン出身のピーター・フリーステットは、ビルやジョセフとは一回りも二回りも下の世代で1973年生まれ。少年期に彼らの音楽に夢中になってミュージシャンになり、まさにそのレジェンド達と一緒にあの頃のAORを次世代に継承してくれる姿にも、胸がアツくなること間違いないだろう。

◆ リリース情報

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット|CWF2

● 発売日:2020年4月29日(日本先行)
● 品番: SICX-30085
● 価格:¥2,400+税
※デジタル配信&輸入盤CD発売:2020年5月15日

● プロデュース:ピーター・フリーステット、ビル・チャンプリン&ジョセフ・ウィリアムス
● 豪華参加ゲスト/ソングライター:マイケル・マクドナルド、ランディ・グッドラム、ジョン・ロビンソン、ビル・カントス、ジェイ・グレイドン他

◆高品質Blu-Spec CD2仕様(日本盤のみ)
◆日本盤ボーナス・トラック3曲収録
◆日本盤限定ジャケット
◆歌詞・対訳・解説付

チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット、最新ミュージック・ビデオ 「ビトウィーン・ザ・ラインズ」 を公開

<トラックリスト>
01. ランナウェイ・ダンサー
02. 10 マイルズ
03. ラヴ・イン・ザ・ワールド( feat. マイケル・マクドナルド)
04. アマンダズ・ディスガイズ
05. ビトウィーン・ザ・ラインズ
06. ルック・アウェイ <シカゴ:年間全米No.1シングル(1989年)のカヴァー>
07. オール・ザット・アイ・ウォント <New Mix>
08. レストレス・ラヴ
09. プライス・オブ・ラヴ
10. サムタイムズ・ユー・ウィン
11. ラヴ・イン・ザ・ワールド( feat. マイケル・マクドナルド)<アルバム・ヴァージョン>(日本盤のみのボーナス・トラック)
12. レター・トゥ・ゴッド <アンプラグド>(日本盤のみのボーナス・トラック)
13. アリア <ラジオ・エディット>(日本盤のみのボーナス・トラック)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン