洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

オーロラ、約1年振りの新曲「Exist For Love」をミュージック・ビデオと同時公開

AURORA


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

2019年はセカンド・アルバム『A Different Kind Of Human – Step2』の発売から始まり、日本を含む大規模なワールドツアーや映画『アナと雪の女王2』のヒット曲「イントゥ・ジ・アンノウン」への参加など、目まぐるしい活躍を見せた北欧・ノルウェー出身のシンガー・ソングライター、オーロラ(Aurora)が約1年ぶりとなる新曲「Exist For Love」をリリース。ミュージック・ビデオも同時公開された。

「Exist For Love」 ミュージック・ビデオ

新曲「Exist For Love」では、英・人気TVドラマ「ヴァニティ・フェア」やネットフリックスでも話題の「ブラック・ミラー」などの音楽を手掛けるイソベル・ウォーラー・ブリッジがソングライティングに参加。2人は自宅隔離中にこの作品に取り組み、オーロラがイソベラに対し、次のようにコメントしている。

「イソベルはこの曲の精神を理解し、尊重してくれました。彼女をこのプロジェクトのもう1人の母親として迎えられたことにとても感謝しています」

「Exist For Love」はオーロラ自身初となるラヴ・ソング。昨年リリースしたセカンド・アルバムでは自然や社会が抱える問題等に対し、警鐘を鳴らしたようなメッセージを発信していたことが話題性を呼んでいたオーロラ。そんな彼女がこれまで書いてきた音楽的テーマとは少し違った視点となる今回の新曲について、次のように語っている。

「数年前のある日、愛がまるで天国のようなものだと気づいた瞬間まで、私は自分の中にはラヴ・ソングなどないと思っていたの。そう、ラヴ・ソングは私たちを人間的にすると同時に、神聖なものにするの。たとえあなたが何に、または誰に愛を注いでいるかにかかわらずね。愛の触れ合いは、私たちの中に印を残すもの。それは生まれたばかりの愛かもしれないし 、悲しみかもしれない。 それでも、私たちは恐れずに愛する勇気を持っている。何度も何度も愛することを繰り返すの。そんな愛を経験したとき、私たちはなぜ存在しているのかを理解することができると思うの。愛のために生きているのだと。」

また、自身が監督したミュージック・ビデオの中では、髪飾りと真珠のアクセサリーを身に着けて登場。これらの小道具や衣装は、自宅隔離中に家の中で見つけたものを使い、実の姉と二人で手作りされたものだそう。 ビデオでは、オーロラがまだ若くて臆病な牡蠣の真珠として生まれ変わり、やがて、愛を実感して生き返るというストーリーになっている。オーロラの独特な動作は、自分の中にある女性らしさが生まれること、そして人間的な経験の一部として欠かせない人とのつながりの必要性を描いている。ミュージック・ビデオの終盤で画面が徐々に後ろへと下がっていき、このパフォーマンスが無観客の中で行われていることを映し出す。これは、昨今のコロナウィルスにより孤立化しつつある世界で誰もが体感している、いわば一人旅のような今の世の中で必要とされているあるものをオーロラがこの曲を通して祝っていることを表現。それがこの曲のテーマである愛だ。
オーロラは、2020年9月開催予定の音楽フェスティバル<SUPERSONIC 2020>への出演が決定している。

◆ シングル情報

オーロラ「イグジスト・フォア・ラヴ」
AURORA “Exist For Love”

https://umj.lnk.to/AURORA_Exist

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン