洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

グレイ・デイズ、新アルバムからの先行トラック「ソウル・ソング」をリリース

GREY DAZE


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

現代ロック界で最も認知されている声の1人、チェスター・ベニントンを生んだ米国フェニックス出身のロック・バンド、グレイ・デイズ(Gray Daze)が6月26日に世界同時発売されるアルバム『アメンズ』からの4枚目の先行トラック「ソウル・ソング」をリリース、ベニントンの息子ジェイミが監督を務めたMVも公開した。

「ソウル・ソング」 ミュージック・ビデオ

グレイ・デイズの共同創立者でドラマーのショーン・ダウデルは「ジェイミがこの曲のレコーディングに参加してくれたことは、僕ら全員にとって大きな意味を持っていたよ」と説明している。「今のジェイミよりもさらに若い頃にチェスターと出会ったことを思い出し、彼の息子と一緒にレコーディングをすることができたことは..アルバム『アメンズ』のレコーディングのハイライトだった。ジェイミは急成長中の映像作家なので、彼がこのMVの制作を申し出てくれたときは、この曲を紹介するのにこれ以上の方法は思いつかなかった」。

本トラックでバック・ヴォーカルも務めているジェイミ・ベニントンは、このビデオの内容について次のように語っている。「このMVは、あの世とのスピリチュアルなつながりと、死後の父の存在が捉えどころがなく、時には理解しがたいものであることを文字通り体験したことについてのもの。“ソウル・ソング”は、私たちが悟りを開き、知識を得るまでの様々な方法と、そこから遠ざかっていく様々な方法を描いている。これは私の個人的な経験なんだ」。

この作品を通しチェスターをはじめとするグレイ・デイズの思いは、確実に次のジェネレーションに繋がっていく。

アルバム『アメンズ』はチェスターの最後の夢の一つだった。長く廃盤となり発見されることがなかなかなかったグレイ・デイズというバンドの再結成と再録音を、残ったメンバーが、遺族らの協力も得てついに実現。チェスターの残された録音を尊重し、ジェイ・バウムガードナーがプロデュース、バンド・メンバー以外にもKORNのブライアン・ウェルチ、ジェイムズ・シャファー、クリス・トレイナー(ブッシュ、ヘルメット、オレンジ9MM)、ペイジ・ハミルトン(ヘルメット)、LP(ローラ・ペルゴリッチ)、ジェイミ・ベニントン、ジェイせん・ラウチ(ブレイキング・ベンジャミン)、マルコス・クリエル(P.O.D.)、ライアン・シャック(オージー)などチェスターが愛していた面々も参加している。

◆ シングル情報

GREY DAZE / SOUL SONG
グレイ・デイズ / ソウル・ソング

https://jazz.lnk.to/GreyDaze_ssPR

◆ アルバム情報

GREY DAZE / AMENDS
グレイ・デイズ / アメンズ

● 発売日:2020年6月26日

初回限定盤SHM-CD+DVD 品番:UCCO-8035 税込¥3,740
通常盤CD 品番:UCCO-1220 税込¥2,750

グレイ・デイズ、新アルバムからの先行トラック「ソウル・ソング」をリリース

<トラックリスト>
1.Sickness
2.Sometimes
3. What’s In The Eye
4.The Syndrome
5.In Time
6.Just Like Heroin
7.B12
8.Soul Song
9.Morei Sky
10.She Shines
11.Shouting Out
12.What’s In The Eye -Acoustic
13.Sometimes –Acoustic * ボーナス・トラック

【日本のみ発売の初回限定盤DVD収録内容】

・ビハインド・ザ・シーンズ #1
・ビハインド・ザ・シーンズ #2
・グレイ・デイズ・ドキュメンタリー
・トラック・バイ・トラック
・ホワッツ・イン・ジ・アイ Music Video
・シックネス Music Video

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン